ライオン記念碑 (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報

ライオン記念碑

ライオン記念碑は、カペル橋、ムーゼック城と並ぶ、ルツェルンの代表的な観光スポットです。「瀕死のライオン像」「嘆きのライオン像」と呼ばれる記念碑です。ライオンの像は、小山の斜面にできた砂岩に刻まれています。この像を見たマーク・トウェインは、「この世で最も悲惨で、心打たれる岩塊」と評しました。碑文には、「ヘルヴェティア人の進行と美徳に寄せて」と書かれています。
歴史
1792年8月、スイス兵786名は、ルイ16世とその家族を守るため、テュイルリー宮殿に殺到する革命軍に対して防衛にあたりました。しかし、ルイ16世が攻撃命令を出さなかったため、600名が戦死しました。残りの兵士も捕らえられ、同年9月に処刑されました。この戦いでのスイス兵の英雄的な行為を知ったデンマークの彫刻家トルバルセンは、1821年、断崖に鎮魂の慰霊碑を制作しました。

見どころ
背中に折れた矢が刺ささったライオンはスイス衛兵を表し、ライオンがかばっている盾はルイ16世とその家族を表しています。スイスの悲しい過去を物語るように、苦しそうに横たわるライオの姿に圧倒されます。他の観光スポットと違って、凛とした雰囲気が漂う場所です。また、隣にある氷河公園の中には、街を見下ろせる展望台があります。ライオンの記念碑とセットで訪れてみてください。

スイス地方都市人気アクティビティランキング

ライオン記念碑 (観光情報) (観光情報) | スイス地方都市観光 VELTRA(ベルトラ)
ライオン記念碑は、カペル橋、ムーゼック城と並ぶ、ルツェルンの代表的な観光スポットです。「瀕死のライオン像」「嘆きのライオン像」と呼ばれる記念碑です。ライオンの像は、小山の斜面にできた砂岩に刻まれています。この像を見たマーク・トウェインは、「この世で最も悲惨で、心打たれる岩塊」と評しました。碑文には、「ヘルヴェティア人の進行と美徳に寄せて」と書かれています。