レマン湖 (観光情報) (観光情報) | ジュネーブ観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

レマン湖

レマン湖は、スイスで一番大きい三日月形の湖です。湖を挟んで、北側がスイス、南側がフランスになり、湖の間に国境線があります。面積は約580平方メートルで、琵琶湖より少し小さいくらいの湖です。山岳地帯から流れてきた水は、やがて1本の川になってレマン湖にそそぎ、ローヌ河となってフランスへ流れ、最終的に地中海に注ぎます。レマン湖周辺の地域で話される言語は、フランス語です。建物の色やグルメ、ファッションなど、優雅で洗練された雰囲気を楽しむことができます。
歴史
レマン湖は、約15,000年前に最後の氷河期が終わり、ローヌ川の氷河によって削られてできました。現在、ラムサール条約の指定湖沼のひとつになっています。もともとレマン湖周辺は、イタリア、スイス、フランスにまたがった広大な土地を所有する大富豪、サヴォワ家の支配下にありました。その証拠として、レマン湖を挟んで反対側のエヴィアン、トノンなどの地域には、サヴォワ、サヴォイアの名が付く所がたくさんあります。

見どころ
【ジュネーブ】パリやミラノのような大都市ではありませんが、国連欧州本部など、数多くの国際機関がある国際都市です。ジュネーブのシンボルは、大噴水です。140mの高さまでレマン湖の水を噴き上げます。時計産業で有名なジュネーブを象徴する直径5mの花時計や157段の階段の上から町とレマン湖が一望できるサン・ピエール大聖堂もおススメです。国連欧州本部は、内部の見学も可能です。【ローザンヌ】バレエや劇、音楽など、文化の薫り高き町として有名です。スイスを代表するゴシック建築の傑作ノートルダム大聖堂は、ステンドグラスのバラ窓が有名です。【モントルー】レマン湖の突き出た岩盤の上に建つシヨン城は、まるで水の上に浮かんでいるように見えます。城内の見学は、所要時間約1時間です。また、毎年7月の約2週間開催される、「モントレー・ジャズ・フェスティバル」も有名です。

レマン湖 (観光情報) (観光情報) | ジュネーブ観光 VELTRA(ベルトラ)
レマン湖は、スイスで一番大きい三日月形の湖です。湖を挟んで、北側がスイス、南側がフランスになり、湖の間に国境線があります。面積は約580平方メートルで、琵琶湖より少し小さいくらいの湖です。山岳地帯から流れてきた水は、やがて1本の川になってレマン湖にそそぎ、ローヌ河となってフランスへ流れ、最終的に地中海に注ぎます。レマン湖周辺の地域で話される言語は、フランス語です。建物の色やグルメ、ファッションなど、優雅で洗練された雰囲気を楽しむことができます。