デューク カハナモクは、1890年にオアフ島で生まれた先住ハワイ人で、水泳のオリンピック選手であり、サーフィンの普及に努めたハワイで最初の公式親善大使です。
デューク カハナモク像は、彼の功績をたたえ、生誕100年を記念して建てられた銅像で、ワイキキのシンボルとなっています。
デューク カハナモク像は、ワイキキ ビーチを背景に、サーフボードを背にして両手を広げて立っていて、ワイキキ ビーチを訪れる人たちを温かく迎えています。
歴史
高校を中退し、ワイキキ ビーチを監視したり救助をしたり、観光客にサーフィンなどを教えるビーチボーイをしていましたが、1911年にアマチュアの自由形100ヤードの水泳大会で、当時の世界記録を4.6秒短縮するという記録を出し、注目を集めました。
翌年の1912年には、オリンピックの代表として選ばれ、同年に開催されたストックホルムでのオリンピックで、100メートル自由形で金メダル、リレーで銀メダルという記録を残し、ハワイに初めての金メダルをもたらしました。
1920年のアントワープオリンピックでも100メートル自由形とリレーで金メダルを獲得し、圧倒的な強さを見せました。
1924年のパリオリンピックでは100メートル自由形で銀メダルを獲得しています。
競技生活を引退したデューク カハナモクは、サーフィンの発展に尽力し、サーフィンをアメリカで流行させ、サーフィンをプロスポーツにするきっかけをつくったため、「近代サーフィンの父」と呼ばれています。
ハリウッド映画にも出演したデューク カハナモクに対して、これらの功績をたたえ、1990年の生誕100年に、ワイキキ ビーチに銅像が建てられました。

見どころ
【デュークス・ワイキキ】デューク カハナモクの銅像近くのアウトリガー・ワイキキ・オン・ザ・ビーチにあるレストラン&バーです。デュークの写真が店内に飾られていて、観光客や地元の人で賑わっています。
【デューク・カハナモク・ビーチ】デューク カハナモクが育った場所にちなんで名付けられたビーチです。全米ベスト・ビーチでも2014年1位を獲得しました。入江のため波が穏やかで、遠浅のビーチとなっています。
【デューク・カハナモク・パーク】小さい子ども向けの遊具もある公園で、地元の人々が憩いの場にしています。ビーチで遊び疲れたら、デューク・カハナモク・パークの木陰で休憩がてら公園に立ち寄るのも一考です。
【ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ・ビーチ・リゾート&スパ】デューク・カハナモク・ラグーンやワイキキで最も長いウォータースライダーつきプールを有するハワイ州最大のホテルです。
デューク カハナモク像のおすすめ記事
  • 【オアフ島】ハワイの歴史を学ぼう!ホノルルの定番だけど外せない観光名所5選
    ハワイの歴史を知りたいなら、まずはオアフ島がおすすめ。様々な民族、文化、ライフスタイルがアロハ・スピリットで一体となっている人種のるつぼです。島の伝統、フェスティバル、料理をミックスし、変化させてきた新しい形の文化が広がっています。農業が盛んになった19世紀後半、中国、日本、ロシア、朝鮮、プエルトリコ、ポルトガルやフィリピンから大勢の労働者がプランテーションに仕事を求めて移住したことで、様々な国の幅広い文化が入ってきました。今でもハワイの伝統と習慣を受け継ぐ地元文化が根付いています。そんなハワイの歴史を、ホノルルにある観光スポットから学んでみましょう♪
    記事提供元 Travel Book
  • 【ハワイ】ホノルルでおすすめの定番観光スポット10選
    オアフ島のホノルルは、世界でも有数の南国ビーチリゾートとしてよく知られています。ハワイ旅行といえば、このホノルルをメインにしたツアーも多く、誰もが楽しめる楽園です。観光施設やショッピングセンター、レストランも多数集っており、常に観光客で賑わっています。ダイヤモンドヘッドや、美しい数々のビーチ、パワースポットなどの自然の景観も満喫でき、観光も充分に楽しめます。そこで、ハワイが初めての方はもちろん、もう遊び尽くしたという方にもおすすめの、ホノルルで押さえておきたい定番観光スポットをご紹介します。
    記事提供元 Travel Book
デューク カハナモク像のツアー情報
1アクティビティ
1/1ページ
  1. 環境に優しく、メンテナンスを要さない近未来の乗り物・セグウェイに乗ってオアフ島の美しい景色、名所を堪能!最新のセグウェイなので操作も楽々!珍しい乗り物体験とホノルル観光両方を楽しめる新感覚ツアー☆
    日本語対応あり

    USD78.53

    毎日
    1 ~ 4時間 (午前, 午後)

オアフ島 テーマから探す

デューク カハナモク像 (観光情報) | オアフ島観光| VELTRA(ベルトラ)

デューク カハナモクは、1890年にオアフ島で生まれた先住ハワイ人で、水泳のオリンピック選手であり、サーフィンの普及に努めたハワイで最初の公式親善大使です。 デューク カハナモク像は、彼の功績をたたえ、生誕100年を記念して建てられた銅像で、ワイキキのシンボルとなっています。 デューク カハナモク像は、ワイキキ ビーチを背景に、サーフボードを背にして両手を広げて立っていて、ワイキキ ビーチを訪れる人たちを温かく迎えています。