セントポール大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ロンドン観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
セントポール大聖堂
4.14
ロンドンの中心的存在であるセントポール大聖堂。チャーチル皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げた教会でもあり、美しく荘厳な姿を誇ります。毎日礼拝が行われており、聖歌隊の素晴らしい歌声やパイプオルガンの演奏を聞くことができます。中に入ると、その広さと高い天井の豪華さ、そしてステンドグラスの美しさに心を打たれます。さらに中へ進むと、パイプオルガンの大きさにまた感動してしまいます。建築物は、古典的なバロック様式の中に、画期的な新しいデザインが取り入れられ、世界の建築に影響を与えたほどです。市内でも特定の場所から大聖堂への視界を妨げることがないよう建築規制が定められています。
歴史
セントポール大聖堂は、1891年に、フリンダース通りと、スワンストン通りの角、フェデレーション広場に隣接する場所に、ウィリアム=バターフィールドによって建造されました。 様式はネオゴシック様式です。 19世紀半ばには聖歌隊が作られています。 1939年には、少年と男性による聖歌隊が結成されました。

見どころ
セントポール大聖堂は左右の塔の先端に特徴があります。 色が違っているのは改装が施されたからです。 中は、美しいステンドグラスによって装飾が施されており、床部分はタイルによってモザイクに彩られて目を引きます。 大聖堂の楽器や、音響効果は高い評価を受けており、宗教音楽によるコンサートも開かれます。 回廊のスペースについては、ギャラリーとしても利用されます。 大聖堂の中で祈りを捧げる人々の姿があります。 基本的に一般開放はされていますが、ミサが開かれている場合は入場が出来無い場合もあります。

ロンドン人気アクティビティランキング

セントポール大聖堂の新着体験談

最高でした!

2020/08/05 ひとりで Zoomi

11時ぐらいに着いて、はじめに荷物検査がありました。それから中に入り、チケットにかえてもらいました。人も少なく、日本語マルチメディアガイドも借りれたので自分のペースで見学できてとても良かったです。
また機会があったら行きたいです!

足早に見たけど良かった

2020/01/04 友達・同僚 かとる

16時位に到着して足早に見学しましたが、荘厳な内部装飾が美しかったです。
どうしても塔の上に上りたくて、上への階段の閉鎖時間前ギリギリに飛び込んで何とかあがることができたのですが、そこからの夜景も美しかったです。
もう少しじっくり見たか... 続きを読む

閉じる

迫力あるバッキンガム宮殿の衛兵交代式

2019/11/16 ひとりで 千葉 俊明

目の前を馬車が次々に通り過ぎる光景は迫力がありました。
その他、ロンドン市内を回りますが、コースにテムズバリアが入っていなかったのが残念。テムズ川のクルーズはありますが、テムズバリアも見学コースに入れていただけると、なおよかったと思います... 続きを読む

閉じる

ロンドン観光!

2019/10/06 ひとりで English Rose

観光予定を決めていない気ままな一人旅での利用でした。
有効期間が7日だったので好きな時に行けてとても良かったです。

空いていました。

2019/08/24 ひとりで YOUDO

セント・ポールのチケット売り場は全く混んでいなかったので、予約しなくても大丈夫だったかな。。。と思いました。
でも、バウチャーを見せるだけなので楽でしたが。
中も静かで落ち着いて見学できました。

セント・ポール大聖堂堪能

2019/05/05 ひとりで もんた

チケットを事前購入していても引き換えのため列に並ばなければならなかったのでほんの少しの時間節約にしかならなかったが、日本語マルチメディアガイドの説明が充実していたのでセントポール大聖堂にまつわる知識がかなり得られた。塔を上るには脚力が必要で... 続きを読む

閉じる
セントポール大聖堂 (観光情報) (観光情報) | ロンドン観光 VELTRA(ベルトラ)
ロンドンの中心的存在であるセントポール大聖堂。チャーチル皇太子と故ダイアナ妃が結婚式を挙げた教会でもあり、美しく荘厳な姿を誇ります。毎日礼拝が行われており、聖歌隊の素晴らしい歌声やパイプオルガンの演奏を聞くことができます。中に入ると、その広さと高い天井の豪華さ、そしてステンドグラスの美しさに心を打たれます。さらに中へ進むと、パイプオルガンの大きさにまた感動してしまいます。建築物は、古典的なバロック様式の中に、画期的な新しいデザインが取り入れられ、世界の建築に影響を与えたほどです。市内でも特定の場所から大聖堂への視界を妨げることがないよう建築規制が定められています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜