バラ公園 (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
スイスの渡航安全情報
観光情報

バラ公園

バラ公園は、世界遺産に登録されているベルン旧市街を見下ろす高台に広がる花の美しい公園です。ここは、アーレ川の流れに囲まれた町並みを一望することができる、展望スポットです。23,000平方メートルの公園の敷地には、約8,000種の植物が栽培され、1年を通してベルン市民に親しまれる憩いの場になっています。テラス席のあるレストランもあり、景色を眺めながら食事もできます。
歴史
ヨーロッパのバラの歴史は古く、紀元前のバビロニアやローマ、エジプトでも大切にされていたことが遺跡や文献からわかっています。18世紀~19世紀頃からフランスを中心に、人工授精による新種がつくられ、バラ園などで楽しむ鑑賞用の花となりました。1956年~1962年にかけて、新たな造園計画に従って、バラ公園に約200種のアイリス種やツツジ、アザレアなどが加わりました。また、1975年4月に奈良県の蒲田善之氏がソメイヨシノ桜100本をベルン市に寄贈しました。

見どころ
何といってもメインとなるのは、バラの花です。春に咲く早咲きのバラから、秋に咲く遅咲きのバラまで、赤やピンク、オレンジ、黄色、白といった鮮やかな色のバラが約220種栽培されています。奥にあるバラ園では、品種改良によって誕生したハイブリッド・ローズ(交配種)を見ることができます。また、旧市街のニーデック橋からバラ園へ上る小路の脇の斜面には、奈良県の蒲田氏がベルン市に贈った100本のソメイヨシノ桜があり、4月頃に美しい花を咲かせます。春おススメの絶景スポットです。

スイス地方都市人気アクティビティランキング

バラ公園 (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
バラ公園は、世界遺産に登録されているベルン旧市街を見下ろす高台に広がる花の美しい公園です。ここは、アーレ川の流れに囲まれた町並みを一望することができる、展望スポットです。23,000平方メートルの公園の敷地には、約8,000種の植物が栽培され、1年を通してベルン市民に親しまれる憩いの場になっています。テラス席のあるレストランもあり、景色を眺めながら食事もできます。