ベルン旧市街 (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
スイスの渡航安全情報
観光情報

ベルン旧市街

ベルン旧市街地は、湾曲したアーレ川の流れを利用して発展した街です。中世の雰囲気を現代に伝える見事に保存された歴史的な街並み。その一方でスイスの首都として現代都市としての機能も兼ね備えています。質の高い美術館や博物館も多く、個性的な店が集まるショッピング天国でもあります。季節ごとに違った雰囲気を味わえるのもこの街に魅力です。
歴史
ベルンの町は、1191年にツェーリンゲン家のベルヒトルト5世によって創設されました。1218年にベルヒトルト5世が死去。ツェーリンゲン家が断絶した後、ベルンは神聖ローマ皇帝フリードリッヒ2世から自由都市の特権を与えられました。次第にエリアを拡大していき、15~16世紀にはヨーロッパ最長といわれるアーケードや美しい噴水、荘厳な大聖堂などが建てられ、ヨーロッパ屈指の美しい都市と化していきました。1983年、ベルン旧市街の街並みは、ユネスコの世界遺産に登録されました。

見どころ
【ツィットグロッケトゥルム(時計台)】13世紀に建てられ、16世紀に仕掛け時計の人形が取り付けられた時計台は一見の価値アリです。からくりが動くタイミングに時計台の前に立てるように行動しましょう。【ヨーロッパ最長のアーケード】ベルン中央駅から東に延びる通りの両側の建物は、1階部分がアーケードになっています。その長さ、なんと6km。スイス名産の時計やチョコレートなどお土産を探しながら歩くのも楽しいです。【ニーデック橋から見下ろす風景】アーレ川の美しい流れと風景は絶景です。橋を渡るとクマ公園やバラ公園があります。熊は、ベルンの名称の由来になっていて、市の紋章にもなっています。

スイス地方都市人気アクティビティランキング

ベルン旧市街 (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
ベルン旧市街地は、湾曲したアーレ川の流れを利用して発展した街です。中世の雰囲気を現代に伝える見事に保存された歴史的な街並み。その一方でスイスの首都として現代都市としての機能も兼ね備えています。質の高い美術館や博物館も多く、個性的な店が集まるショッピング天国でもあります。季節ごとに違った雰囲気を味わえるのもこの街に魅力です。