バルセロナ市民の台所、地元の人からは「ボケリアBoqueria」と呼ばれている市場です。果物や野菜、肉や魚介類はもちろん、カタルーニャ料理には欠かせないナッツ類や豚の頭の塩漬けなど珍しいものがたくさんあって、見て回るだけでも楽しめます。生ハムやチーズなどは100gから購入可能です。また、市場の中にバルが数軒あって、タパスやシーフードなどが手軽な料金で食べられます。ランブラス通りから西に少し行った所に市場の入口があります。
歴史
サンジョセップ市場は。1217年に古い城壁の外側にあった肉売りの市が始まりとされています。その後、野菜も取り扱うようになり、1794年まではメルカット・ダ・ラ・バリャと呼ばれていました。1835年、焼き討ちに遭ったサンジョセップ修道院の跡地を屋根を持つ広場として整備することになり、1840年に広場の建築が始まって、市場が公式に開場されましたが、建築計画は何度も変更され、1853年に完成しました。現在も使用されている金属製の屋根は1914年に建設されたものです。

見どころ
【新鮮な食材】ぜひ、市場の味を試してみてください。市場には季節の野菜や果物、地中海の新鮮なシーフード、肉はウサギから子豚までなんでもあります。季節のフルーツはカット売りをしているし、生ハムやサラミなどは味見をしながら買うこともできます。日本では見かけない吊り下がった最高級生ハムをその場でカットしてもらって、パンにはさんでボカディージョ(サンドイッチ)にしてテラスで食べるのもいいですね。スパイスやドライフルーツはお土産におススメです。【市場のバル】市場にはいくつかバル(Bar)がありますが、市場に入って右側にあるBar Pinotxoでは、朝食から昼食まで市場の食材を使った料理が楽しめます。地元のグルメや料理人にも大好評のバルです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

バルセロナの人気アクティビティランキング

バルセロナ テーマから探す

サン・ジョセップ市場 (観光情報) | バルセロナ観光| VELTRA(ベルトラ)

バルセロナ市民の台所、地元の人からは「ボケリアBoqueria」と呼ばれている市場です。果物や野菜、肉や魚介類はもちろん、カタルーニャ料理には欠かせないナッツ類や豚の頭の塩漬けなど珍しいものがたくさんあって、見て回るだけでも楽しめます。生ハムやチーズなどは100gから購入可能です。また、市場の中にバルが数軒あって、タパスやシーフードなどが手軽な料金で食べられます。ランブラス通りから西に少し行った所に市場の入口があります。