名古屋市科学館 (観光情報) (観光情報) | 名古屋・愛知観光 VELTRA(ベルトラ)
観光情報
名古屋市科学館
名古屋市科学館は、愛知県の名古屋市にある私立の科学館です。 展示室は14フロアとなっており、触れて体験できる展示物があり、1日数回実演や実験ショーも行われています。 名古屋市科学館ではプラネタリウムが目玉となっており、天文現象や宇宙の膨張などの天文学的な内容を分かりやすく紹介してくれます。 科学の面白さを感じることができる、何度も行きたくなる、科学好きの子どもを育てるといったことを整備方針としています。
歴史
名古屋市科学館は、市政70周年の記念事業の一環として建てられました。 1962年に天文館、1964年に理工館が建てられ、1989年に生命館が建てられると共に大改修が行なわれ、総合科学博物館としてリニューアルされました。

見どころ
名古屋市科学館は、プラネタリウムが最大の見どころとなっており、世界最大の直径35メートルのプラネタリウムが建造されています。 映し出される景色も本物さながらであり、まるで山奥から星空を眺めているようなとても美しい映像を楽しむことができます。 このプラネタリウムは、2011年の12月に世界最大としてギネス認定を受けています。 この他にも、水の循環を楽しむことができる水のひろばや、竜巻ラボ、120万ボルトの放電ができる放電ラボ、マイナス30℃を体験可能な極寒ラボなども見どころとなっています。 また、ロケットの開発試験で使われた機体と、国際宇宙ステーションの構造試験モデルも見ることができるようになっています。

名古屋・愛知人気アクティビティランキング

名古屋市科学館 (観光情報) (観光情報) | 名古屋・愛知観光 VELTRA(ベルトラ)
名古屋市科学館は、愛知県の名古屋市にある私立の科学館です。 展示室は14フロアとなっており、触れて体験できる展示物があり、1日数回実演や実験ショーも行われています。 名古屋市科学館ではプラネタリウムが目玉となっており、天文現象や宇宙の膨張などの天文学的な内容を分かりやすく紹介してくれます。 科学の面白さを感じることができる、何度も行きたくなる、科学好きの子どもを育てるといったことを整備方針としています。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜