アイガー (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
スイスの渡航安全情報
観光情報

アイガー

アイガーは、ユングフラウ、メンヒと並ぶベルナーアルプスの三名山のひとつです。標高3,975mのスイスを代表する名峰です。高さ1,800mの岸壁である「アイガー北壁」は、グランドジョラスの北壁、マッターホルン北壁と共に、最も困難な登山ルートとして有名です。1934年~1958年までに25回の登頂が試みられ、死者が15名に及んだものの、13回67名が登頂に成功しています。
歴史
1858年8月11日、チャールス・バリントンとガイドの2名がアイガー登頂に初めて成功しました。1871年には南西稜からの登頂にも成功しました。1876年、南尾根からの登頂に成功、北東山稜だけが未登頂となりました。1921年、日本の槇有恒隊が北東山稜から初登頂しました。その成功は、アルプス登山史上に一線を画しただけでなく、日本の登山に大きな影響を与えました。

見どころ
アイガートンネル内にあるユングラウ鉄道の上り列車、ユングフラウヨッホ行きが停車するアイガーヴァント駅のホーム近くにある展望台から、ガラス越しにアイガー北壁を眺めることができます。アイガー北壁の麓には、グリンデルヴァルトという名の小さな村があります。年間約100万人の観光客がアイガー観光の拠点としてこの村を訪れています。

スイス地方都市人気アクティビティランキング

アイガー (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
アイガーは、ユングフラウ、メンヒと並ぶベルナーアルプスの三名山のひとつです。標高3,975mのスイスを代表する名峰です。高さ1,800mの岸壁である「アイガー北壁」は、グランドジョラスの北壁、マッターホルン北壁と共に、最も困難な登山ルートとして有名です。1934年~1958年までに25回の登頂が試みられ、死者が15名に及んだものの、13回67名が登頂に成功しています。