能古島 (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
能古島
能古島は、福岡県福岡市の西区にある島です。博多湾のちょうど中央に浮かんでおり、海岸延長で約12kmで、姪浜の能古渡船場からその距離はフェリーでわずか10分。そのため対岸にはシーサイドももち地区である福岡タワーや高層ビルなども眺めながら、自然も楽しめます。福岡の中でも、海水浴や散策などのアウトドアレジャーに利用されている他、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は水仙など、四季折々の花を楽しむことができ、それぞれのシーズン、多くの福岡県民や県外からの観光客が訪れます。季節によって変わる自然風景だけでなく、歴史ロマンもたっぷりの能古島。7世紀前後につくられたとされる「早田古墳群」、江戸時代の鹿の狩猟場のなごりである「鹿垣」など、歴史が深いスポットも数多く点在しています。福岡市内からさくっと日帰り観光が可能な能古島では、海水浴やキャンプなどのアクティビティも人気。家族連れにもおすすめな行楽地です。
歴史
能古島の歴史について、古代から存在していたと考えられており、能古島が初めて登場する文献は平安遺文となっています。731年頃の住吉神社の社領を記述した中に登場し、この頃には存在が知られていたと考えられています。また実際に7世紀前後の古墳である、早田古墳群が島に存在しています。1941年10月15日には福岡市に編入されており、現在の状態へとなっています。人口は1950年代をピークに年々減少しています。

見どころ
能古島の見どころについては、能古島の外観や自然、景色になるでしょう。能古島にはのこしまアイランドパークやキャンプ場、海水浴場などがあり、地域の方からも愛されているレジャースポットになっています。アイランドパークにはたくさんの花が植えられており季節に応じて様々な花や木々が楽しめます。この他にも亀陽文庫能古博物館やコーヒー豆を自家栽培している能古夢珈琲園、白髭神社などもあり観光で訪れても楽しめる島になっています。

福岡人気アクティビティランキング

能古島 (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
能古島は、福岡県福岡市の西区にある島です。博多湾のちょうど中央に浮かんでおり、海岸延長で約12kmで、姪浜の能古渡船場からその距離はフェリーでわずか10分。そのため対岸にはシーサイドももち地区である福岡タワーや高層ビルなども眺めながら、自然も楽しめます。福岡の中でも、海水浴や散策などのアウトドアレジャーに利用されている他、春は菜の花、夏はひまわり、秋はコスモス、冬は水仙など、四季折々の花を楽しむことができ、それぞれのシーズン、多くの福岡県民や県外からの観光客が訪れます。季節によって変わる自然風景だけでなく、歴史ロマンもたっぷりの能古島。7世紀前後につくられたとされる「早田古墳群」、江戸時代の鹿の狩猟場のなごりである「鹿垣」など、歴史が深いスポットも数多く点在しています。福岡市内からさくっと日帰り観光が可能な能古島では、海水浴やキャンプなどのアクティビティも人気。家族連れにもおすすめな行楽地です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜