オペラ座 (観光情報) (観光情報) | スロベニア観光 VELTRA(ベルトラ)
リヨン・オペラ座は新市街の中心部に位置し、リヨン市庁舎の裏手、セーヌ川沿いに建っています。フランスの巨匠ジャンヌーベルによる作品で、かまぼこ型の天井とガラスを多用した斬新な外観が特徴です。この劇場は、リヨン国立オペラの本拠地となっている歌劇場でもです。またこの劇場ではオペラだけでなく、ジャズコンサートなども開催しています。
歴史
パリに次ぐフランス第二の都市、リヨンに最初の歌劇場が作られたのは1756年のことです。以来場所を変えつつ、オペラの公演が行われてきました。現在のリヨン・オペラ座は1832年に建てられた古いオペラ座を1993年にリニューアルオープンしたものです。もともとの外観は1831年の新古典主義様式のものでしたが、改築の際ジャンヌーベルの手によって今の現代的な建物へアレンジされました。歴史ある建物と現代建築が見事な融合を遂げたのです。

見どころ
この劇場ではオペラをはじめ、バレエやコンサートなどさまざまなプログラムを堪能することができます。公演当日には当日券が売り出され、日本に比べると格段に手ごろな値段で芸術鑑賞ができます。公演鑑賞者以外でもこの巨匠の建てた建物の内部を見学することができます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

スロベニアの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

スロベニアの観光地一覧

オペラ座 (観光情報) | スロベニア観光| VELTRA(ベルトラ)

リヨン・オペラ座は新市街の中心部に位置し、リヨン市庁舎の裏手、セーヌ川沿いに建っています。フランスの巨匠ジャンヌーベルによる作品で、かまぼこ型の天井とガラスを多用した斬新な外観が特徴です。この劇場は、リヨン国立オペラの本拠地となっている歌劇場でもです。またこの劇場ではオペラだけでなく、ジャズコンサートなども開催しています。