豊川稲荷 (観光情報) (観光情報) | 名古屋・愛知観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
豊川稲荷
豊川稲荷(とよかわいなり)は、愛知県豊川市にある曹洞宗の寺院で、正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)と言います。詳しく言ってしまうと「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院です。境内に祀られる鎮守の稲荷(荼枳尼天)が有名なため、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られています。豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神として知られており、境内の参道には鳥居が立っています。また、日本三大稲荷の1つとされています。
歴史
嘉吉元年(1441年)、曹洞宗法王派(寒巌派)の東海義易によって創建されました。室町時代末期、今川義元が伽藍を整備し、当時は、豊川(河川名)の近くに広がる円福ヶ丘という高台に伽藍がありましたが、元禄年間までに現在の地に移転しました。現存する諸堂は江戸時代末期から近代の再建です。縁起によりますと、鎌倉時代の禅僧・寒巌義尹(妙厳寺では法王派の法祖として尊崇)が入宋し、文永4年(1267年)、日本へ船で帰国の途上、荼枳尼天の加護を受けたのがきっかけとなり、この天を護法神として尊崇するようになったとされています。

見どころ
豊川稲荷の見どころは、まずは「霊狐塚」でしょう。1,000体以上の狐の石像が安置されている光景は、見る者を圧倒します。次に「千本のぼり」があります。奥の院境内は、諸願成就の千本ののぼりで埋まっているようです。参道の両側に立ち並ぶ景観は、豊川稲荷の名物となっています。

名古屋・愛知人気アクティビティランキング

豊川稲荷 (観光情報) (観光情報) | 名古屋・愛知観光 VELTRA(ベルトラ)
豊川稲荷(とよかわいなり)は、愛知県豊川市にある曹洞宗の寺院で、正式の寺号は妙厳寺(みょうごんじ)と言います。詳しく言ってしまうと「円福山 豊川閣 妙厳寺」(えんぷくざん とよかわかく みょうごんじ)と称する寺院です。境内に祀られる鎮守の稲荷(荼枳尼天)が有名なため、一般には「豊川稲荷」の名で広く知られています。豊川稲荷は神社ではないものの、商売繁盛の神として知られており、境内の参道には鳥居が立っています。また、日本三大稲荷の1つとされています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜