日泰寺 (観光情報) (観光情報) | 名古屋・愛知観光 VELTRA(ベルトラ)
愛知県名古屋市千種区にある寺院です。正式名は覚王山日泰寺でタイ王国から寄贈された仏舎利を安置するために作られました。「覚王」とはお釈迦様の別名で、「日泰」とは日本とタイ王国をあらわしています。どの宗派にも属していない日本で唯一の超宗派の寺院です。そこで各宗派の管長が三年交代で住職を務め、住職が宗派の違うお経を上げることもあります。在日タイ大使は仏舎利にある日本に寄贈したラーマ5世の像に誕生日に参拝しています。また在日タイ人の方々も参拝にくるかたが多いです。
歴史
明治33年に遺骨仏舎利がシャム国ラーマ5世から日本国民へ送られました。そして明治37年に遺骨仏舎利と黄金の釈迦像を大安するために覚王山日暹寺として創建しました。その後、昭和24年にシャム国からタイ王国への改名にあわせて、日泰寺に改名されました。二国間の良好な関係を表す寺院であり、いずれの宗派にも属していない、日本でも特異な仏教寺院です。現在の本堂は昭和59年に完成しました。

見どころ
タイ王国から寄贈された釈尊の遺骨を安置する泰安塔はガンダーラ様式で高さは約15mもあります。年中行事としては3月15日の涅槃会、4月8日の花まつり、5月のウエサカ祭、6月15日の奉安祈念法要などたくさんの行事が行われます。中でも弘法大使の縁日は毎月21日に日泰寺参道で縁日が開かれます。この縁日は弘法様の縁日ともいわれています。日泰寺の周辺の小さなほこらが四国八十八カ所巡りの代わりになっています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    名古屋城・熱田神宮など名古屋の名所をめぐる観光コースです。お客様のご要望に答え、複数のコースを設定しております。安全と安心、さらに親切丁寧なドライバーが、あなたを夢のひと時へ導かせていただきます。
    送迎付き

    JPY13,000

    毎日

日泰寺 (観光情報) | 名古屋・愛知観光| VELTRA(ベルトラ)

愛知県名古屋市千種区にある寺院です。正式名は覚王山日泰寺でタイ王国から寄贈された仏舎利を安置するために作られました。「覚王」とはお釈迦様の別名で、「日泰」とは日本とタイ王国をあらわしています。どの宗派にも属していない日本で唯一の超宗派の寺院です。そこで各宗派の管長が三年交代で住職を務め、住職が宗派の違うお経を上げることもあります。在日タイ大使は仏舎利にある日本に寄贈したラーマ5世の像に誕生日に参拝しています。また在日タイ人の方々も参拝にくるかたが多いです。