成田(成田山表参道)は元は人々が普通に暮らす農村でしたが、成田山新勝寺存在により、江戸時代以降、門前町としての発展を遂げました。成田(成田山表参道)にとって成田山新勝寺の存在は非常に大きいもので、人々は新勝寺を生活の中心として暮らしていました。電車でのアクセスはJR成田駅、または京成成田駅が最寄り駅となっています。
歴史
成田山新勝寺とともに発展を続ける成田(成田山表参道)は、江戸時代以前には門前町ではなく、一般的な農村であったと言われています。 940年(天慶3年)に成田山新勝寺が創建されると、新勝寺の発展に伴って近隣の村々も参拝客を受け入れる門前町として大きく姿を変えることになるます。現在でも成田(成田山表参道)は、成田山新勝寺を中心として大きな発展を続けており、参拝客の増加に合わせ、多くの観光客が訪れています。

見どころ
成田(成田山表参道)は成田山新勝寺への門前町であり、土産物店や飲食店が賑やかに立ち並ぶ通りとなっています。通りに並ぶ木造三階建旅館は、和風でありながら内部には洋風の趣の見られるという非常に珍しいものであり、古くは江戸時代から交通の要所であった成田山表参道の歴史を深く感じることができます。通りにはいつも観光客が溢れており、立ち並ぶ土産物屋をゆっくりと見て回るだけでも楽しく過ごすことができるでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

千葉の人気アクティビティランキング

成田(成田山表参道) (観光情報) | 千葉観光| VELTRA(ベルトラ)

成田(成田山表参道)は元は人々が普通に暮らす農村でしたが、成田山新勝寺存在により、江戸時代以降、門前町としての発展を遂げました。成田(成田山表参道)にとって成田山新勝寺の存在は非常に大きいもので、人々は新勝寺を生活の中心として暮らしていました。電車でのアクセスはJR成田駅、または京成成田駅が最寄り駅となっています。