マッターホルン (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報

マッターホルン

スイスといえばこの山。アルプス山脈にある標高4,478mのマッターホルンです。凛とそびえるその姿から「アルプスの女王」と呼ばれています。雪に覆われ尖った峰はひときわ美しく、その姿を一目見ようと世界中から多くの人々がやってきます。朝焼けや氷河湖に逆さに映るマッターホルンが有名ですが、ツェルマットの村から仰ぎ見る景色も美しく絵になります。
歴史
マッターホルン登頂の試みが始まったのは1587年頃です。多くの登山家はイタリア側から挑戦しましたが、登山道が険しく、多くは失敗に終わりました。1865年7月14日、イギリス人パーティがヘルンリ尾根を通る登山道を選んで挑戦、初登頂を成し遂げました。その日後には、ジャン・アントン・カレルが率いる登山隊がイタリア側からの登頂に成功。1868年にはジュリアス・エリオットが2度目の登頂を果たし、同じ年にジョン・ティンダルがマッターホルン初縦走に成功しました。また、1871年にはルーシー・ウォーカーが女性として初めての登頂を成し遂げ、1923年には麻生武治が日本人として初めて登頂を果たしました。

見どころ
【ツェルマット】観光の拠点となる村で、マッターホルンの姿を見ながら滞在できます。1年のうち約300日が晴れという気候は、アルプスの鑑賞にも一役買っています。村はガソリン車で入ることが禁止されているため、空気がきれいで澄んでいます。【ゴルナーグラート展望台】ツェルマットから登山列車で登ること約30分。山岳ホテル「クルムホテルゴルナーグラート」があることでも有名な展望台です。標高3,130mとは思えないほどの近代的な土産物店が充実しています。【スネガ展望台】ツェルマットからケーブルカーでたったの3分。ライ湖と正面にマッターホルンの美しい稜線が見えることでも人気の展望台です。

スイス地方都市人気アクティビティランキング

マッターホルン (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
スイスといえばこの山。アルプス山脈にある標高4,478mのマッターホルンです。凛とそびえるその姿から「アルプスの女王」と呼ばれています。雪に覆われ尖った峰はひときわ美しく、その姿を一目見ようと世界中から多くの人々がやってきます。朝焼けや氷河湖に逆さに映るマッターホルンが有名ですが、ツェルマットの村から仰ぎ見る景色も美しく絵になります。