東京ドイツ村は、自動車で都心からアクアライン経由で約1時間程度の姉崎・袖ヶ浦ICからほど近く、アクセス抜群です。高速バスでも新宿、横浜方面から袖ヶ浦バスターミナルへは50分ほどです。電車の場合は袖ヶ浦駅、もしくは姉ヶ崎駅で下車し路線バスも出ています。花と緑のテーマパークというコンセプト通り、広大な敷地の中に芝生の広場や季節の花畑があり、さらに一年中農作物の収穫体験ができる郊外型のテーマパークです。
歴史
東京ドイツ村がオープンしたのは2001年3月です。着工されたのは1999年で、1997年にアクアラインが開通し、都心から房総半島への所要時間が短縮されるとともに、高速バスなどの交通の便が良くなったことで多くの観光客を見込める状況にあったと推測できます。また、最近ではアウトレットパークとのシャトルバスでの行き来ができるなど、他の商業施設との連携も積極的に行っています。地域が一体となってこのエリアを盛り上げているようです。

見どころ
東京ドイツ村を一躍全国的な人気に押し上げたのが、毎年11月ごろから3月の終わりまで開催されるイルミネーションです。関東3大イルミネーションのひとつとして数えられており、夜の東京ドイツ村を彩ります。毎年テーマが変わり、変化があるため、リピーターが多いのも特徴です。敷地面積の広さを活かしたロマンチックなイルミネーションはまさに一見の価値ありです。春や夏にも様々なイベントを催しており、家族全員で楽しめるテーマパークです。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

千葉の人気アクティビティランキング

東京ドイツ村 (観光ツアー) | 千葉観光| VELTRA(ベルトラ)

東京ドイツ村は、自動車で都心からアクアライン経由で約1時間程度の姉崎・袖ヶ浦ICからほど近く、アクセス抜群です。高速バスでも新宿、横浜方面から袖ヶ浦バスターミナルへは50分ほどです。電車の場合は袖ヶ浦駅、もしくは姉ヶ崎駅で下車し路線バスも出ています。花と緑のテーマパークというコンセプト通り、広大な敷地の中に芝生の広場や季節の花畑があり、さらに一年中農作物の収穫体験ができる郊外型のテーマパークです。