ロンドン塔 (観光情報) (観光情報) | ロンドン観光 VELTRA(ベルトラ)
1988年に世界遺産として登録され、約1000年の歴史を物語ります。観光客が多く訪れ、ロンドン観光には欠かせなくなっています。歴代の王がこのロンドン塔で暮らし、また政治犯や反逆者の監獄や処刑が行われていました。エリザベス1世やヘンリー8世の王妃アン・ブーリンもここで処刑され、多くの命がロンドン塔で去っていきました。ロンドン塔の奥へ進むと宝物庫があり、王や女王が実際に使われた輝かんばかりのダイヤモンドや金で目を奪われます。
歴史
イングランド征服を果たしたウィリアム1世が、外敵からロンドンを守るため1078年から要塞建設を始めました。その後、リチャード1世が城壁周囲の濠の建設を始め、ヘンリー3世が完成したとされます。要塞として建設されましたが、その後、宮殿、武器庫、宝物庫、監獄、造幣所、王立動物園、そして処刑場へと様々な用途で利用されてきました。またロンドン塔にはワタリガラスが大切に飼育されています。チャールズ2世が占い師に「カラスがいなくなるとロンドン塔が崩れ、ロンドン塔を失ったら英国も滅びる」と予言されて以来だそうです。

見どころ
【ヨーマン・ウォーダー・ツアー】赤と黒のコートを着た国王衛士たちが面白くロンドン塔の歴史の中へ誘ってくれます。ちなみにヨーマン・ウォーダーとは、22年以上軍隊で勤務し、退役軍人の名誉職。ツアーの案内人としての任務以外にも、夜警や見学者の安全を守る任務などをされています。
【クラウン・ジェル】戴冠式などで使われた王冠や金糸のマントなどが展示されています。中でも「偉大なアフリカの星」という世界最大のダイヤモンドは圧倒されます。
【オーディオガイド】ロンドンの背景や歴史などを聴くことができます。聴きながら館内を回るとより趣深い時間になるでしょう。
6アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    ロンドン市内の見どころを1日で巡る、日本語ガイド付きのプライベートツアー!ウェストミンスター寺院とロンドン塔は入場観光し、定番のテムズ川クルーズも含まれています。ツアーの最後には、ピカデリーサーカスでのショッピングタイム!
    日本語対応あり
    送迎付き

    GBP149.41

    グループ割引
    月, 火, 水, 木, 金, 土
    9時間 (午前)
  2. No.2
    数々の謎めいた事件の舞台となってきたロンドン塔は常に多くの観光客を惹きつけ、シーズン中はチケット購入にあたり長蛇の列で待つこともしばしば。足を運びたいけれど時間がない。そんな時はチケット事前購入をしてスムーズに見学を始めましょう!

    GBP27.50

    セット割
    毎日
  3. No.3
    ロンドン車窓観光とバッキンガム宮殿下車観光、セント・ポール大聖堂にロンドン塔入場がセットになった、ロンドン市内観光ツアー決定版。短期滞在の方にもおすすめです。観光ガイドとして最高の資格、ブルーバッジを持ったガイドが分かりやすくご案内します。

    GBP99.00

    16%
    OFF
    毎日
    9時間 (午前)
  4. ゆっくりと午後出発のロンドン市内観光のご案内。セントポール大聖堂のガイド付きツアー、ロンドン塔入場、タワー・ブリッジを巡るシティのバスツアー。ロンドンの魅力を存分にお楽しみいただけるオススメツアーです。

    GBP79.00

    ファミリー割引
    毎日
    5時間 (午後)
  5. ロンドン観光で外せないスポットをぎゅっと凝縮した1日観光ツアー。衛兵交代、ロンドン塔のガイド付き内部見学とテムズ河クルーズ、さらには高級デパートでのクリームティーなど、ロンドンのエッセンスが詰まった1日ツアーです。

    GBP125.00

    毎日
    8.5時間 (午前)
  6. 1年で最も街が華やぐ季節、クリスマス。ロンドンの街中がイルミーネーションによりライトアップされ、にぎわいを見せます。幻想的なロンドンの街を自転車で巡ってみませんか?ツアーの途中では、お好みで温かいモルトワインもお召し上がりいただけます。

    GBP27.95

    毎日
    3.5時間 (午後)

ロンドンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

イギリス ロンドンの観光地一覧

テーマで選ぶ

ロンドン塔 (観光情報) | ロンドン観光| VELTRA(ベルトラ)

1988年に世界遺産として登録され、約1000年の歴史を物語ります。観光客が多く訪れ、ロンドン観光には欠かせなくなっています。歴代の王がこのロンドン塔で暮らし、また政治犯や反逆者の監獄や処刑が行われていました。エリザベス1世やヘンリー8世の王妃アン・ブーリンもここで処刑され、多くの命がロンドン塔で去っていきました。ロンドン塔の奥へ進むと宝物庫があり、王や女王が実際に使われた輝かんばかりのダイヤモンドや金で目を奪われます。