和布刈神社 (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
和布刈神社
和布刈神社は福岡県北九州市門司区門司にある神社です。九州最北端に位置し、関門海峡に向かって鎮座しています。神社の名前にもついている和布刈とは、めかりと呼び、わかめを刈るという意味があります。これについて、毎年旧暦の元旦になると三人の神職が松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入ってわかめを刈り採って、神前に供える和布刈神事が行われています。また、人生最後の導きとして、関門海峡での海洋散骨を執り行っています。パワースポットである和布刈神社では御朱印やお守りを授かることができ、恋愛成就や子孫繁栄、海上交通安全など、様々なご利益があります。創建1800年の年には、奈良の老舗・中川政七商店のコンサルティングにより、コンセプトや神紋、授与所などを新装したことでも注目を浴びました。最寄り駅である門司港駅からは徒歩で約20分、車で約7分の場所にあります。駐車場もありますので車での訪問も便利です。
歴史
和布刈神社の歴史について、社伝で伝えられている内容では、神功皇后の三韓征伐後に奉祀されたもので200年に創建とされたと言われています。古くは隼人明神とも呼ばれていたと考えられています。海峡の守護神として崇敬を集めたことにより、1336年に足利尊氏、1394年から1428年には大内義弘、1575年には仁保常陸介などによる諸社殿の修築造営が伝えられています。現存している社殿は1767年に小倉藩主小笠原忠総の再建によるものです。

見どころ
和布刈神社の見どころについては、神社の外観やここで行われている神事や周辺の施設などになるでしょう。神社のそばから望む関門海峡には和布刈神社の灯籠があります。また天気の良い日などには海面が綺麗に見えることから、観光の起点にするのも良いでしょう。義経の平家伝説ゆかりの地としての案内板などもあります。和布刈神事に関しては、毎年旧暦の元旦に実施されているので興味のある方はぜひ見ておきたいものになるでしょう。

福岡人気アクティビティランキング

和布刈神社 (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
和布刈神社は福岡県北九州市門司区門司にある神社です。九州最北端に位置し、関門海峡に向かって鎮座しています。神社の名前にもついている和布刈とは、めかりと呼び、わかめを刈るという意味があります。これについて、毎年旧暦の元旦になると三人の神職が松明、手桶、鎌を持って神社の前の関門海峡に入ってわかめを刈り採って、神前に供える和布刈神事が行われています。また、人生最後の導きとして、関門海峡での海洋散骨を執り行っています。パワースポットである和布刈神社では御朱印やお守りを授かることができ、恋愛成就や子孫繁栄、海上交通安全など、様々なご利益があります。創建1800年の年には、奈良の老舗・中川政七商店のコンサルティングにより、コンセプトや神紋、授与所などを新装したことでも注目を浴びました。最寄り駅である門司港駅からは徒歩で約20分、車で約7分の場所にあります。駐車場もありますので車での訪問も便利です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜