ゆったりとした時が流れる、日本の島へ | 日本の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
日本 特集
ゆったりとした時が流れる、日本の島へ
日本には、数あまたの小さな島があるのをご存知ですか?石垣島、小笠原諸島…数をあげるときりがありません。それぞれの島では、自然やその島の文化を大事に、今でもゆったりと時が流れています。
10アクティビティ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. ミシュランも認めた風光明媚な川平湾など石垣島の主な観光地を満喫するバスツアーです。午前発と午後発の2コースで石垣島を思い切り観光できます。川平湾でのグラスボートの割引チケットもあり!
    送迎付き
    食事付き
    プレゼント特典

    JPY3,300

    毎日
    4 ~ 5時間 (午前, 午後)
  2. 離島の魅力をぎゅっと凝縮!西表島マングローブクルーズと水牛車で渡る由布島観光、さらに竹富島ではレンタサイクル・グラスボート・水牛車やバス観光からお好きなプランを選べます。八重山の食材を使ったランチもお楽しみに!西表島と由布島ではフレンドリーアシスタントがお客様をサポートいたします♪
    送迎付き
    食事付き
    プレゼント特典
    車いす可

    JPY14,200

    ファミリー割引
    毎日
    8.5 ~ 10時間 (午前)
  3. 小笠原父島にある植物の紹介をしながら歩く、ゆっくり散策を楽しみたい人におススメの旅♪海岸林、低木林、高木林、ガジュマル林など代表的な植生について学ぶことができます。のんびりとしたペースで進むので幅広い年齢の方にお楽しみいただけます。

    JPY5,500

    毎日
    3 ~ 7時間 (午前, 午後)
  4. 南島は父島の南西に浮かぶ小さな無人島。「沈水カルスト地形」とういう特殊な地形の隆起石灰岩の島です。この南島では天然記念物のオカヤドカリや絶滅危惧種の貴重な植物が生息しています。そんな南島での旅をぜひご堪能ください!
    送迎付き

    JPY8,000

    毎日
    (午前, 午後)
  5. 20m以上も先が見える海を有する慶良間(ケラマ)ブルーでのダイビングやシュノーケリングはいかがですか?ニモなどのカラフルな魚やサンゴを楽しみ、時にはウミガメと一緒に泳げる厳選スポットへご案内します。
    食事付き

    JPY9,800

    2%
    OFF
    毎日
    7.5時間 (午前)
  6. 小笠原の海には綺麗な珊瑚、カラフルな魚達、沈んでいる船などたくさんのポイントがあります。スノーケルインストラクターが講習付で安全にご案内。お子さまや初心者の方も楽しめる体験です!翌日イルカと泳ぎたい方は是非事前にご参加ください!
    送迎付き

    JPY6,000

    毎日
    (午後)
  7. 父島にひそむ夜の植物と動物を探索する魅力いっぱいのナイトツアー!季節によってさまざまな見どころをご紹介します。暗闇に光るキノコを探したり、星空の解説や夜の浜辺の散策をしながら自然の神秘に包まれる特別な時間を楽しみましょう。
    送迎付き

    JPY4,000

    毎日
    2時間 (夜)
  8. 琉球神話の伝説、聖地の舞台が数多く存在する沖縄本島南部。なかでも最高の地とされる世界遺産群の「斎場御獄」(せいふぁうたき)と神々の島「久高島」。地元教育委員会認定のガイドが丁寧にご案内します。
    送迎付き

    JPY10,500

    日, 月, 水, 金, 土
    8 ~ 10時間 (午前)
  9. 往復10時間22キロの日帰り登山。簡単な道のりではありませんが、屋久島の大自然と触れ合い、推定樹齢7200年ともいわれる縄文杉に出会えば感動と達成感でいっぱいになること間違いなしです。神秘的で潤いに満ち溢れた森、美しく清々しい渓流、様々な植物や生き物との出会いが待っています。
    送迎付き

    JPY8,000

    グループ割引
    毎日
    14時間 (深夜)
  10. 世界最大の哺乳類クジラ。小笠原の海にはザトウクジラ、マッコウクジラが姿を現します。クジラ達はこの小笠原の海で出産や子育ての貴重な時間を過ごしています。彼らを驚かさないようにゆっくり近づきゆっくりウォッチングをしてみましょう!
    送迎付き

    -

     

ゆったりとした時が流れる、日本の島へ | 日本の観光&遊び・体験・レジャー専門 VELTRA(ベルトラ)

日本には、数あまたの小さな島があるのをご存知ですか?石垣島、小笠原諸島…数をあげるときりがありません。それぞれの島では、自然やその島の文化を大事に、今でもゆったりと時が流れています。