大須観音(寶生院) (観光情報) (観光情報) | 名古屋・愛知観光 VELTRA(ベルトラ)
大須観音(おおすかんのん)は、愛知県名古屋市中区大須にある真言宗智山派の別格本山です。本尊は聖観音で、寺号は詳しくは「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」と称します。宗教法人としての公称は「宝生院」ですが、一般には大須観音の名で知られています。日本三大観音の1つとも言われる観音霊場でもあります。なごや七福神の一である布袋像を安置していることでも有名です。
歴史
建久年間(1190年代)、尾張国中島郡長庄大須に中島観音が発祥し、元亨4年(1324年)に後醍醐天皇が大須郷(現岐阜県羽島市桑原町大須)に北野天満宮を創建しました。元弘3年(1333年)に同社の別当寺として僧能信が創建した真福寺が当寺の始まりです。大須観音は、正式名称は、北野山真福寺宝生院と言います。 真言宗智山派の別格本山で、本尊は聖観音です。

見どころ
大須観音の見どころについて説明しますと、本殿に入りますと読経が流れていて、見る者に荘厳な気持ちを与えてくれることでしょう。炊かれた香の煙を頭や体に手でかき寄せるようにすると、体の悪い部分に効果があるとされています。その後はご本尊を参拝し、殿内を散策するのもいいでしょう。殿内には悠久のときを感じさせてくれる重厚な雰囲気が漂っています。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます


名古屋・愛知の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

大須観音(寶生院) (観光情報) | 名古屋・愛知観光| VELTRA(ベルトラ)

大須観音(おおすかんのん)は、愛知県名古屋市中区大須にある真言宗智山派の別格本山です。本尊は聖観音で、寺号は詳しくは「北野山真福寺宝生院(ほうしょういん)」と称します。宗教法人としての公称は「宝生院」ですが、一般には大須観音の名で知られています。日本三大観音の1つとも言われる観音霊場でもあります。なごや七福神の一である布袋像を安置していることでも有名です。