ユングフラウヨッホ (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報

ユングフラウヨッホ

ここユングフラウヨッホJungfraujochは、いまやスイス観光のハイライトと言える場所です。クライネ・シャイデックからユングフラウヨッホ駅までユングフラウ鉄道が結んでいます。標高3,454メートルのユングフラウヨッホ駅は、ヨーロッパで最も標高の高い駅です。スイス最長のアレッチ氷河を含む「ユングフラウ~アレッチ~ピエッチホルン地区」は、アルプスで初めて世界遺産に登録され、ますます注目を集めています。
歴史
ユングフラウ鉄道の建設は、1896年にスイスの鉄道王、アドルフ・グイエールによって開始されました。グリエールは、「トンネルの急勾配を登るには蒸気機関車ではだめだ」と考えて、電車を通すために麓のラウターブルンネンに発電所を造りました。アイガーを貫くトンネル工事中に、爆発事故で作業員が死亡するなど工事は難航しましたが、16年後の1912年に無事完成しました。2012年には、ユングフラウ鉄道全線開通100周年を迎えました。

見どころ
【ユングフラウヨッホ駅】ユングフラウヨッホ駅の構内には、ヨーロッパで最も高所にある郵便局「ユングフラウヨッホ山頂郵便局」があります。ここの記念スタンプが人気です。他にも売店やレストラン、映写室などがあり、全ての表示に日本語が併記されています。【スフィンクス展望台】エレベーターで標高3,571メートルの上ると、全面ガラス張りで冬でも快適な展望台に出ます。そこから、西にユングフラウ、東にメンヒ、南にアレッチ氷河が一望できます。【アイスパレス】アレッチ氷河の下に造られた小売りの宮殿です。徒歩で氷の回廊を巡りながら、氷の彫刻を鑑賞できるようになっています。氷原が広がる「プラト展望台」にも行くことができます。【雪上アトラクション】ユングフラウヨッホのアレッチ氷河側でのアトラクションが「スノーファン トップ・オブ・ヨーロッパ」としてリニューアルオープンしました。スキー&スノーボート、チロリエンヌ、スレッジパークなど、アトラクションの種類が豊富で、子供から大人まで楽しむことができるものばかりです。

スイス地方都市人気アクティビティランキング

ユングフラウヨッホ (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
ここユングフラウヨッホJungfraujochは、いまやスイス観光のハイライトと言える場所です。クライネ・シャイデックからユングフラウヨッホ駅までユングフラウ鉄道が結んでいます。標高3,454メートルのユングフラウヨッホ駅は、ヨーロッパで最も標高の高い駅です。スイス最長のアレッチ氷河を含む「ユングフラウ~アレッチ~ピエッチホルン地区」は、アルプスで初めて世界遺産に登録され、ますます注目を集めています。