タワー・オブ・テラーは東京ディスニーシーにあるフリーフォールタイプのアトラクションで、入園してから左方向にあるアメリカンウォーターフロントに配置されています。高層ホテルを模した外見になっており、夜には紫色にライトアップされ、恐怖を引き起こすような雰囲気を纏っています。また、内部でエレベーターが落下する際には、建物の表面を緑色の雷が走り、悲鳴が聞こえてきます。遠くはなれていても聞こえてきますので、すぐに場所を見つけることが出来るでしょう。
歴史
タワー・オブ・テラーは2006年9月4日に開業したアトラクションで、東京ディスニーシー開演当時にはまだありませんでした。このアトラクションは基本的に、ディズニー・ハリウッド・スタジオにあるアトラクション『トワイライトゾーン・タワー・オブ・テラー』をベースとしています。しかし、アメリカンウォーターフロントエリアに建設するにあたって、物語からハリウッドの要素を削除しており、ストーリーは東京ディスニーシーオリジナルのものとなっています。

見どころ
タワー・オブ・テラーの見どころは2つあります。1つ目の見どころは最初に通される書斎の最後に発生する呪いの偶像の消失です。これまで見えていた呪いの偶像が一瞬にして消失するので、何が起きたのか一瞬困惑していまします。2つ目の見どころはエレベーターでのフリーフォールです。ホテルの最上部から東京ディスニーシー全体を見渡して感嘆した直後に、無重力を感じさせる急降下が襲ってくるため、その落差が恐怖をより協調します。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

千葉の人気アクティビティランキング

タワー・オブ・テラー (観光情報) | 千葉観光| VELTRA(ベルトラ)

タワー・オブ・テラーは東京ディスニーシーにあるフリーフォールタイプのアトラクションで、入園してから左方向にあるアメリカンウォーターフロントに配置されています。高層ホテルを模した外見になっており、夜には紫色にライトアップされ、恐怖を引き起こすような雰囲気を纏っています。また、内部でエレベーターが落下する際には、建物の表面を緑色の雷が走り、悲鳴が聞こえてきます。遠くはなれていても聞こえてきますので、すぐに場所を見つけることが出来るでしょう。