(参加者のレビュー一覧) 観光情報 (観光情報) | ロンドン観光 VELTRA(ベルトラ)

ロンドン
観光情報のアクティビティ参加者レビュー一覧

参加者の評価

4.25 4.25 / 5

体験談数

6704

ビートルズの故郷 リバプール日帰り観光&マジカルミステリーツアー<ロンドン発> by Evan Evans

ビートルズファンにおすすめ

投稿者: summer, 2013/11/19

私は英語がほとんど話せませんが、ビートルズファンなので22歳の女一人でしたが勇気を出して行ってきました。
同じような境遇で心配されている方のために詳しく書くので旅のドキドキ感を味わいたい方は読むのを注意してください。

まず、このツアーは現地に着いてからツアー会社に現地に無事到着し予約通りツアーに参加する旨を電話しなければいけません。
私が利用したホテルは電話もなく、フロントの方も電話はしてくれなかったので公衆電話から自分でツアー会社に電話しました。50ペンス一枚で十分な通話時間ですが、相手はもちろん現地の方なので英語です。このHPのヘルプ・お問い合わせにのっている英文だけでなんとか伝わりました。相手はこちらの名前を確認して、◯月◯日◯◯時に◯◯に集合ですということを言ってくれました。

当日は結構朝早い時間に集合なので時間に余裕を持ってください。私はユーストンまで少し距離のある場所からだったのでほぼ始発に乗りましたが、朝早い地下鉄は時間通りに来ないので注意してください。結構待ってやきもきしました。
待ち合わせ場所のチケット案内所前は結構広いです。バージントレインのプラットホームと電光掲示板のすぐ前です。バーガーキングやコンビニのようなものがそばにあります。
そこで待っていると、ほぼ時間通りにツアー会社の方が来ます。エヴァンエヴァンツアーズと英語で書かれた紙を胸の前で掲げて持ってくれているので分かりやすいと思います。
ツアー会社の方にリヴァプールの地図や列車の乗車券往復2枚とビートルズストーリーの入場券(インターネットのページをコピーしたようなA4のもの)とマジカルミステリーツアーを予約したような同じような紙などが入った封筒を受け取り英語で説明を受けました。色々と親切に説明してくださいましたが、英語でよくわからなくても日本語で日程などが書かれた紙も一緒に渡してくれるので安心です。一日のスケジュールはそれを見れば分かります。

プラットフォームの場所を確認してバージントレインに乗ります。改札のようなものは特にありません。席は封筒に書いてありますが、席が空いていればどこでもいいといった感じです。トイレもあってなかなか立派でした。朝はすかすかで、ひと車両に3人くらいしか乗っていませんでした。走り出すと車窓から羊や牛が見えます。途中一度だけチケット拝見の見回りが来ます。1時間半から2時間ほどでリヴァプールに到着です。

到着後は地図を見ながらアルバートドックにあるビートルズストーリーに向かってください。
歩いて15分以上かかりました。(少し迷ったからかもしれませんが)
ビートルズストーリーに無事についたら、受付に向かってください。駅で渡されたA4サイズの
紙を渡せばオッケーです。お金はとられません。同時にパンフレットの購入を勧められるので欲しい場合はその時買ってください。そばに音声ガイドを貸してくれる係の方がいるので、借りたい場合はジャパニーズと言って借りてください。結構詳しい内容が聞けるのでおすすめです。借りるのにお金はかかりません。
ビートルズストーリーはファンにはたまらない展示物が盛りだくさんです。私はしょっぱなから号泣してしまいました。。ぜひじっくり見学してください。
ビートルズの写真が飾られたスターバックスとビートルズストーリーのギフトショップが併設されています。ギフトショップの品揃えがなかなか良いです。tシャツなどは少し割高な感じもしますが。ジョンの丸い眼鏡のレプリカのようなものが3ポンドで売っていて、私は記念にそれを買いました。

その後はスタバやアルバートドッグなどでランチをとって、バス案内所の前に集合です。少し奥まった所にありますがビールトズストーリーと近いので場所は比較的分かりやすいと思います。案内所のそばで待っていると、ガイドの方が現れて「マジカルミステリーツアーの人こっちー!」って感じで集めてくれます。バスに乗る前に駅で渡されたA4の予約用紙を見せてください。厚紙でできたチケットのようなものをもらえます。あとは乗っていればオッケー!最高の時間が待っていますよ。

ツアーはキャバーンクラブから少し離れたところで終わりです。バスを下ろされてから少し歩きます。厚紙のチケットをクラブのバーの人に見せるとポストカードがもらえます。それでツアーは終わり。あとは帰りの列車に乗り遅れないように注意しながらリヴァプールを堪能してください。帰りは列車がほぼ満員ですので座り損ねないように気をつけてください。

ユーストンにつくころにはへとへとで目も開けられないくらいでしたが、とっても充実した旅になりました。
またリヴァプールに行きたいなぁ〜〜!!
参考になれば幸いです。

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2013/10/21
6 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アフタヌーンティーバスツアー☆真っ赤な2階建てバスでロンドン観光

こんなに素敵なアフタヌーンティーある?!ここにあった!

投稿者: まりころん, 2018/06/21

ロンドンの名物である赤い2階建バス、それにのって市内観光しつつアフタヌーンティーできるというものです。

 今回私は新婚旅行でロンドンに行きました。以前にもロンドンには行ったことが数回あったのですが今回は特別なものにしようと思い、いろいろ検索した結果、他のサイトからの口コミでこのプランを知りました。結果、とても素晴らしい思い出になりました。幸い天気にも恵まれましたし、何よりこの旅行会社の方のご厚意により素敵なプランに参加することができた結果です。

 アフタヌーンティーについては、御察しの通り高級なものでもなんでもないですが、悪いものではなかったです。お茶もいろいろ選べコーヒーもありました。お菓子やサンドイッチもおいしい!と思えるレベルです。よくある海外の極端な味ではないです。スコーンにはクローテッドクリームもついており本格的です。アフタヌーンティーを極めたいなら他の有名高級店を訪れれば良いことで、バス観光付きのこのプランにしては予想以上のできばえです。揺れる車内で安心して飲めるよう、最初に蓋つきタンブラーが配られます。これがかわいくて、日本にあるようなちゃちなものではなくしっかりしたものでした。道中、このカップ可愛いしもらえるといいなーと話していたら最後に「これはお土産です!お持ち帰りください!」とのアナウンスに車内のお客は皆同じことを思っていたのでしょう、「やったー!」と歓声が上がりみんなでハイタッチ。スタッフも、お客さんもみんな素敵な人たちでした。
ロンドンの道路事情は混雑だけではなく、狭かったり悪路だったりするのでしょう、道中結構揺れました。私は車酔いするので旅行中バス移動などのさいは酔い止めがかかせません。今回も酔い止めを内服しことなきをえました。車酔いする方は酔い止め必須と思われます。揺れるし食べるし。

 当日の集合場所はビクトリアコーチステーションの電光掲示板に集合、とありましたが、まずロンドンに詳しくない私たちは路線図でビクトリアコーチという駅を必死に探しました。しかし、ない。ビクトリアという駅はあるよねーと思っていました。なんとか地図を眺めていた時にビクトリア駅の近くにビクトリアコーチ駅と表記されているのを発見。きっと、ビクトリアに行けばわかるだろう、と思って当日。ちょっと距離あるし時間に余裕を持って行こう、といってあるくこと10分程度。たまたま利用した地下鉄の出口がビクトリア駅の北の端だったため、ビクトリアコーチまではかなり歩くことになりました。現地に行ってわかったことですが、coachとはバスのことらしく、ビクトリア駅の電車ではなくバスの駅、という意味だったらしいです。新宿でいうところのバスタみたいな。コーチ駅に入るとすぐに電光掲示板がずらっと並んでいます。しかしそこにはアフタヌーンティーがどうとか書いていない。しかたなく電光掲示板の下に座っている受付嬢(?)に聞くと「0番よ」と教えてくれました。0番に行くと時間になっても誰もこない。もう出発しちゃったのかな、、、と不安になっていると5分過ぎくらいに担当の女性がきて「遅れています申し訳ありませんもう少しここでお待ちください」と説明。30分ほど遅れて用意ができたのか、「アフタヌーンティーの人ー」となったので予約使命を確認後バスに乗り込みました。あらかじめ座席も決められており乗り込む前にも「ここに座ってください」と教えられます。よって、予約時にもうるさく言われますがバウチャーは必ず印刷して行くことを強くお勧めします。見せればすぐ予約していることがすぐ分かりますしね。
 バスに乗っている時間は正味2時間程度だったかと思います。出発が遅れることもあるようで(今回は遅れた)さらには道中の渋滞の恐れもあります。土日はそうでもないとのことでしたが、私たちは日曜日に参加しかなり混んでいました。東京に住んでおり渋滞はよくある私達が感じてこの混み具合、、、ロンドンの渋滞侮るべからず、です。

 それともうひとつ。プランの注意書きにトイレは乗車前に済ませておくようにということが書いてありますが、コーチステーションにつくことで精一杯でその前にどこかによってトイレを済ます、などの余裕はなかったです。コーチステーション内にトイレがありますが、有料です。コインを入れないとなりません。たしか20セント?だったようないや、40だったかも。夫が1ポンドコインを入れたらゲートを通れたけどお釣りは出なかったとのことです。トイレ自体は汚くもなく普通。コインがなくて入り口で困っている人たくさんいましたので、お知らせまで。

 いろいろ書きましたがラブリーな体験ができました。迷われている方、おすすめですよ。

  • これがバスの外観

  • 電光掲示板ホールの奥にゲートがいくつもある。その中の「0」で待ちます。

  • 座りたかった2階の先頭の2人席。このすぐ後ろの席に座りました。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2018/06/10
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴婦人の城リーズ城、カンタベリー大聖堂、ドーバーのホワイト・クリフ 日帰り観光ツアー <日本語・英語> by Evan Evans Tours

無駄なく無理なく参加できるツアーです

投稿者: cinnamon, 2017/10/05

(ツアー開始までについて)
集合場所のコーチステーションに指定集合時間前に到着したところ、当日多くのツアーが予定されていたとのことで想定外の混雑でした。後にツアー会社からも謝罪のコメントがあったことから、通常はこのような混雑はないようです。日本語ガイド込のツアーということでしたが、集合場所や時間については特に日本語のアナウンスもなく出発時間の20~30分前になってツアーのタイトルが書かれた表示がコーチステーションの電子掲示板に英語で表示され集合場所が正しかったということがわかりましたので、英語がわからないと困惑するかもしれませんが、ツアー会社の案内デスクが集合場所のコーチステーション内にあり、そこでどこで待つべきかという指示をもらえるので、問題はありませんでした。集合時はガイドの方(スコットランド出身の方)の日本語も分かり易く、きちんと日本語を希望する人数も名前も把握している様子でしたので、特に心配を感じることはなく安心してツアーに参加できました。
(ツアーについて)
同ツアー参加者は合計40人ほど。日本語を希望する人は3人のみ。参加者の年齢は、英語ガイド希望の方は大半が年配の方で、坂道や階段も多くなく年配の方でも無理なく参加できる内容となっていると思います。3人のみのために日本語での解説をしてくれましたが、内容は十分検討され練習を重ねたことが予想できるもので、日本語も分かり易いものでした。ツアー中、参加者は配布されたオーディオを通じてガイドさんのマイクでの解説を聞くという形式です。概ね、先に日本語で通る予定の場所の解説などを行い、その後英語で同じ説明をその場所でするという流れでしたので、説明を受けているものが説明の後となっていることはありませんでした。また、内容も(多少は短くされていたところもあるものの)ほぼ同じ情報を解説しており、ガイドさんは観光ツアー中ずっと英語と日本語で解説を続けてくれていて感心しました。バスの中で解説していない時間はほぼなかったと記憶しています。

ツアー中は、指定された場所と時間に再集合するという形をとっていましたが、ほぼ参加者全員が指定時間で集合できる時間設定がされており、ほぼ時間通りのツアー内容でした。

ツアーは、リーズキャッスル、カンタベリー大聖堂 カンタベリーにてランチ(自由参加)、ドーバー海峡を順に訪れるというツアー情報通りの内容でした。運転も特に危険を感じるようなこともなく、スムーズな運転を心がけられているように感じました。

リーズ城内は他の観光客もいるため、ツアー参加者全員がまとまって行動することはしませんでしたが、配布されたラジオでガイドさんの解説を聞くことが出来ました。(場内は壁があるのでガイドさんから離れるとラジオの音声が聞こえないこともありました。)

指定時間までの過ごし方は自由で、カンタベリーにて、レストランで昼食をとるかどうかの希望を尋ねられましたが参加せず自由時間に当てることにしました。レストランで頼めるメニューの解説もバス内で大変細かくしてくれ、値段も良心的なものでした。(フィッシュアンドチップス 肉料理などから1つ選べて飲み物・デザートもついたコースで12ポンドと説明があったと記憶しています。)レストランに行かない代わりに自由になる時間は1時間半程度ありました。ツアーで訪問する場所に含まれているカンタベリー大聖堂内で解散となったため、解散後大聖堂内をじっくり自分で見学し、その後に徒歩圏内のSt. Augustine's Abbeyを個人で見学する時間もあり、他リーズ城、ドーバー海峡共写真を希望するとこで取る、散策してみるなどできる時間を設けており自由時間の取り方も十分満足できるもので、よく考えられた内容のツアーであると感じました。

最後に訪れたドーバー海峡では天気も良い場合はフランスを望むことが出来ます。ガイドさんの周辺の解説も十分で、とても濃い内容のものだと感心していましたが、更にロンドンへの帰路中も、ロンドンの解説をずっと英語と日本語でしてくれただけでなく、バスを降りる場所も事前情報より多く設けてくれて、そのいずれもが観光名所の近くという観光客にとってはとても親切な内容になっていました。サービス料は込ではないため、ツアー後にチップをお渡しします。

悪い点として挙げる点はなく、大変満足できるものでした。集合時間場所等も英語でアナウンスした後、同じことを日本語で繰り返してくれていましたので、集合などに心配も一切ありませんでした。







評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2017/09/23
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

選べる観光スポット!コッツウォルズ・ストーンヘンジ・バース・グラストンベリー・ウィンザー城<貸切/日本語ドライバー/ロンドン発>by フジサントラベル

思い出に残る旅行になりました

投稿者: よしむー, 2018/03/04

2月末から3月頭に海外旅行に行った際、このツアーに参加しました。
一人旅行かつ初海外ということもあり、慣れないことばかりで緊張していました。
しかしドライバーの方はとても親切な方で安心してツアーに参加することが出来ました。
自分はコッツウォルズとグラストンベリーを選択しました。
まず初めにホテルからコッツウォルズのレイコックの村へ向かいました。
ハリーポッターのロケ地としても使われているレイコックは、中世の街並みを残したとても雰囲気のいい村でした。
様々な見どころを解説してもらい、またハリーポッターの映画の中に出てきた構図とおなじ構図で写真を撮ってもらいました。
途中いくつかの店を周り、お土産のジャムを購入しました。購入の際は英語ができない自分の代わりにドライバーの方が対応してくれたので、難なく購入することが出来ました。
レイコックの観光が終わり、グラストンベリーへと向かいました。
一人旅行だったので車移動の時間は退屈になるかと思っていましたが、ドライバーの方が色々な話をしてくれるので退屈せずに移動することが出来ました。
グラストンベリーではまず最初にメインストリートの方へ行きました。
丁度お昼の時間だったのでグラストンベリーの美味しいベーカリーのお店に連れて行ってもらいました。
ここでもどれがいいかなど自分では全く分かりませんでしたが、ドライバーの方が安くて美味しいオススメのパイを教えてくれたのでそれを購入して車に戻り昼食をとりました。
腹ごしらえをしてから、次にグラストンベリー・アビーへと向かいました。
ほとんど破壊されてしまった修道院跡地でしたが、丁寧な解説をしてもらい、その当時の修道院の壮大さが想像出来るようでした。
アビーの観光を終えると、いよいよメインのグラストンベリー・トーへ向かいます。
レイラインの集まる場所であり、イギリス屈指のパワースポットとして有名なグラストンベリー・トー。
グラストンベリーへ向かう道中、すでに遠くからシルエットは見えていましたが、その丘に実際に登ります。
丘への登り口の近くへ行くと、チャリスウェルがありました。
聖杯の泉として有名なチャリスウェルは、この水を求めて観光客やパワーを感じたい人たちがやってくるほどの場所ですが、丁度例外的な雪の中、とても神秘的に映りました。
グラストンベリー・トーへは一人で登ってみたかったので、ドライバーの方には反対側で待機してもらい、登り口へと向かいました。
イギリスとしては珍しい雪の強い日だったので人が多いわけではありませんでしたが、数名の観光客の姿を目にしながら、頂上の塔へと進んでいきました。
雪の中というのもありましたが、実際に丘を登ってみると思ったよりも険しく、結構な体力を使いました。腹ごしらえをしていなかったら体力が切れていたかも知れません。
塔への道はまっすぐの一本道なので、ひとりでも特に迷ったりすることはありませんでした。
ひたすら進んでいくと、塔にたどり着きました。
写真などでは何度も見ましたが、実際に目の前にすると感動しました。
塔の壮大さもさることながら、振り返って後ろを見ると、また素晴らしい景色が広がっていました。
丁度頂上に着いたあたりで吹雪いてきたので塔の中に入って少し止むのを待ちました。
待っているあいだは中の方を眺めていましたが、なんとなくパワーを感じるような気がしてパワースポットだという実感が湧きました。
雪が少し弱くなったタイミングを見計らって反対側の道から丘を降りていきました。
反対側の道は距離が短いぶん少し急になっているので気をつけた方がいいかもしれません。
ツアーにメインであったグラストンベリー・トーを後にし、ホテルへと向かいました。

ツアーの感想としてはここまでですが、帰り道も記憶に残るものだったので少々。
観光を終えてホテルへと向かいましたが、記録的な雪のためか、事故や渋滞が多発して、予定とは違う道から帰ることになりました。
氷にタイヤが取られてなかなか進めない道を通ったり、スリップして軽いドリフトみたいな形になったり。困っている女性の車をおしてあげたり。
ドライバーの方の人柄がほんとに良いので、異常事態ながらも楽しむことが出来ました。
結局時間は結構過ぎてしまいましたが、延長にはならず、むしろお詫びと言ってオススメカレー屋のラムカレーを奢ってくれました。
最初から最後まで楽しませてもらい、とても記憶に残るツアーとなりました。

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2018/03/01
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ビートルズファンにおすすめ!リバプール列車日帰り観光ツアー by Mybus<ロンドン発>

憧れのリバプール!本当に良かったです。

投稿者: 私はセイウチ, 2014/10/01

ビートルズの故郷である憧れのリバプール。ビートルズが大好きな同僚と、彼らの故郷を知りたくてこのツアーに参加しました。
前日に、リバティビル内にあるマイバスに電車等のチケットを受け取りに行きました。受付の方は日本人スタッフで、ロンドンのユーストン駅への行き方、リバプールのライムストリート駅からアルバートドックへの行き方を丁寧に分かりやすく説明してくれたので、当日迷うことはありませんでした。他にも天気や服装のことなど、いろいろな疑問点に快く回答してくれたので、安心してツアーに参加することができました。
ツアーは朝食つきにしなかったため、ユーストン駅のカフェで購入し、電車内で食べました。電車が何番のプラットフォームから出発するのか電光掲示板に表示されるのですが、出発の直前に表示されます。私たちは改札口から一番遠い車両が指定席車両だったため、乗車するまでに時間を要しました。プラットフォームの案内表示が出たら素早く乗車することをおすすめします。
時間に余裕があったので、リバプールのライムストリート駅からリバプール大聖堂を見ながらアルバート・ドックに行きました。少し道に迷いましたが、道行く人に尋ねると快く教えてくれました。
そして、いよいよアルバート・ドックでビートルズ・ストーリーに入場。ビートルズのメンバーの出会いから、歴史に名を残すバンドになるまでの経緯をじっくりと知ることができます。入口で日本語オーディオガイドを貸してもらえるのですが、私は最初の説明を聞いている途中で止まってしまいました。入口スタッフに説明をし、別のオーディオガイドに変えてもらいました。ビートルズ・ストーリーではじっくりと見学することをお勧めします。だいたい2時間くらいかかりました。
 その後、ビートルズ・ストーリー4Dを観るために別館2階に向かいました。上映時間が決まっているため、上映までの待ち時間に1階のカフェで軽くお茶をしました。時間的に余裕がなかったため、ゆっくりと昼食を食べる時間はありませんでした。
 マジカル・ミステリー・ツアーの出発30分前に集合場所のインフォメーション前に着いたのですが、ショップをウロウロしながら時間を潰していたら、すでにバスの横にツアー客が並んでいることに気づき、慌てて私たちもその列に並びました。ツアーに参加したのは平日だったので、6割程度のお客さんがツアーに参加するのかなと思っていたのですが、さすがはビートルズ。世界中からファンが集まるで車内はほぼ満席でした。進行方向の左側の席に座ると車内からの写真が撮りやすいのですが、左側の席を確保するためにはインフォメーション前で待つのではなく、直接バスの横に、早めに並ぶことをお勧めします。
 ツアーガイドは英語で説明しているため、特に車窓から写真を撮るときは、どれがその建物なのか全く分かりませんでした。しかし、メインの私たちが見たかったところはバスから降りて写真を撮ることができたので本当に良かったです。
 車窓からリンゴの生家、下車してPenny Laneの看板、ジョージの生家、ストロベリー・フィールズの鮮やかな赤い門の前。そして、車窓からジョンの家、下車してポールの家。
どの場所も、実際にこの目で見ることができて、嬉しくて感激の連続でした。
 リバプールは大きな街で、個人で観光するのは大変だと思います。このツアーは効率よく案内してもらえて、とても便利です。また、世界中のファンと感動を共有できることは本当に幸せでした。
 マジカル・ミステリー・ツアー後は、キャバーン・クラブでのバーカウンターで、乗車時にもらったBoarding Cardを渡すと記念の絵葉書をもらえます。しかし。店内はとてもお客さんが多くて、スタッフも忙しくしていたため、絵葉書をもらうのに苦労しました。
 帰りの電車まで時間があったため、昼食兼夕食をゆっくりと食べることができました。
 リバプールの街並みはロンドンとは違ってゆったりとしていて、アルバート・ドック周辺の港町の雰囲気はとても良かったです。
 ツアーは全てチケットが用意されているため行程はとても楽チンです。しかも、ビートルズづくしの一日は充実していて、このツアーに参加して本当に良かったと心から思いまいた。

  • ストロベリー・フィールズ

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2014/09/18
この体験談は参考になりましたか? [はい]

湖水地方 1泊2日ツアー クリームティー&ヒルトップ入場料込み<英語ガイド/朝食付き/ヴァージントレイン利用/ロンドン発>by Evan Evans

ピーターラビットの世界

投稿者: まゆみ, 2019/09/07

地下鉄が遅れて集合時間を数分過ぎてしまいましたが、ちゃんと係の方が待っていてくれました。場所はわかりにくかったです…電光掲示板の左手側にあるチケット購入などのコーナーを通り過ぎた壁あたりに係の方がいました。

列車も遅れ予定より30分ほど遅く着きました。ホームでピーターさん(ラビットじゃなくフォックスらしい)と他のツアーメンバー(私含め6名でした)と合流。遅れは気にしていない様子でツアーが始まりましたが、ちゃんとお城での写真ストップやホークスヘッドでの自由時間(軽食とってる人もいました)もありました。

ヒルトップはおうちの中もかわいいし標識さえもかわいい。人数制限で入場時間が決まっているので近くをフラフラしていたら別ツアーの日本人ガイドさんと遭遇。入場券の内側に絵本のモデルとなった場所が書かれているので見ておいたほうがいいとアドバイスいただき見回りました。

湖のクルーズは45分程度。乗船前にトイレに行きたかったのですがすぐ出発で我慢して乗ったらちゃんと船にありました。クルーズ中運良く晴れ間が。その日は1週間ぶりくらいの晴れ間だったそうです。

見晴らしのいいところにも連れていってもらい写真撮影。

ホテルでのクリームティーは1日目のツアーの最後16時頃から17時過ぎまででした。オーストラリアとベルギーのメンバーと同じテーブルでいただきました。(Google翻訳を使いつつ会話…笑)
ツアーの中で私だけホテルに泊まるのだったらしく車に荷物を置いたままだったので、ちゃんと気にしてくれるガイドさんじゃなかったら持っていかれるところでした。
ピーター&日帰りメンバーとお別れして自分でチェックイン。ディナー食べるか聞かれるので食べるというと何時からにするか聞かれます。

時間に行ったら偶然パーティーの日だったらしく人がいっぱいで、困って周囲をウロウロしていたらスタッフさんが声をかけてくれて、クリームティーと同じラウンジテーブルに案内され突き出し?とメニューを出されました。今日はパーティーでレストランスペースには行けないのかなー、それか私がパンツにスニーカーだからかなーと思っていたら、メニュー決定後にディナーのテーブル準備してくるから待っててと言われ、ちゃんとレストランスペースに案内されました。(パーティーは隣のスペースで音漏れはしましたが一応扉で仕切られてました)
前菜としてスープを頼みましたがその前にコロッケのような前菜も出してくれました。メインには牛ほほ肉を選びましたが、出たもの全部美味しかったです。

2日目は17:15〜30くらいに迎えにくるという話だったのでゆっくり寝てのんびりイングリッシュブレックファーストをいただきました。他にもブッフェ形式でフレーク類やフルーツ、ジュースも置かれていました。朝食は8〜10時で、10時になるとブッフェブースは下げられていましたが食べ終わるのは時間帯を過ぎても大丈夫でした。
11時がチェックアウト時間だったのでギリギリまでのんびりして、荷物を預けて散歩を兼ね歩いてボウネスの町に出かけました。
雨予報でしたが運良く晴れ間が出てました。時々お天気雨に降られましたし、天気の移り変わりは激しいようです。
ザワールドオブピーターラビットではバシャバシャと写真を撮りまくり説明も読んで1時間くらいかかりました。(長い方かと)
ウィンドウショッピングとカフェでまたクリームティーをのんびり楽しみ、ホテルに帰る前にスーパーで車内で食べる夕飯を買い出し。
時間が余ったので別の所から湖畔にいこうとしましたが、どこも私道のようで出られず断念…(Googleマップに道がなかったのは正しかったのかも)

ホテルで車を待っていると翌日に結婚式があるらしく参列者が続々と集まってきていました。前日のパーティーといい、意外とただの旅行客以外の利用も多いようです。
17:30頃に前日とは違うピーターさんがピックアップしに来てくれました。他にインド系の2人を乗せ出発。なぜかピーターは私だけに話しかけてきたので拙い英語で会話しました。今いる日本人ガイドさんが10月に帰るからやらない?と誘われつつ列車発車(18:30)の30分前には駅に到着してお別れ。
弾丸系の多い自分には珍しくのんびりしたものでしたが、天気にも人にも恵まれいい旅ができました。

  • 部屋

  • ホテル

  • クルーズ

  • 標識

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2019/09/05
この体験談は参考になりましたか? [はい]

選べる観光スポット!コッツウォルズ・ストーンヘンジ・バース・グラストンベリー・ウィンザー城<貸切/日本語ドライバー/ロンドン発>by フジサントラベル

当日の予期せぬアクシデントにも関わらずアレンジの効いたツアーとたくさんのお気遣いに感謝‼︎

投稿者: Yuka, 2017/06/22

兄妹3人でプライベートツアーを利用しました!
ドライバーは後藤さんにお世話になりました。
スタッフの方との事前のメールのやり取りでは、妹が車酔いをしやすく、当初4人での参加でしたので、なるべく広い車が良いです、とわがままな要望をお願いしていたのですが、快く応じていただき、道中は体調にも気遣っていただけたおかげで一日楽しくまわることができました。

当日、思わぬアクシデント(高層ビルの大炎上です…)により迎えにきていただくホテルまでの道のりで、数カ所の通行止めやそれに伴う大渋滞で大幅に当初の予定よりもツアー開始時間がずれ込んでしまいました。
そんな時も、逐一、会社のスタッフの方、ドライバーの方からの状況連絡をいただけて安心してホテルの部屋で待機させていただいていました。

当初まわる予定は、ウィンザー城とストーンヘンジだったのですが、アクシデントがあったためやむを得ずストーンヘンジを外すことに決めました。
その代わり、アフタヌーンティーをどこかでしたいこと、夜のミュージカルに間に合うように帰りたいけれど、その前にロンドンでショッピングしたい場所もあることをお話すると、即座にプランをアレンジしてくださり、全て叶えていただきました!

ウィンザー城では安全で、入り口までアクセスしやすい場所で降ろしてくださいました。
兵隊のパレードが今からここを通るそうだよ、と教えてくださったためそれも待ち構えてよく見ることができました!
1人で行っていたらそれも分からなかったものだな…と思いました。

時間の都合でストーンヘンジへ行けなかったのは残念でしたが、ご厚意に甘えて代わりにオックスフォードへ行っていただきました。
そのアカデミックな雰囲気と、高級ホテルでのアフタヌーンティーを提案いただき、そこでの美味しいお食事と忙しいながらもゆったりと優雅な気持ちで時間を過ごせたことは嬉しかったです!
時間があまりない中で、私たちのわがままでロンドンへも早く帰りたかったこともあり、お店のスタッフの方へ、後藤さんが一言そのように声をかけてくださっていたのも分かり、隅々までよく気を遣っていただいてるのを感じました。

ロンドンに着いてからも目当てのお店の近くで車を下ろしていただいたり、夕食の予約までしていただけて、、要望をたくさんしてしまったにも関わらず何から何まで先に気を回していただき、快く、適切、迅速な対応をいただけてとても満足し、感謝しています。
そして、会社のスタッフの方と、ドライバーさん双方が私たちの気持ちや要望を忘れずに一つ一つ理解してくださっていたのが分かり、会社の中での連携が密にできているのを感じ、ツアー中もとても安心していました。

ドライバーさんは日本人でありながら、長年の英国住まいでみえることでそれぞれの文化や生活の違いなどもお話していただけてとても興味深く、お話もはずみ、道中も楽しめました!

急なアクシデントのために時間が短縮のでツアーになってしまったこと、当初の私たちの希望通りのツアーではなくなってしまったため、と、お値段についても配慮をいただけたことも、とてもありがたかったです。
アクシデントによるものは帳消しになるくらい充実のプランにしていただけたと思います。
フジサントラベルさんに落ち度があったわけでも全くなく、弊社の皆さんも大変な思いもされ、やむを得ないものだとも思いますが、こちらの気持ちを汲んでそのように対応いただいたことも、とても私たちの立場を大切にしてくださった誠実な印象を受けました。

パワースポット巡りや、行けなかったストーンヘンジなど、また今後も機会があれば、利用させていただきたいです。

私は要望が色々と多すぎたのではないかと心配なくらいでしたが、、
あまりに無謀すぎるスケジュールの要望や、非常識な内容、スタッフの皆さんを困らせる要望でなければ、きっとツアーでやりたいことをお伝えしたり、色々なお話をすれば、期待に応え満足させてくれる良いツアー会社かと思います。おすすめです!

評価:
利用形態: 家族
この体験談は参考になりましたか? [はい]

世界遺産ブレナム宮殿&英ドラマ『ダウントン・アビー』ロケ地バンプトン&コッツウォルズ1つの村 1日観光ツアー<4~10月/英語ガイド>by Evan Evans

満喫!

投稿者: ねこっこ・ロンドニーニャ, 2014/05/24

5月に母・娘で参加しました。

まず、朝はEvan Evansのピックアップサービスを利用し、ホテルまで迎えに来てもらいました。時間通りのお迎えでした。途中2か所に停車して、いろいろなツアーの参加者をピックアップ、ツアー参加の注意事項等を説明されました。Victoria駅に到着、トイレを済ませ(30ペンス)、それぞれ指示された乗り場でツアーバス乗車を待ちます。自分のツアーの番号が呼ばれたらいよいよ乗車です。

この日は英語ガイドの日で、参加者50名程度で、大型バスは満席。日本人は5,6名でした。
行程はコッツウォルズの3つの村をめぐり、最後にブレナム宮殿に行くとのことでした。言うまでもなくですが、説明はすべて英語でされますので、多少は英語を理解できる必要があります。(特に大事な集合時刻も、"ten minutes to one" "a quarter past three"などと毎度違った言い方で言われるので、英語のあまり得意でない母は混乱しているようでした(笑))

途中車内で、オプションであるランチとブレナム宮殿の入場の希望を聞かれます。ランチが£10ぐらい、ブレナム宮殿が£20ぐらいで、それぞれ単品でも申し込めますが、セットで申し込むとジャスト£30で少しお得になっていました。私たちはこれらの場所を訪れるのは初めてでしたし、せっかくなのでセットで申し込みました(現金支払いのみでした。)。ランチは2つめの村バーフォードのパブでのランチで、メニューもフィッシュ&チップス、ラザニアなどから選べ、あらかじめ車内で注文しました。

2時間ほど高速に乗って、1つめの村、バイブリーに到着しました。ガイドブックで見たライムストーンの美しい家々が目の前に現れ、白鳥の親子のいる小川に癒されました。ここは30分しか時間がなかったので、もう少しゆっくりしたい気持ちでした。

2つめの村、バーフォードは先ほどのバイブリーよりも「町」という感じ。メインの通りには商店が並び、車の往来も多く観光地です。ランチを頼んだ人たちはガイドに連れられて街の中ほどのパブへ。想像よりもおしゃれなパブで、2F窓側の席に座れたのできれいな町並みを眺めながら、車内で頼んだフィッシュ&チップスとラザニアを頂きました。味も美味しかったです!(でも紅茶のお代わりがなく、暑い日だったので手持ちの飲み物もなくなり、食事の途中からのどがカラカラでした。パブで別途注文しても良かったですが、お店を出たら隣にコンビニがあり、ペットボトルを購入できました。)ランチ後は町を散策しました。周りには他のレストランもありましたので、必ずしもオプションのランチにこだわる必要はなさそうです。

次は3つ目の村、ボートンオンザウォーターです。リトルベニスと呼ばれるこの町、ガイドブックから閑静できれいな小川の流れる町を想像していましたが、この日は日曜日!大勢の人が川沿いの芝生に寝転び、橋の上にも人、人で賑わっていました。ツアーのメンバーは買い物に行く人も多いようでしたが、私たちは川沿いで腰かけ、小川に足を浸してのんびりしました。小川の水は意外と流れが速く、きれいで冷たかったです!

最後はブレナム宮殿へ。敷地内に入った途端、美しい緑と湖に目を奪われます。宮殿内を見学していると、日本人スタッフの方が声をかけて下さり、宮殿の見どころを説明してくれたり、写真を撮ってくれたりしました。こちらでは結構時間をとってくれましたので、入場おすすめです。

帰りも2時間程度でロンドンへ戻りました。バスの終点は朝出発したVictoria駅ですが、途中で3か所ほど降車ポイントを作って下さり、私たちはホテルに帰りやすい、途中のNotting Hill Gate駅で降ろしてもらいました。

限られた日数しかない旅の1日をどのように過ごすか、私たちも参加を決意するまでに悩みましたが、このツアーはコッツウォルズのそれぞれ趣の異なる村と、ほど近いブレナム宮殿、と盛りだくさんで、たくさんの美しい景色を見ることが出来ました。思い切って行ってよかったです。

  • バイブリー

  • バーフォード

  • ボートンオンザウォーター

  • コッツウォルズの羊たち

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2014/05/18
2 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

湖水地方 日帰り観光ツアー クリームティー&ヒルトップ入場料込み<英語ガイド/ヴァージントレイン利用/ロンドン発>by Evan Evans

自然を満喫しました。

投稿者: 匿名希望, 2014/10/21

ピーターラビットの舞台となった湖水地方に、長年旅行に行きたいと思っていましたので、参加できて、とても感動しました。

今回の旅行は、ロンドンで6泊することになっていましたので、日帰りで参加できるツアーを探しました。最初は、個人で公共交通機関を利用して訪ずれようと思っていたのですが、ロンドンから湖水地方までの距離を考えると、私には難しかったので、ツアーになりました。

当日の朝、集合場所の駅に、地下鉄で行くか、タクシーで行くか迷いましたが、地下鉄で行きました。日本のラッシュほどは混んでおらず、無事にユーストン駅へ着きました。集合場所で待っていると、他のツアー会社の係員は来たのですが、私が申し込んだツアー会社(エヴァンエヴァンツアーズ)の人は、なかなか来なくて、他の参加者(日本の方がいました)と心配して待っていましたが、無事、来てくださいました。実際には10分ぐらいの遅れなので、普段なら大したことない時間ですが、初めてのイギリスで緊張していたので、ドキドキしました。係員は、とても親切で、詳しく旅行内容を説明してくださいました。私も友人も英語の知識は、中学生レベルなので、細かいところ(何番乗り場など)が分かりませんでしたが、他の参加者の方に親切にしていただき、無事に乗車することができました。参加者の皆さんは、我々が「困ったオーラ」を出していると、日本の方もそうでない方も親切にしてくださり、非常にありがたかったです。また、係員からは、英語と日本語の簡単な旅程案内をA4サイズでそれぞれ1枚ずつ渡してもらいました。

同じ集合場所で、他のツアー会社に申込みしていた女性が1人いたのですが、そのツアー会社の係員は、なかなか現れず、エヴァンエヴァンツアーズの係員が「あとで連絡取ってあげる」と親切にしてあげていました。

列車の旅は、最高でした。2等車でしたが、座席はゆったりしていて、窓からの眺めを楽しめました。オクセンホーム駅で降車すると、現地ツアー会社のガイドが待ってくれていて、小型のツアーバスで出発となりました。出発地から、素敵な田舎町で、窓から羊がいるのを眺めたりしながら、他のツアー参加者をピックアップしつつ、ヒルトップ農場に向かいました。結構山道みたいな道路が多いので、車酔いをする方は、酔い止め薬を事前に飲むことをおすすめします。

ヒルトップ農場では、約1時間の見学ができました。建物内部の見学はじっくりとできました。とてもこじんまりとして、かわいらしかったです。雨はやんでいたのですが、薄暗かったので、少し残念でした。時間があれば、ヒルトップの周りにあるピーターラビットゆかりの建物をゆっくり見たかったのですが、近くにある建物を駆け足で写真撮影してバスに戻りました。予想していたよりはゆっくりできて、良かったです。

ホークスヘッド村でも約1時間の滞在でした。自由行動でしたので、ビアトリクス・ポター・ギャラリーに向かいましたが、日本から持参した地図が分かりにくく、迷っていたところに、ツアーガイドに遭遇し、場所を教えてもらいました。ポターの絵本の原画が飾られており、感激しました。特に大好きな「こねこのトムのおはなし」の原画も飾られており、とても嬉しかったです。

その後、湖でのクルーズやホテルでのクリームティなどを楽しみ、ツアーは無事終了しました。クルーズの時には、空が晴れて、虹が見えました。クリームティはとてもおいしかったです。どちらも、料金はツアー代金に含まれていたようで、追加で支払う必要はありませんでした。

ツアーガイドも親切で、大満足のツアーでした。ほとんど団体行動のため、はぐれることもありませんでした。雨が降ると、少し寒かったので、薄手の上着は必要と思います。

  • ヒルトップ農場

  • 農場の近くには、羊がいました。(かなりズームして撮影しました)

  • 湖では、虹が見えました。

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2014/09/25
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴婦人の城リーズ城、カンタベリー大聖堂、ドーバーのホワイト・クリフ 日帰り観光ツアー <日本語・英語> by Evan Evans Tours

時間配分、ガイド共に完璧!

投稿者: たぬきち, 2014/08/19

連れが英語が苦手なので日本語/英語のツアーに参加したかったのですが、予定が合わずに金曜日のツアーに参加してきました。金曜日は英語/ポルトガル語だったようです。では、1日の簡単な流れと感想をこちらに残しておきます。誰かの参考になれば幸いです。

当日は地下鉄でコーチステーションまで向かう予定でしたが、寝坊をしてしまい諦めてタクシーを使いました。パディントン駅から£13、15分くらいだったと思います。コーチステーションは人でごった返していますが、簡単にカウンターは見つかると思います。迷子になりやすい方向音痴な私でもすぐに分かったので安心して下さい。到着後、カウンター前の列に並んでいるとスタッフが近付いてバウチャーを確認し、ゲート○番で待つように案内されました。バウチャーをチケットと交換するのかと思っていたのですが、それはなかったです。ちなみに、トイレはコーチステーション内にあります。50p、両替も可。バスにトイレはありませんので、利用しておいた方が安心かもしれません。

さて、時間がきたらガイドがバスに案内してくれます。同じゲートに違うツアーの参加者が大勢待機しています。自分のツアーナンバーが呼ばれたら、すぐについて行って下さい。私はゲートの後方で待機していたので、危うくはぐれるところでした。ツアーの始めにガイドから注意事項として案内がありますが、温かい飲み物、食べ物の持ち込みはできません。ただし、冷たいものはokだそうです。

ガイドさんはとても明るくフレンドリーな女性でした。彼女の話す英語は聞き取りやすく、ポルトガル語の方もかなり流暢で感心しきり。しっかりバスからの風景を説明してくれるので、時折混ぜるジョークと共にお城までの道のりを楽しむことができるはずです。

お昼はカンタベリーで、ガイドお勧めの店に行くか、自分たちで探すか選べます。私たちは半数のツアー参加者と共に、ガイドお勧めの店に行きました。他の参加者と相席になりますが、人との交流が好きで英語が話せるようであれば問題ありません。私たちはオーストラリアからヨーロッパを旅行中のご夫妻とお話しながらランチを楽しむことができました。その後、集合時間に時計の下に集まり大聖堂のツアーがスタート。ツアー終了後、自由散策。そして、またバスまで戻ります。カンタベリーはとても可愛らしい街ですが、方向音痴な私には難易度が高かったです。しかし、連れがしっかりと場所を記憶してくれたので、集合時間に遅れることはありませんでした。ちなみに、ガイドのモニカは「絶対にツアー参加者を置いていくことはしない」と始めに言っていたので、それがいい意味でプレッシャーになったのか遅れて集合場所に現れる参加者はいませんでし...1人だけいました 笑

ドーバーはさほど期待していませんでしたが、意外と良かったです。バスの運転手ジョージの提案で近くのお城までバスで行き、素敵な写真を撮ることに成功。望遠レンズを忘れてしまった私にはありがたいサプライズでした。

帰りのバスは皆さんお疲れなのか、寝ている人も多かったです。最後にテンプル、エンバンクメント、ウェストミンスターのどのチューブの駅で降りたいかを尋ねられたので、ガイドさんに相談してアドバイスをもらいました。

今回は大聖堂に行きたかったのと、時間を有効的に使いたくてこちらのバスツアーを選びましたが、大正解でした。

  • 暑いくらいのいいお天気でした。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2014/08/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]

2大世界遺産ストーンヘンジ&バースとコッツウォルズのマナーハウスでアフタヌーンティー 日帰り観光ツアー<4~9月/日本語アシスタント/入場料込>by [みゅう]

最高の一日でした!

投稿者: tinaco, 2018/09/30

ツアーに参加した日はお天気も良く最高の一日となりました。
行きたい場所をキュっと詰め込んだような素敵なツアーでした。

待ち合わせ場所はビクトリア駅改札付近。
日本人の他のツアーの待ち合わせと一緒で多くの人が集まっており、とても分かりやすかったです。お手洗いも集合場所のすぐ近くにあり、駅のお手洗いですがとても綺麗で安心して使用することができました。

まずはストーンヘンジに行きました。
天気は良かったのですが、風が強くとても寒かったことを覚えています。
まず駐車場について、そこから入場チケット、音声ガイドをもらい自分たちで中に入ります。ツアーガイドさんは中に入らず駐車場で待ち合わせとなりました。

中に入ると、すぐストーンヘンジではなく、バスで移動します。
バスは5分位だったでしょうか。歩いてもストーンヘンジまで行けるらしいのですが30分くらいかかるとのこと。
迷わずバスに乗ることを選択。
ストーンヘンジに着いてみると周りには何もなく、羊たちと共存しておりました。笑。ずっと行ってみたいと思ったストーンヘンジ。
周りに何もないからこそ感慨深い思いがぐっとこみ上げるとても素敵な場所でした。

帰りのストーンヘンジから駐車場がある場所までのバスの移動ですが、観光客が多いと割と待たされることがあるようです。
私の前にちょうど30人位の中国人の団体ツアーがおり、すぐバスに乗れないかも、と冷や冷やしましたが、まだ全員が集まっていなかったらしく到着したバスに乗ることができました。
バスの移動があるので余裕を見ての移動をお勧めします。
バスで帰ってきた場所にお土産屋さん、展示室があります。
展示室の外ではストーンヘンジで使用されている岩にもさわることができます!パワーストーンと言われる石ですが、思いっきり抱き着きパワーをもらうことができました。

次はバースです。
バースでは遺跡の見学はせず街歩きを楽しみました。
次に行くコッツオルズでアフタヌーンティーを食すことは分かっていましたがお腹がすいてしまい、ガイドさんがお勧めして下さったパイを食べました。
外には色々座れる場所が設置されており、外で食べることもできます。
ロンドンとはまた違った雰囲気で街歩きを楽しむことができました。

最後はコッツオルズのカッスルクームです。
バスが早く到着したこともあり、マナーハウスに行く前、町の中を散歩する機会をガイドさんが作って下さいました。
短い15分ほどの時間ですがとても綺麗な街並みを写真にとることができました。
マナーハウスもとても素晴らしいお屋敷で、このような場所でアフタヌーンティーを頂ける機会は中々ないと思いました。
どのスコーン、サンドイッチ、ケーキも素晴らしく美味しかったです。
中でも私はマスタードのクリームをつけて頂くチーズスコーンが一番のお気に入りです。

本当にこのツアーは素晴らしいツアーでした。
残念だったことは、ツアーに参加された方々とあまりお話が出来なかったこと。勇気をだして、お話する機会を作ればよかったと後悔しております。
次回、このようなツアーに参加するときは人との交流も是非楽しみたいと思います。

催行会社からのコメント

この度のご参加有難うございました。

また詳しいコメントも有難うございます。

仰る様にトーンヘンジでは入場口からストーンサークルまでは、徒歩ではなく、シャトルバスで移動するのが正解ですね。

お食事も十分お楽しみ頂けて良かったです!

またのご利用お待ち致しております。

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2018/09/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

2大世界遺産ストーンヘンジ&バース 日帰り観光ツアー<英語ガイド/入場箇所選択可/ロンドン発>by Evan Evans

すべてが満足の旅でした!

投稿者: 大橋 亮子, 2016/05/21

今回初めて、バースとストーンヘンジを訪れました。短い日程の旅でしたので、個人で行くには時間を有効に使えないと思い、ベルトラで見つけたツアーに参加しました。日本人だけのツアーではなく、バイリンガルのガイドさんということで多少不安はありましたが、中学生の息子にもいい勉強になるだろうと申し込みました。当日朝は、宿泊しているホテル(ヒルトン パディントン)に迎えに来てくれるので非常に助かりました。集合場所まで送ってくれるのですが、朝早い集合時間、ロンドン到着2日目で地下鉄に慣れていない中、集合時間に遅刻しないかとヒヤヒヤしながら行くことを考えると(タクシーも渋滞があるので)、雲泥の差です。優雅に朝ごはんを楽しみました。特筆すべきサービスです!集合場所のビクトリアコーチステーションではたくさんの人やバスの中から、自分のツアーを見つけるのに少々手間取りましたがスタッフに尋ねたりしてギリギリで見つけることができました。危うく英語ガイドのみのツアーバスに乗り込んでしまうところでした。バスの前ではガイドさんがにこやかに私たちをお迎えしてくれました。イギリスの方で名前はケビン。とてもとても流暢な日本語で、親切で、頼りになるガイドさんでした。一組だけオーストラリアからのご家族がいらっしゃったので日本語と英語を交互にお話ししていました。まず最初にストーンヘンジです。広い平原にストーンヘンジが現れると、朝早くてウトウト気味だった息子もお目々ぱっちり(笑)テレビなどで見ていたストーンヘンジが目の前にあるので興奮気味です。日本語のイヤホンガイドを操作しながらしっかり見ていました。強い風も何のそのです。ビジターセンターでお土産を買ったり、トイレを済ませたりして次の目的地バースへ向かいます。トイレはとてもきれいにお掃除されていました。バースはローマ時代の浴場跡遺跡が有名ですが、街もとても綺麗でうっとりしました。あいにくの雨でしたが、それもまた情緒があって、とても素敵なお散歩の時間でした。バースでは割と自由時間が多めにとられていたので、ローマンバス博物館をしっかり見ても、ショッピングや散策も充分楽しめました。私は名物のパンが食べたかったのですが、息子がどうしてもマックに行きたいというので、バースに来てまでもマック(笑)ツーリストℹ︎でマックの場所を聞いたのですが、ℹ︎のお姉さんもとても親切でした。今度訪れる時は、是非スパに行ってみたいです。ロンドンへ戻る時は3カ所で降車できるようでした。7時といってもまだ明るいロンドンを楽しもうという方々はガイドのケビンに降りる場所やレストランなどのアドバイスを受けていました。ケビンが揺れるバスの中、一組ずつ廻って丁寧に教えてくれました。今回のツアーは内容もガイドさんも大満足でした!今回の旅行のプランニングで初めてベルトラを知りましたが、ラインナップも多いし、ユニークなツアー(アフタヌーンティーを楽しみながら市内観光など)もあります。帰国してからも次の旅行を計画しながら、ベルトラのサイトをポチッとしています

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2016/05/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

パリ日帰りツアー 到着後自由行動 パリ・ビジットパス1日券付き<ユーロスター利用/ロンドン発>

パリへは1日弾丸ルートでしたが、バスに乗れて楽しめました(^^

投稿者: Gershwin, 2014/09/28

はじめてのロンドンでしたが、パリまで行けて良かったです。
42番のバスでエッフェル塔まで行き、凱旋門、ルーヴル美術館、
ノートルダム寺院を回って、最後はシャンゼリゼ通りを散歩して楽しんできました。

なお、下記情報はご参考です

現地到着後、Evan Evans Toursへ英語で連絡する必要があったので
前日、携帯電話からかけると国際電話費も持ったいないので、
当方は街中の公衆電話から電話しました。
(ある意味、経験上、ロンドンの公衆電話ってこうなってるんだで面白かったです)

アールズコート駅付近のイビス・ロンドン・アールズコートホテルで宿泊していましたが、
集合時間の6時15分までに地下鉄で行けるか、ホテルスタッフに尋ねたところ
地下鉄では無理でタクシーがいいとのことでしたので、事前にタクシー予約して
セント・パンクラス駅へタクシー(25ポンド+チップ)で行きました。

ゲート5の近くでEvan Evans Toursのスタッフが"Evan Evans Tours"と声を発しているので
直ぐにわかりました。

あんまり、深く考えてなかったことは、
ロンドン→パリ→ロンドンと往復するわけですから国の入出と同じです。
なので、パスポート必須で、チェックは飛行機で入国するのと同じ扱いです。
ロンドンからパリへ行くときは簡単なパスポートチックぐらいでしたが、
逆にパリからロンドンへ帰るときは、飛行機と同様なチェックで
入国カード(LANDING CARD)も同様に記入が必要でした。
そのため、入国カードへ記入するため事前に滞在するホテル等の情報は
控えておいたほうがいいです。
あと、パリ北駅からユーロスターへ乗る場合、到着した場所ではなく、2階になります。
2階へ行く場所がよく分かり難くかなり、北駅でウロウロしてしまいました。
場所が判っていればなんということもないんですが...
できれば、駅で渡される案内紙に発車時刻だけでなく、
どこから入場するのかその場所を記載してくれていれば、なお、親切かと思います。


当方のパリの1日弾丸ルートは下記です。
北駅 -- 42番バス --> エッフェル塔
-- BIR-HAMEIM(駅) --(地下鉄6号線)--> CHARLES DE GAULLE ETOLE(駅) --> 凱旋門
-- (地下鉄1号線) --> PALAIS ROYAL-MUSEE DU LOUVE(駅) --> ルーヴル美術館
-- (地下鉄1号線) --> HOTEL DE VILLE(駅) --> ノートルダム寺院
  -- (地下鉄1号線) --> CHARLES DE GAULLE ETOLE(駅) --> 凱旋門
  -- 徒歩(シャンゼリゼ) --> コンコルド
-- (地下鉄1号線) --> CHATELET(駅) 乗り換え --(地下鉄4号線) --> 北駅


42番バスは渡される Paris Visite Cardsで乗れます。
バスだと敷居が高いと感じるかもしれませんが、気軽にのれます。
北駅のバススターションはタクシー乗り場と反対方向にあります。
降りるときは、最大の目印エッフェル塔の側で降りればいいので困ることはないと思います。
詳しくはインターネットで"パリ バス 42番"検索すれば良いかと。

徒歩でシャンゼリゼ通りを歩いて1時間あれば、コンコルド広場へたどり着きますが、
もし、歩き疲れたり、時間が足りなくなったら、地下鉄1号線に沿って歩いていますので、
最寄りの駅にのって上記のルートで北駅まで帰れます。
参考まで

  • エッフェル塔

  • 凱旋門

  • ルーヴル美術館

  • ノートルダム寺院

  • シャンゼリゼ通り

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2014/09/24
この体験談は参考になりましたか? [はい]

2大世界遺産ストーンヘンジ&バース 日帰り観光ツアー<英語ガイド/入場箇所選択可/ロンドン発>by Evan Evans

ストーンヘンジは他に類を見ない不思議な世界遺産!是非見るべき!

投稿者: まーくん, 2016/05/09

2016/5前半のプランで申し込みました。二人目が無料になるモニタープランということと、絶対一度は行ってみたいと思っていた「ストーンヘンジ」のプランだったので、他の旅行会社のプラント比較することも無く、迷わず申し込みました。
トータルすると「行って非常に良かった」五つ星です。中学校のころの英語の教科書に出ていた「ストーンヘンジ」を自分の生の目で見ていることに非常に感動・感銘を受け、興奮して写真とビデオを取り捲りました。その後の「バース観光:世界遺産」も良かったです。「ローマンバス・博物館」はツアー料金に含まれておらずに、自己負担で15ポンドだったので最初はためらったのですが、雨も降っていたこともあり入場しました。これも入場しておいて良かったと思います。(入場していなかったら後で後悔していたと思う)
単に温泉が湧いている広場を見るだけと思っていたのですが、内部は結構見所満載でした。博物館見学後も町を散策するには十分な時間がありました。
結論からいいますと、このプランは是非お勧めします。以下にメリットとデメリット(というよりは不満点)を記載します。
■メリット
①日本から申し込めるプランなので安心感がある。
②ストーンヘンジは個人で行くにはレンタカーなど限られた交通手段しか無いと思う。バスで寝ている間(車窓観光している間)に到着するのは効率的。※チケット購入などに窓口に並ぶ必要も無い。
③ガイドさんが付いているので、説明もあり観光している箇所の歴史を知ることができる。
④個人で行くより安く済むのかも(これは調査したわけではありませんが)
■デメリット(というよりも不満点)
①申し込み時に「ホテルピックアップ」で申し込んだが、バウチャーには間違いで「ビクトリア駅」と記載されていて、日本出発前に事前に気付き訂正をお願いして修正をしてもらいましたが、このようなミスがあると「本当にホテルにピックアップに来てくれるのか」と当日不安でした。それと、このミスを伝えるのに直通電話が無くメールでのやり取りだけだったので、時間がかかりました。出発間際にこのようなことがあると致命的と思います。
②ホテルピックアップは他のプランの方と混在で、ビクトリア駅に全てのプランの方が集合してそこで各バスに振り分けられるのですが、英語での案内だけで「自分が申し込んだプランはどこのゲートから出発するのか」と右往左往しました。GW中だったので他にも日本人が多数いて、同じプランの方を見つけてその方と現地旅行会社の方に確認して無事に該当のバスに乗れましたが、間違う方もいるのではと思いました。
③プランは日本人だけでなく外国人も混載でした。ガイドさんは日本語と英語で説明していましたが、急に言語が切り替わるので肝心なこと(集合場所や時間も)が頭に入ってこない時があって戸惑いました。

デメリットは海外ならではと割り切りましたので、全体的には良かったです。

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2016/05/02
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ビートルズファンにおすすめ!リバプール列車日帰り観光ツアー by Mybus<ロンドン発>

憧れのリバプールへ聖地巡礼

投稿者: BadBoys, 2014/09/04

昔からビートルズの大ファンである家族3人でこのツアーに参加しました。
ロンドン・ユーストン駅から高速列車に揺られて2時間。
ビートルズの故郷、憧れのリバプールへ聖地巡礼!

リバプール・ライムストリート駅を降りた瞬間、港町の匂いや街中を飛ぶカモメにテンションが上がり、頭の中には既にBGMが…。
まずは彼ら4人の秘密を知るべく、ビートルズ・ストーリーへ。
ここではビートルズ結成の経緯から、世界的バンドへ成長するまでの彼らの変遷を詳しく知ることができます。日本語オーディオガイドも借りられるので安心。
入口に列ができていても、バウチャーを持っていれば優先的に中に入れます。

自由に昼食をとった後、待望のマジカル・ミステリー・ツアーへ。
世界中からファンが集まるこのツアーは大人気で、ほぼ満席。
個人では行きづらい様々な場所へ連れて行ってくれる特別なツアーです。
有名な歌詞に出てきたあの通りや店、そして彼らの生まれ育った家や街をバスで巡ります。車内は愉快なMCとビートルズの音楽で盛り上がり、素敵なひとときを味わえます。集合場所はインフォメーション前ですが、バスの前に並んでいる人の方が先に乗車していました。
最初は車窓からリンゴの生家が左側、育った家とソロアルバムのジャケット写真のパブが右側に見えます。
次はペニーレーン。下車した場所はPenny Laneの看板があるだけですが、あとで歌詞に出て来る床屋が左側に見える道を通ります。できればこちらの道を歩きたかったので少し残念。
続いてジョージの生家で下車しますが、人が住んでいるので少し離れたところから見ます。今度はジョンとポールが出会ったセント・ピーターズ教会のホールが右側の車窓から見えます。
ストロベリー・フィールズは、鮮やかに塗り直された赤い門の前で下車します。
次はジョンの家が左側に見えるところで少し停車してくれます。そしてポールの家で下車します。どちらもナショナルトラストの管理になっています。最後に3人の通った学校とオブジェが左側に見えます。
という訳で、バスの座席は左側がおすすめ。

マジカル・ミステリー・ツアーを終えると、バスはマシュー・ストリート近くで私達を降ろしてくれます。かつて彼らが演奏した地下のキャバーン・クラブでは、ビールを飲みながらライブを楽しみ、タイムスリップしたような感覚。
バーのカウンターで乗車時にもらったBoarding Cardを渡し、記念の絵葉書をゲット。

ビートルズ・ストーリーのあるアルバート・ドックはレストランやカフェも充実。お土産を買う時間もたっぷりあるので、あれこれと迷ってしまいます。
最初は自力で行くことも考えたのですが、平日朝の直通列車が結構高く、入場料等と合計するとツアーの方が安かったのでこちらを選びました。
ツアーと言ってもほとんど自由に行動できるので、彼らの過ごした街を気ままに散策でき、ビートルズファンにはたまらない時間を過ごすことができました。

  • リンゴの育った家とエンプレス・パブ

  • セント・ピーターズ教会のホール

  • 通った学校とオブジェ

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2014/08/13
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エジンバラ城入場つき!自由に巡るスコットランドの首都エジンバラ日帰り観光ツアー<ロンドン発>

長旅が大丈夫なら

投稿者: シンクレール, 2017/11/24

キングスクロス駅のチケット改札前集合とありますが、これまでの投稿情報をもとに、インフォメーションの前で待っていると担当の方が。
構内は広いので、注意が必要です。
担当者の方から、座席番号の説明などありますが、切符には座席番号が書いていないので、ここは聞き漏らさないほうがよいかと。
(車内のシートの上方に、予約票があり車内でもわかるはわかるのですが、念のため)

一等車の利用でしたので、朝ご飯やドリンクがでてきます。
他の日本人の方と相席でしたが、情報交換などできありがたかったです。
朝食はキッシュやベーコンロール、イングリッシュブレックファーストなどから選べますが、量は少なめ。
ドリンクはリンゴジュースやコーヒー、紅茶など何回も頼めます。
電源もありますので、タブレットなど充電しながら見て時間を過ごしました。
車窓から海も見れたり、牧草地もみれたりと何もなしでも面白いです。

エジンバラに到着すると、ロンドンとはまた違う、歴史の重みがひしひしと感じられて興奮しました。
ホップオンバスは4系統出ていますが、バスの発着所の係員の人が丁寧に教えてくれるので問題はありません。赤いバスでした。
日本語のガイドを聞きながら町の景色をみて、『ハリーポッター』の著者J.Kローリングが執筆をしていたエレファントハウスへ。
ミートパイを注文しましたがボリュームもあり、食べ応え抜群。

その後エジンバラ城を訪れましたが、大きな岩の上に造成された城は迫力満点で、スコットランド王継承の「運命の石」や剣など見るべきものがたくさんあります。
スコッチウイスキーの試飲などもできますし、時間を使おうと思えばいくらでも使えてしまいます。

城をでてロイヤルマイルを歩くと、カシミヤマフラーやストールのお店が軒を連ねます。
スコットランドのタータンチェックは種類も豊富ですし、値段がはるものもあれば、セールのものもあるのでご予算次第でいろいろと選べるかと。

ホリールード宮殿や、カールトンヒル、アーサーの玉座などもいってみたかったのですが、時間の関係もあり、あとスコットランド国立美術館へ。
フェルメール、エルグレコ、ベラスケス、ゴッホ、モネ、ラファエロなどの絵画をゆっくりじっくりとみられて、最高でした。
リュックをしょっていると、5ポンドのクロークに預ける(寄付扱いになるので返金はなし)か、前に持つまたは手提げにするように注意されます。

滞在時、ちょうどクリスマスシーズンだったので、出店がたくさんでていて食べるのもみるのも楽しめました。
ライトアップされた街並みも必見です。

帰りの電車は、ラップ、チーズパスタ、地中海式煮込み料理などからディナーをチョイス。
量もすくなく、味も正直期待しない方がいいかと。
ビールやワインなど朝とは違うドリンクでしたが、飲み放題です。

本当は1泊したほうがいいかもしれませんが、十分に楽しめました!

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2017/11/20
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴婦人の城リーズ城、カンタベリー大聖堂、ドーバーのホワイト・クリフ 日帰り観光ツアー <日本語・英語> by Evan Evans Tours

盛りだくさん

投稿者: Nahoko, 2016/10/05

個人では行きにくい郊外の観光地に行きたいと思いこちらのツアーに参加しました。
ツアーの案内では3ヶ所ですが、トイレ休憩も兼ねてなのか?空軍メモリアル館にも帰りに立ち寄り、結果的に4ヶ所の観光地を巡ることができました。
日本語・英語のツアーに参加したので、待ち合わせの場所や時間等の心配なく安心して参加できました。

リーズ城は自然あふれる中にあり、参加した日の天気もよく気持ちよく過ごせました。
自由時間は1.5時間ほどでしたが、コンパクトなお城ということもあって十分見る時間はありました。
ただ事前情報なくいってしまったことあり、最初はやや早足気味で回ってしまいました。
A4両面ほどの日本語版パンフレットが置いてあったので、城内のそれぞれの部屋や調度品の内容を把握しながら回れたのは良かったです。
リーズ城の敷地にはカフェも併設されており、時間があればそちらでお茶をするのもいいかもしれません。

カンタベリー大聖堂は私が参加した日は大聖堂は閉まっていたため、中に入ることはできませんでした。
ツアー当日にガイドさんより大聖堂内は閉まっているという話を聞きいていましたが、大聖堂を目の前にして入れないのは仕方はないとはいえガッカリしました。
ただ、私が参加した前週も事前情報では大聖堂内には入れないということでしたが、実際には入れたということもあるとのことなのでこればかりは運なのでしょうね。
こちらの自由時間も1.5時間でしたが、大聖堂の敷地内には入れたので地下の回廊の様な箇所を見たり、カンタベリーの町を散策していたら時間があっという間に過ぎてしまいました。
集合時間は15時でしたのでこの自由時間内に昼食を取りましたが、カンタベリー大聖堂内に入れていたら昼食を取る時間がなかったと思います。
これから行く方は、バス内でも食べられるものを用意していったほうがいいかもしれません。(熱い食べ物はNGですが、マックは大丈夫のようです)

ドーバーのホワイトクリフはこのツアーに参加しなければ訪れることも無かったので良い経験になりました。
海岸には様々な色の小石があり、日本にはない景色にアッと驚きました。
運が良ければフランスが見れるとのことですが、私が行ったときは残念ながら見ることができませんでした。
こちらの自由時間は10分程度で写真を撮ったり、少し散策することしかできませんでしたが、このツアーで一番印象に残るものとなりました。

最後にトイレ休憩も兼ねてか、空軍メモリアル館に立ち寄りました。
高台に建つこの博物館からはホワイトクリフやドーバー海峡が見ることができ、写真を撮る場所として最高でした。


時間を気にしてしまうこともありましたが、ツアーだと効率よく回れるので参加して良かったです。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2016/09/21
この体験談は参考になりましたか? [はい]

テムズ川 ディナークルーズ <4コースディナー/現地集合・解散>byシティクルーズ

最高の思い出

投稿者: Yuki, 2014/07/04

姉と二人で参加しました。パリでもディナークルーズに参加していたので、ある程度は予測していましたが、このクルーズはそれを上回る楽しさでした。その理由はアッパーデッキがある船舶だったことと、全体のふいんきがカジュアルなので気取らないでのんびりできたからです。食事の席は、チェックインの順番で窓から案内されているみたいで、私達も早い順だったから窓際の席に案内されました。チェックインの時にシャンペンを渡されて、その後席に着いてから余りたたないで、パンとアピタイザーがサーブされました。席に案内されてから出航前に30分くらいありますが、その間もこうして楽しめるのがよかったです。

船はウェストミンスターからグリニッジを通ってO2アリーナまで2時間くらいかけて行き、そこからウェストミンスターに戻りました。初夏ということもあり、出航時はまだ明るく、その後夕焼けから夜景と、色んな表情の景色を楽しめました。食事もおいしく、メインにはハーフボトルのワインが付いていますが、ソフトドリンクへの変更がフリーで出来、ワインのアップグレードが別料金で出来ます。水を別に頼むとボトルで出て、後で払うようになっていました。食事の合間にショーとして女性歌手の方がカラオケで歌を歌ってくれます。ミュージカルや映画の有名な歌とか、70~80年代のポップとかを歌ったのですが、知っている曲も多かったので、私達は楽しめました。席は老若のカップルで8割くらいうまっていました。そのせいか、全体的にのんびりとした感じで、ゆったりと楽しめました。

今回のクルーズで一番よかったのが、タワーブリッジです。全員がアッパーデッキにでて、ライトアップされたブリッジとロンドン塔を堪能しました。このライトアップされたタワーブリッジの下を通り抜けるのが、本当に美しかったです。これだけでもこのクルーズに参加できて、本当に良かったです。食後はこのように、アッパーデッキで景色を楽しんだり、フロアで踊ってみたりと、それぞれが思い思いのまま楽しんいました。私達は主にアッパーデッキで夜景を楽しみました。

今回のディナークルーズは、以前参加したパリのBateauxとちがって、とってもカジュアルな感じで、服装も気取らないし楽でした。後、席で夜景の楽しみ度が左右される他のクルーズと違って、アッパーデッキのおかげでどの席でも夜景を堪能できるのが、このクルーズの一番いいところです。今度、パリでもこれと同じクルーズを探して参加しようときめました。後、ホテルのフロントに進められたので、帰りはTubeを使いましたが、11時過ぎでも安全で、すばやくホテルにも帰れて良かったです。天気とかも影響すると思いますが、このクルーズは本当にお勧めです。

  • London Tower

  • Tower Bridge

  • Appetizer

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2014/06/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ハリー・ポッター・スタジオツアー<鉄道チケット付/ロンドン発> by H.I.S.

初めてのイギリス、英語苦手でも大丈夫

投稿者: まなな, 2018/10/26

バスツアーが満員だったのとバス酔いが心配だったので、こちらの列車のプランで参加しました!
私が参加したツアーは9:30までにユーストン駅着き列車に乗る→11:00館内入場でした。
ユーストン駅のナショナルレイル路線まで行きます。チケット発券所は少し分かりづらかったですが、大きな電光掲示板向かって一番左手側奥にあります。「ticket」と書かれた看板の赤い機械がたくさんある場所です。
発券自体はクレジットカード挿入(お金は取られません)→予約番号入力→チケット発券 と簡単に操作できました!

列車に乗るまでに電光掲示板をこまめにチェックし乗り場を確認。座席は自由席なのでどこでも大丈夫です。もし座席に紙が刺さってる席があれば、他の方の予約席なのでそこは座らないように。

列車に乗りWatford Junction駅着いたら次はシャトルバス。
駅出てすぐ左手側にあります。ハリーポッターデザインの大きな2階建てバスがすでに止まってたので、すぐに分かりました。

係りの方に予約のバウチャーを見せ(HISの予約バウチャー)運転手さんから往復チケットを購入(現金のみ)。レシートを受け取りますが、このレシートは帰りのバス乗る時も必要なので絶対に捨てないでください。

15分ぐらい乗ったら到着!まずは入り口横の窓口でバウチャーとパスポートを提示しチケットを受け取ります。入り口入り進むと荷物検査とボディチェックがあります。
ここを終えた後日本語オーディオ借りる列があるので、必要な方は並びます。人数と言語を伝えたらOK。オーディオが必要なければそのままスルーし進みます。

そうするとレストランが見えてき、スタジオ内入場列があります。お土産屋さんもありますが、ここはツアー後でも入れるのでご安心を。
11時入場予約でしたが、10:40辺りに係りの方にチケット見せるとそのまま入場列並べました。

いよいよ館内入場。オーディオ借りましたが色んなお話が聞けてとても素晴らしかったです。個人的に気に入ったのが「禁じられた森」エリア。USJにあるフォービドゥンジャーニーというアトラクションの禁じられた森のシーンを歩いて見学する感じで、とてもリアルでした。酔い等であのアトラクションが苦手でもここならじっくり見れます。

私は一人で参加、所有時間2時間でした。英語が苦手でもハリーポッター大好きな方、少しでも興味ある方、何となく知ってるなど、どんな方でも楽しめるツアーだと思います。好きな時間に帰れるのがいいポイントですね。
イギリスに行きたい一番の理由が、スタジオツアーに参加したい事だったので本当に嬉しかったです。ありがとうございました!
この投稿が今後参加される方に少しでも参考になればと思います。

  • シャトルバス往復チケット

  • シャトルバス

  • ユーストン駅

  • スタジオ内入場列

  • 音声オーディオ

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2018/10/23
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

水陸両用車でロンドン観光&テムズ河クルーズ!ロンドンダックツアー<ロンドン発>

英語がわからなくても楽しめます

投稿者: チョビ猫, 2015/06/11

以前から乗ってみたかった水陸両用車ツアーに初めて参加しました。
申し込みの前日に、申し込んだ時間のツアーが人数不足で欠便となり、30分早い時間に変更出来れば参加OKとのメールがありました。
参加を検討される方は、そういった変更が無いかどうか、開催前日に必ずチェックされた方が良いと思います(日本のオフィスとの時差もある為か、私の場合、メールに気がついたのは開始時刻の12時間前でした)。最終時刻での申し込みだったので、気がつかなかったら参加出来なかったかもしれません。

集合場所に行くと、ともかく目立つ黄色い車がいるのですぐわかります。
受付の係の方が「あと2分で出るから、1つ早い時間の車に乗らないか?」と持ちかけてきたので、更に早い時間のツアーに参加する事になりました。
その辺りは乗船人数を見て、現場で適当に割り振っているようです。
8割は座席が埋まっていましたが、運良く前から2列目の窓側に席を見つけました。

ツアーは出だしは普通の車のように、道路に沿って進みます。
意外と高さがあり、2階建てバスよりは少し低いかな?といったくらいです。
窓ガラスも無く、なかなかよい見晴らしです。
エンジン音&揺れが普通の車よりすごいかもしれません。
あちこちの名所にさしかかるたびに、マイクで英語で説明が入りますが、英語力が低すぎて、もうひとつわかりませんでした。事前にツアーのルートを予習して乗れば良かったです。
それでも車窓の景色はとても面白いものでした。

ほどなくして、路地の脇の小さい踏切のような箇所から、テムズ川に入ります。
運転手の交代と、救命具の付け方の説明があり、その後、ガーっと川に入ります。
お客は大歓声!窓の外から、水面がすぐしたに見えます。
左手にビッグベンを眺めながら、じゃぶじゃぶと進んでいきます。
実に楽しいです。
川に入っているのは10〜15分くらいだったでしょうか。さほど揺れる事も無く、窓ガラスは無くても、しぶきで濡れる事はありませんでした。

その後、同じ場所から上陸し、元の地点(ロンドンアイ裏)に戻りました。
短時間に集中してのツアーなので、あまり時間が取れない方にお勧めです。
もし、小さいお子さんと一緒に乗船される時は、かなり揺れますので注意してあげて下さい。
私の後ろに座っていた幼稚園くらいの子は、車が水に入る前の踏切でものすごい揺れ(もしかして、どこかに車体がぶつかったのかも)があり、頭を座席にしたたか打ったようで、数秒後、強烈に泣いていました。
その子も水面に車が入ると、超上機嫌になったので、きっと大丈夫だったのでしょう。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2015/06/07
この体験談は参考になりましたか? [はい]

行き先が選べる!秘密のセブンシスターズ絶景ポイント鑑賞 リーズ城、カンタベリー大聖堂、ライ<貸切専用車/日本語>by フジサントラベル

カンタベリーからセブンシスターズへ(最高の思い出となりました)

投稿者: 日本の母, 2019/02/23

ロンドン滞在は4泊(中3日)の予定でしたが、初めて英国を訪れる息子にどうしてもイギリスの地方の風景を見せたく、申込みをしました。

目的地の候補はふたつ。①カンタベリー→セブンシスターズ ②カンタベリー→ライです。ネットで自分でも調べましたが、より具体的なアドバイスを事前にメールでいただき、その丁寧な対応ぶりに安心感が増しました。
結局、体調や天気で当日に決めることにしたのですが、その柔軟さも個人ツアーならではですよね。

当日、迎えにきてくださったドライバー兼ガイドの後藤さんは、英国で育ったバイリンガルの好青年。お天気も良く、また建築物より大自然に触れたいという私たちの気分で①の行程に決定しました。
道中、早速色々な話に花が咲きます。歴史やイギリスの文化、経済、さらにはエンタメまで、さすが生まれ?育っただけあるリアルなお話しが面白かったです。
カンタベリー大聖堂は私たちだけで内部を見学し(日本語のオーディオ貸出しあり)、街の散策は一緒に回り案内していただきます。
滞在予定時間は2時間でしたが、大聖堂をじっくり見ていたのと、the canterbury tales というお話し館に時間が取られ(勝手に早く見れないのが問題です)、お昼にパイのお店に寄ったり、、で結局その時点ですでに
時間オーバーです。
その後、セブンシスターズへの2時間ほどのドライブは、疲れてウトウトしてしまいましたが、むしろ丁度良いお昼寝となり助かりました。

そしてついに到着!個人仕様の車なので、絶景ポイントを目指してかなり奥の方まで歩かず行くことができます。
次第に目の前に広がる雄大な風景。旅行者が入ってよいかわからなかったであろう柵に囲まれたエリアも、後藤さんが案内してくださいます。
ちょうど日没時間だったために、空と海がブルーから紫、オレンジに変化していき、そこに最後の陽の光が走りぬけ、純白の岩壁が輝きます。
神秘的というか、その美しさは一生忘れることはできないと思います。

帰路はすっかり日も沈み、ロンドン市内には1時間半オーバーで20時頃到着しましたが、その価値は十分ありました。まさにイギリス旅行のハイライトと思える1日となりました。
最後に、道中も「伝統的なイギリス料理の食事をしたい」という私たちのために、レストランの予約をとってくださったり、次の日に観たいと思っていたミュージカルのオンライン予約を手伝ってくださったり、細やかで機敏なサービスに心から感謝しております。このツアーを予約して本当に良かったと思います。
後藤さん、フジサントラベルさん、ありがとうございました!

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2019/02/19
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

貴婦人の城リーズ城、カンタベリー大聖堂、ドーバーのホワイト・クリフ 日帰り観光ツアー <日本語・英語> by Evan Evans Tours

大満足のツアーでした!

投稿者: C.TOMA, 2017/09/27

こちらのツアーに母と娘、私を含み3人で参加しました。当日は、あいにくの雨。どんなことになるか心配でしたが、この心配を吹っ切ってくださったのがガイドさん。とにかく歴史に詳しい。感動したのは、これからツアーで訪れる場所だけでなく、通り道にある名所、ときにはパブや劇場の説明、歴史にまで精通していて、ツアーのバスの中はほとんどお話をしてくださいました。日本人にはバスの前方の席を用意してくださるなど、特別感がありました。ガイドさんは、日本人の方ではなく、イギリスの方で、一人で最初に英語で、そのあとに日本語で説明してくださり、日本語を理解できる方なので、ツアーで心配事があればすぐに相談でき不安なく参加することができました。英語の説明に比べると日本語の説明は簡単にはなりますが、それでも英語のできない母は満足しておりました。英語の説明については、詳しすぎて感動します。英語の勉強に最適だと思います。リーズ城では、こちらのツアーのバスは他のバスより、さらに奥のリーズ城の近くまで行くことができたので雨の中で歩く負担もあまり感じませんでした。ツアーのスケジュールをみると、時間的に昼食をとる時間がかなり限られているので、昼の時間と重なるカンタベリーではテイクアウトで食べながら観光するか、観光を諦めて素敵なお店で食べるかどちらかかなと心配していましたが、カンタベリー大聖堂見学の前に、ガイドさんの計らいでおすすめのレストランに連れて行ってもらい、イギリスの伝統料理のフィッシュ&チップスとアップルパイを堪能することができました。好みはありますが揚げ物はビネガーをかけるとさっぱり美味しくいだだけます。わたしはイギリス料理に欠かせないパイ料理のステーキパイも注文しましたが、グレイビーソースとの相性抜群でした。あくまでもこの感想は私の味覚ですが、娘も喜んでおりました。アップルパイもさっぱりくどくなく、添えられたクリームも甘くないので、もちろん完食。お店は学生も多く利用する日本でいう食堂のような感じ。表向きの厳格なイメージのイギリスではない素朴なイギリスを感じることができます。最後はドーバーのホワイトクリーフ。バスの中から見るという形ではありましたが、とても近くまで行って下さり、さらにはドーバー城の写真撮影のためにバスを近くで停めてくださったりと、時間の限られた中で最大限イギリスを堪能してもらおうという気持ちが溢れたツアーだったような気がします。親子三代全員大満足。次も是非こちらの別のツアーに参加してみたいと思っています。

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2017/08/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ビートルズファンにおすすめ!リバプール列車日帰り観光ツアー by Mybus<ロンドン発>

マジカルなミステリーツアーでした。

投稿者: アストロノーツ, 2018/07/24

ロンドンからの鉄道往復切符と、ビートルズ博物館、マジカルミステリーバスツアーがセットになった個人ツアーです。
初めて英国の特急電車に1人で乗り、しかも、終点のライムストリート駅が
工事中で、途中でローカル線に乗り換えなくてならないなど、難易度が高く感じましたが、手配された通りに、順調に行動する事ができました。

早朝のユーストンから出る電車の出発ホームが、10分前くらいにならないと
分からない、この国の鉄道システムにドキドキしながら、ファーストクラス
での往復はとても快適でした。朝早く、帰りが遅いので、食事付きは有難い
です。リバプール中央駅に着き、ゆっくり歩いて15分位で、アルバートドック
に到着。 横浜の赤煉瓦倉庫の先輩のような感じのかつての繁栄を感じさせてくれる所でした。

ビートルズストーリーはそこそこ見応えがあります。
近くの海事博物館も無料で見れるので、ついでに見て回りました。

マジカルミステリーバスツアーの案内所で、バウチャーを見せて、
バスの整理券と引き換えを行います。
バスは綺麗に塗装されたマジカルミステリーツアーバスです。
ビートルズゆかりの地を回る2時間あまりのツアーで、リバプールも
結構広いんだなって思う程、郊外まで進んでいきます。
リンゴとジョンの住んでた家は、バスの中から見学です。
ジョージの家は住宅地の奥まった所に、徒歩で向かいます。
途中狭い自動車整備工場や、精肉業者のある細道を通ったり
して、なかなか一般の観光では難しい所にありました。
ポールの家も普通の住宅地です。

観光用のタクシーがあるらしく、そちらの方が細かく運転手が
案内してくれてるみたいです(語学力があれば、絶対こちらもおススメ)
あっと言う間にバスツアーが終わり、繁華街を歩きつつ、
キャバーンクラブへ向かいます。
のつもりが、反対側にキャバーンパブなる紛らわしいお店があり、
間違って入ってしまった。お店の方に(反対側だよ〜)と親切に教えて
いただき、反対側に。

結構地下深くにあるのに驚きつつ、中へ。
再生された所とはいえ、まさにキャバーンクラブだ!
暗く、狭く、アーチ状の天井、一番奥の狭いステージ。
入るのは無料、でも、中での演奏を聴いてると、喉が乾くので、
カウンターで飲み物を注文。世界中からファンが来ているだけ
あり、ビートルズ熱唱 盛り上がり半端ない。

帰りは、興奮の余韻を残したままロンドンへ。
7月は9時過ぎまで明るいので、ホテルまでの帰り道も
夕方に帰る感じで、歩いて帰れた。
とっても充実した内容でした。





評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2018/07/18
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ビートルズファンにおすすめ!リバプール列車日帰り観光ツアー by Mybus<ロンドン発>

ビートルズが好きということで、このツアーに決めました。

投稿者: cookie, 2014/08/03

予約は、ネットから予約だったので出発前の日本からできました。
ツアー前日に、ロンドン市街にあるリバティビル内にあるマイバスで当日の列車のチケットとイベントのバウチャーを受け取りました。日本人スタッフだったので、安心して疑問点なども細かく聞けよかったです。
当日はユーストン発の7時7分発の列車に乗車、食事はついていないコースだったので、乗車前に食事を買い、列車内で朝食。目的地は終点駅のため、乗り過ごしの心配もなく無事にリバプールに到着しました。
ビートルズストーリーのあるアルバートドックまでブラブラ歩きましたが、ロンドンと同様歴史を感じさせる建物が多い中、時折、斬新なデザインの建物も同居していて、散歩がてらよい運動になりました。
ひとつめのイベント、ビートルズストーリーでは、4人が出会ってから絶頂期、解散、そしてソロの活躍に至るまでをブース形式で時系列に展示してありました。音声ガイドでは日本語も選べ、各ブースごとに細かい説明もあり、ビートルズのことをあまり知らなかった相方も、多少知識があった自分もお互いに分かりやすいガイド内容でした。1時間半くらいかけてまわりましたが、移動距離の割にはガイド時間が長く、なかなか前に進みにく、立ってきいているのは疲れた印象です。すべて見終わりスターバックスで昼食をとりました。
14時に次のイベントであるふたつめのマジカルミステリーツアーの集合場所につきました。前日にもらっていたバウチャーを渡して、バスに乗車。事前に日本語でかかれた当日の順路紹介などももらっていたので、ガイドさんは英語でしたが、どこをまわっているかがわかりました。
ペニーレイン、ストリベリーフィールズ、ジョージ、ジョン、ポールの住んでいた家など通っていた学校など。その場所にゆかりのある曲もバスのなかで流れ、割と盛り上がっていました。そして、最後はデビュー当時ライブを行っていたキャバーンクラブ近くで解散し、各々で散策。自分たちは、そのあたりでビートルズのお土産が見つけられなかったので、お土産はアルバートドックスのビートルズストーリーの出口にあるお店で買っておいた方がよいかもしれません。
夕方の列車の時間まで、市内をブラブラして、時間をつぶして帰路につきました。

リバプールは、世界遺産に登録されているだけあってロンドン同様、歴史を感じさせるいい街でした。次回は1泊ツアーで参加して、ショッピングモールなども行きたかったなと夢は広がるよいツアーでした。

  • ツアーバス

評価:
利用形態: カップル・夫婦
参加日: 2014/07/11
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

アーセナルの本拠地 エミレーツ・スタジアム&ミュージアム見学ツアー<日本語オーディオガイド/ロンドン発>

1人でも楽しめるスタジアムツアー

投稿者: usako, 2015/03/18

これまで、何度も訪れているロンドン。
以前から、親戚の家に行く途中の電車からスタジアムを目にし、気になる場所でした。

今回は一人旅で比較的自由な時間があり、どうしようかと思っていた時にこのツアーを見付け参加することに。

地下鉄のピカデリーラインで駅まで行くと、改札を出て後は右手に進んでいきます。
アーセナルのお土産袋を下げた人達と何組もすれ違ったので、方向は間違っていないと分かりました。

程なく、スタジアムが見えて来ます。

階段を登り、右手に進み、スタジアムツアーの矢印が↓となっていたので、その階段を降りると、ショップの入り口が。

お店の中に入って行くと、ツアーの入り口があります。

そこでバウチャーを見せると、赤いイヤフォンを手渡され、日本語のガイドをリクエスト。

簡単な操作方法も説明されるので、機会が苦手な方も問題ないと思われます。

後は、矢印やモニターガイド聞きながらじっくり堪能します。

自分のスピードで進めるので、写真を撮りたい時に取り、読みたい記事は足を止め、のんびりと過ごすことが出来ました。

個人的にはホームのロッカールームが居心地がよく、しばらくクッションに腰掛け、色んな選手の場所に腰掛けて見える風景を楽しみました。

シャワールームやジャグジーもあり、実際に水を流しているので、そこだけ少し温水プールのように湿度が高かったです。

実際にピッチに抜ける赤いトンネルは、試合が行われていなくても非常に緊張感が高まります。

あいにく、小雨が降り始めましたが、気にすることなく、しばらくスタンドを見上げて居ました。

至る所にスタッフが立っているので、迷うことはありませんし、質問にも答えてくれます。

参加者は家族連れが多く、スペイン語、フランス語を話す人達も居ましたが、写真を撮る時は自然とお互い譲りあったり、特に問題はありませんでした。

1人で参加している人も私以外にもちらほら。

正直、特別アーセナルファンではないのですが、このツアーの満足度は非常に高く、今度はサッカー好きな友達を誘ってまた行きたいと思います。

ツアー参加の翌日、テレビでインタビューに応えている監督の映像が出ていましたが、インタビューブースも見学していたので、非常に親近感が湧きました。

私は13時頃着いて、のんびり回ってショップを見てもスタジアムを後にしたのが14時半頃だったので、60~90分の時間が取れる方はオススメです。

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2015/03/15
この体験談は参考になりましたか? [はい]

選べる観光スポット!コッツウォルズ・ストーンヘンジ・バース・グラストンベリー・ウィンザー城<貸切/日本語ドライバー/ロンドン発>by フジサントラベル

イギリスの海が見たくて、ツアー当日行先変更。大満足なドライブでした。

投稿者: okap, 2018/11/15

大手旅行会社の団体旅行の1日フリーの日、このツアーのOPもありましたが、フジサントラベルの体験談があまりにも評判が良いもで会社の同僚6人でウインザー城とグラストンベリーの2か所の城巡りを申し込みました。しかし、イギリスの海(有名なドーバー海峡)を見たくなり宿泊先のホテルにピックアップに来た鳴海ドライバーに相談したところ行先変更で商談が成立。
まずはウインザー城見学、入場時間前に到着したため鳴海さんお勧めの撮影ポイントに案内され国王の入場門で撮影タイム。その後、城内見学1時間程度。
次の目的地はドーバー方面にある中世の趣のある漁村(ライ)へ。ロンドンから高速道路をかっ飛ばし、一般道路も制限時速を守りながらもかっ飛ばし、ライ街に着いたのは午後1時過ぎ。
鳴海さんのお勧めのレストランでドーバー海峡で捕れたカニ、カレイ、シタビラメ、カニ、カキなど魚料理を6人でシアしながら堪能。我々が持つイギリス料理はフィッシュ&ポテトのような美味しくない国(全てパサパサ火が入りすぎて美味しくない料理)のイメージを一新。
食事の後は、中世の趣のある街並みや玉石を引き詰めたストリートを散策しながら高台にある教会へ。教会の塔の上までは急な階段を上りつめると下界の風景は絵葉書のような瓦ぶきの家並み。また、この街はアンティークでも有名みたいで、食器などの陶器を扱う店に入ってみたがちゃんと定価が貼ってあったので納得して購入(もともと言葉が通じないので値段交渉は無理)。
午後3時過ぎに、有名な海岸(セブンシスターズ)へ出発。我々のいるライから海岸まで直線距離役5Km。しかし、道は海岸と並行して走っているので車でかっ飛ばしてもなかなか着かない。11月中旬のイギリス、日没まで後僅か。車窓から見る太陽が沈みかけ、夕日が映えてきた。ドライバーの鳴海さんは制限速度守りながらがっ飛ばして午後4時30分前石灰岩の直壁の海岸に滑り込みセーフ。夕日に包まれたセブンシスターズの海岸を堪能。
帰り路は事故渋滞もありロンドンのホテルへは午後8時到着。
夕食は鳴海さんの行着きのタイ料理をテイクアウト(これの料理もナイスチョイス)。
行く先を変更したため時間延長は最初から分かっていたが、実質2時間延長のところ交通渋滞もあったので1時間延長(40ポンド)で良いと嬉しい請求。
永い道中も鳴海さんからイギリスの話を聞きながらアッという間。
お値段以上。大満足でした。

評価:
利用形態: 友達・同僚
参加日: 2018/11/12
この体験談は参考になりましたか? [はい]

湖水地方 1泊2日ツアー ヒルトップ入場料込み<4~10月/日本語ガイド/朝食付き/ヴァージントレイン利用/ロンドン発>

日帰りでは行けない湖水地方の様々な顔を見られるツアー 日本語ガイドも単なる通訳でなくて嬉しい驚き!

投稿者: さやか, 2018/09/30

1泊2日にするか日帰りにするか迷いましたが、結果的に、1泊2日にして良かったと思います。というのも、ボウネス湖周辺だけでなく、北のほうの他の湖やその周辺も行けたので、湖水地方のいろいろな顔を見ることができたと思います。もし、ボウネス湖周辺、とくにウィンダミア・ボウネス付近だけ訪れて、箱根の芦ノ湖畔みたい、という感想だけで終わっていたら、湖水地方の魅力のごく一部しか知らずに湖水地方を語っていたと思います。日帰りだと訪れるのが難しいところ、と後から聞いて、1泊2日のツアーにして本当に良かったと思います。日本からの旅行者では、時間の関係で日帰りにせざる得ないかたも多いので仕方ないと思いますが、ロンドン在住者で湖水地方に行っておきたい、という方は、日帰りツアーで湖水地方を知ったと思ってほしくない!というほど、1泊2日ツアーのほうがお勧めです。
混載ツアーで日本語ガイドが通訳する、というパターンかと思っていたので、日本人だけのツアーだったことが嬉しい驚きでした。そのおかげで、情報量も多く、聞きたいことがすぐに聞けて、お得感半端なかったです。ドライバーが地元で他の仕事をしていた経験がある人ばかりらしく、地元の人の生の声を拾ったガイドなんだな、と感じられるところが随所にあって、自力で行ったときには得られない、ガイドツアーにして良かったと思えるツアーでした。
宿泊は、Lindeth Howe Country House Hotel だったのですが、レストランの料理が、イギリスらしからぬ絶妙な火の通し方でとても美味しかったです(何を心配しているの?というくらいクタクタになるまで火を通すのがイギリスの調理の仕方、という印象があったので)。地産地消を目指していることがうかがえるメニューも、旅先ならではの食事をしたかった私には楽しいひと時でした(カンブリア地方のラムをいただきました)。
ガイドのこのみさんには、ツアー後も個人的なトラブルの対処もしていただき(私の不注意でなくした財布を取り戻してくれました)、ツアー自体ですでに満足していましたが、不測の事態が起きた時に親身になって対応してくださって、本当に感謝しています。また、このトラブルの解決の際、ドライバーのピーターさんもとても力になってくださったと聞いています。オクセンホルム駅からボウネスまでの送迎だけの縁だったのに、何か起きた時にはツアーのチーム全体で対処してくれる気持ちがとても嬉しかったです。

評価:
利用形態: ひとりで
参加日: 2018/09/28
1 人が参考になったと言っています。
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ハリー・ポッター・スタジオツアー<ロケ地巡り付きプラン有/ロンドン発>by Evan Evans Tours

参加してよかった 期待以上!

投稿者: おたふぐ, 2018/07/11

ハリーポッターファンであれば必ず満足できるスタジオツアーです。10年間の撮影期間中の大道具、小道具、絵画、衣装、特殊装置などすべてを見ることが出来ます。ユニバーサルスタジオのハリーポッターとは違い遊具ではなく、映画の裏側を見るツアーです。なぜこのツアーを選んだかというと私は海外在住なので公共機関で自力で行くことが出来ますが、当初直接ホームページで予約しようとしたら自分が行きたい時間はすべてうまっていて夕方の時間しか空いていませんでした。ツアーをみたら朝も午後一も空いていましたし、このツアーは送迎と入場券のみというシンプルなものなので決めました。参加日は満席で日本人は私たちだけでした。4時間という時間はちょうどよかったです。ツアーの集合場所が宿泊していたホテル(ヒルトンメトロポール、ヒースローエクスプレス下りて徒歩直線10分程度)だったということもあり決めました。13時集合でしたが待てどくらせどバスが来ず、ベルトラさんの注意事項通り10分待った後、現地のツアー会社に電話したら忘れてバスは出発してしまったと言われましたが戻ってきてくれました、30分待ってバスが来ました。私たちともう1組いました。ツアー参加者一覧が2枚の紙にかいてあり、2枚目が私たちともう1組の方の名前が記載されていたので見るのを忘れたと運転手さんは言ってました。英語が話せないと電話もできず置いてけぼりのままだったかもですので、英語が話せない方はビクトリア駅集合など3か所集合場所があるので多く人が集合する場所を選べば問題ないと思います。私たちは予約当初ヒルトンピックアップを指定したのにバウチャーはビクトリアできたのでベルトラさんに変更してもらいました、この時から嫌な予感はしていたのですが。。 ツアーの内容ですが、9歳の息子を連れて行きましたがスタンプラリーとゴールデンスニッチをさがすゲームができてそれを楽しめました。スタンプラリーのスタンプはインクではなく型押しなのではじめなんで押せないんだろうと迷いました。日本語ガイドをレンタルしましたがその機械の中に10年撮影終了時の映像や、ラドクリフ君などのオーディションの映像などがみれたうえ日本語でとてもよく理解が出来ました。お土産は空港にあるハリーポッターショップには無いものがたくさんです。食べるところもスターバックスもありました。 もう一度行きたいくらい楽しかったです!

  • 日本語ガイド

  • 日本語ガイド

  • 映画セットの模型

  • 映画セット

  • 入り口直ぐ

  • 9と3/4ホーム

  • まほうのつえ、はりー・ラドクリフ君の名前がどこかにあります。

  • お土産屋さん

評価:
利用形態: 家族
参加日: 2018/07/04
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ハリー・ポッター・スタジオツアー<オフィシャルバス利用/ロンドン発>by Golden Tours

ハリーポッター好きにはたまらない。そうでなくても楽しめる。

投稿者: tada, 2013/08/22

 妻と長男がぜひ連れて行け、ということで行きましたが、結論を先に言いますと「楽しい」。
 ただし、集合場所に行ってどうしたらいいのか、何も案内がないのが、珠にキズです。集合場所は、ツアーバスのターミナルになっていて、そこにWBスタジオツアーと書いてある立札がありまして、そこに並んでおくのが正解です。並ばなくてもバスには乗れますが、2階建ての2階部分には乗れないでしょう。往バス到着後、事務所のお姉さんが出てきて、バスの入口で、人数分のスタジオ入場チケットと帰りバスの乗車証が入った封筒をくれます。
 ガイドはいないのでそのままバスに乗って一時間ちょっとで現地到着。建物に入ってすぐ右に荷物を預けるところがあります。また、その隣は日本語も対応するデジタルガイドを5ポンドで配布していました。しかし、このデジタルガイド(実はこれiPod)、ハリーポッターを熟知していて、メイキングにそれほど興味がなければ、はっきりいって不要です。家族四人分借りましたが、妻と長男はほとんど使いませんでした。
 入口に並ぶ列の最後尾でお姉さんがチケットをチェックしていましたが、チケット記載の時間より30分早いにもかかわらず並ばせてくれました。本チェックはしばらく並んで入場前にあります。入場してからは、妻と長男にとっての夢の世界が広がっていました。6歳の次男もたいへん楽しかったようです。室内セット展示だけでなく、屋外セットもあります。室内展示では、特撮体験(ほうきに乗って空を飛ぶ)ができますが、結構並びます。
 展示をじっくり見て、特撮を体験し、屋外セットで売っている「バタービール」を飲めば、お土産を選ぶ時間がなくなりそう。好きな人ならこうなると思います。ちょうどいい時間で帰りのバスの時間です。
 帰りのバスは、行きで着いたバス停から乗ります。ワトフォード行きのバスも同じラッピングなので間違えないように気を付ける必要があります。途中、ベイカーストリートで止まってくれるのですが、結構な人数が降りていきました。
 英語力はあったほうがいいに決まってますが、そんなに心配する必要はありません。集合場所に着けば、明らかにそれとわかるバス(写真参照)、着いてしまえば、荷物を預ける必要がなければ並べばいいのですから。ただし、入場直後、シアターでのハリー、ハーマイオニー、ロンの案内映像は英語です。

  • このバスに乗っていく

評価:
利用形態: 小さなお子様連れ
参加日: 2013/07/30
この体験談は参考になりましたか? [はい]

ハリー・ポッター・スタジオツアー<オフィシャルバス利用/ロンドン発>by Golden Tours

思ったよりゆっくり見て回れるだけの時間がありました。

投稿者: cinemax, 2013/02/23

2013年2月初旬に行きました。ハリー・ポッターは劇場公開時に3作目まで見て、それ以降は見ていませんでしたが、ここを訪れる前にあわてて8作目までブルーレイですべて見ました。つまりガッツリのファンではありません。その前提で。
まず移動ですがリムジンバスではなく2階建てバス、かつ曲がりくねった道を行くので、あまり乗り物酔いはしないほうだと思いますが、帰りは酔ってしまいました。また、車内は思ったより寒いと思って準備したほうが良いです。特にこの時期。
ああ、そういえば早めに集合場所についても室内の待合室はなく、外で待つことになります。少々わかりづらい場所なので一度場所を確認してから、近くのカフェ等で時間をつぶすのが良いと思います。
スタジオ内はできたばかりでキレイでしたし、スタッフが気軽に話しかけてくれる(私は英語が挨拶程度しかできませんが、「どこから来たんですか?」「楽しんでくれました?」などととても楽しそうに話しかけてくれました。)ので、とても居心地のよい空間でした。あらゆるところにスタッフがいるので2人で行っても写真を撮ってもらうことに困ることはありません。
ハイシーズンではありませんので、行きのバスには2~3割程度の乗車率。中ではまずシアターで映像を見るのですが、そこの着座率も2~3割でしたので、とてもスタジオ内をゆっくり見ることができましたし、写真もゆっくり撮れました。
空いていたこともあり、ゆっくり見ていたつもりでもスムーズに見たいものを見れたという感じで、約3時間後のバスのお迎え時間まで1時間以上余らせてしまい、お土産売り場と入り口付近の休憩所(軽食も取れる)で時間をつぶすことになるくらいでした。この休憩所の暖房の効きが悪く寒かったのが唯一の不満です。(寒がりの方はひざかけなど準備していきましょう。)
スタジオ内はネタバレになるので詳細は書きませんが、最後の大空間で見られるものと、その空間の雰囲気にはとても感動しました。
ファンの人には大満足だと思いますし、にわかファンでも十分に楽しめるスタジオでした。バタービールも恐る恐る飲みましたが、勝手に想像していたよりもおいしかったですよ。
ロンドンは寒く、数日ある寒い夜をどのように過ごそうか考えていたのですが、1日はミュージカル(レ・ミゼラブル)、もう一日はこのツアーで時間を有効に使えました。夜帰着で

評価:
利用形態: 小さなお子様連れ
この体験談は参考になりましたか? [はい]

エリアからツアーを探す

イギリス ロンドンの観光地一覧

テーマで選ぶ

観光情報 | ロンドン観光| VELTRA(ベルトラ)

VELTRAがイギリスの観光情報をお届けします。