世界的に有名なサー・アーサー・コナン・ドイルの探偵小説、「シャーロックホームズ」シリーズの舞台はロンドンでした。
この博物館は主役のシャーロック・ホームズが住んでいたとされるベーカーストリート221Bにあります。
同小説のファンは「シャーロキアン」と呼ばれ、この場所はすべてのシャーロキアンの聖地とされています。
博物館という名前ですが、一般民家と同じようなつくりでまるで伝説の名探偵がそこに住んでいたかのように感じられます。
歴史
シャーロックホームズの小説は1887年~1927年にかけて出版されましたが、博物館は歴史があたらしく1990年にオープンしました。
小説が書かれた当初はベーカーストリート221Bは存在しない番地でした。
1930年にロンドンの区画整理によりこの番地が誕生しましたが、青年実業家が博物館を作ったのはベーカーストリート239で、今ではこちらが本物と認められています。
今も世界中のシャーロックホームズファンから手紙がこの住所に届いています。

見どころ
【趣のある室内】名探偵がまるでそこにいて推理していたのでは、と思わせるような臨場感のある室内。作中何度も出てくる暖炉、椅子などを間近でみればファンならずとも興奮すること間違いなしです。
【パイプ&ハット】シャーロックホームズの外見といえば木製のパイプと鹿打ち帽が有名です。この博物館の土産物屋ではこれらのアイテムが売られていて、シャーロックホームズになりきって写真を撮ることができます。雰囲気たっぷりの室内でぜひ記念撮影を。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

ロンドンの人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

イギリス ロンドンの観光地一覧

テーマで選ぶ

シャーロック ホームズ博物館 (観光情報) | ロンドン観光| VELTRA(ベルトラ)

世界的に有名なサー・アーサー・コナン・ドイルの探偵小説、「シャーロックホームズ」シリーズの舞台はロンドンでした。 この博物館は主役のシャーロック・ホームズが住んでいたとされるベーカーストリート221Bにあります。 同小説のファンは「シャーロキアン」と呼ばれ、この場所はすべてのシャーロキアンの聖地とされています。 博物館という名前ですが、一般民家と同じようなつくりでまるで伝説の名探偵がそこに住んでいたかのように感じられます。