旧市街 (観光情報) | スロバキア観光 VELTRA(ベルトラ)
スロバキアの渡航安全情報
体験を探す

旧市街

フランクフルトの旧市街は、マイン川の北側に位置し、現在のフランクフルトの中心部です。第二次世界大戦で大きな被害を受けた後、旧市街のほんのわずかの部分のみが復元され、実際には、いくつかの歴史的な建物が保存されているのみです。とは言え、旧市街には、レーマー広場、レーマー(旧市庁舎)、オストツァイレ、大聖堂、聖パウルス教会などのフランクフルトの最も有名な見所の数々があります。かつては、3000軒以上の木組みの家々があった旧市街ですが、今では、歴史の遺構を見ることができるのは、レーマー広場付近だけになっています。
歴史
フランクフルトの旧市街は、フランクフルトの歴史的中心でもあり、歴史は794年にまで遡ります。市を囲む塀が12世紀に建造され、旧市街地は、塀の中にありました。1719年に発生した大火事では、旧市街の北側の430棟の家々が焼失しました。同様の被害を防ぐため、1740-1800年にかけて約3000棟の家々が改造、新築されました。19世紀半ばから第一次世界大戦の頃までには、市の塀が取り除かれるなど、大規模な改造が進められ、新しい貫通道路が建設されたり、公園が建設されました。

見どころ
旧市街は、第二次世界大戦に大きな被害を受けたため、ほとんどが戦後に復元されたものです。復元とはいえ、歴史と伝統を感じる旧市街は、ドイツらしい雰囲気にあふれ、是非訪れたいフランクフルトの観光スポットです。【レーマー広場】広場全体を囲むように、ドイツの歴史的な建物が建っています。カフェやお土産店もあり、ドイツの雰囲気を味わうのに最適の場所です。【レーマー】旧市庁舎の建物は、美しいゴシック建築です。神聖ローマ帝国時代の歴史ある建物です。【大聖堂】ドイツの国王・皇帝の選出・戴冠が行われた伝統・歴史のある由緒ある大聖堂です。

旧市街 (観光情報) | スロバキア観光 VELTRA(ベルトラ)
フランクフルトの旧市街は、マイン川の北側に位置し、現在のフランクフルトの中心部です。第二次世界大戦で大きな被害を受けた後、旧市街のほんのわずかの部分のみが復元され、実際には、いくつかの歴史的な建物が保存されているのみです。とは言え、旧市街には、レーマー広場、レーマー(旧市庁舎)、オストツァイレ、大聖堂、聖パウルス教会などのフランクフルトの最も有名な見所の数々があります。かつては、3000軒以上の木組みの家々があった旧市街ですが、今では、歴史の遺構を見ることができるのは、レーマー広場付近だけになっています。