鴨川シーワールドは、千葉県南東部の鴨川市にあります。大規模な総合海洋レジャーセンターであり、海に関するさまざまなことを学ぶことができます。電車で行くことが可能であり、最寄りの駅はJR安房鴨川駅であり、駅から送迎バスが出ています。
歴史
鴨川シーワールドは、1970年10月に開業しました。鴨川市は、海水浴が楽しめる場所とて夏ににぎわっていましたが、鴨川シーワールドができたことで、「鴨川グランドタワー」をはじめとするリゾートホテルや旅館ができて、通年楽しむことができるリゾート地になりました。1998年7月に海獣達の生息地を再現した「ロッキーワールド」ができ、2001年7月に南太平洋を再現した「トロピカルアイランド」ができ、施設を拡充しています。

見どころ
鴨川シーワールドは、イルカやアシカ、シャチ、ベルーガなどの海獣の飼育に力を入れています。イルカのパフォーマンス専用の「サーフスタジアム」や、シャチのパフォーマンス専用の「オーシャンスタジアム」、ベルーガパフォーマンス専用の「マリンシアター」、キリバスのサンゴ環礁をモデルにしてつくられた「トロピカルアイランド」、水が川の上流から海にたどりつくまでをテーマにした「エコ・アクアローム」などがあり、見所がたくさんあります。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

千葉の人気アクティビティランキング

鴨川シーワールド (観光情報) | 千葉観光| VELTRA(ベルトラ)

鴨川シーワールドは、千葉県南東部の鴨川市にあります。大規模な総合海洋レジャーセンターであり、海に関するさまざまなことを学ぶことができます。電車で行くことが可能であり、最寄りの駅はJR安房鴨川駅であり、駅から送迎バスが出ています。