旧立花家別邸(御花) (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
旧立花家別邸(御花)
旧立花家別邸(御花)とは、福岡県柳川市にある庭園と屋敷です。江戸時代以来、御花は柳川藩主立花家の邸宅でした。当時周辺は「御花畠」と呼ばれており、地元の人々は込めて「御花」と呼ぶようになりました。明治時代、立花家は伯爵となり、建物や庭園も新しく整え、明治43年に洋館と和館が並んで立っている新しいスタイルの立花伯爵家住宅が完成しました。その当時の建設が現在の立花氏庭園の主要建造物を構成しています。庭園である松濤園は宮城県松島の景観を模しており、冬の時期になると野鴨が飛来することから、冬になると県内外から観光客が訪れます。現在は料亭旅館として存在しています。柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」をお召し上がりいただくことも可能です。また、御花では観光スポットとしてだけでなく、宿泊や結婚式も可能です。
歴史
旧立花家別邸(御花)の歴史について、屋敷と庭園に関しては、明治期に設けられたものだと考えられています。1950年に立花家16代当主立花和雄が柳川御花として料亭と旅館の営業を開始しました。1978年8月25日には、屋敷地の西半分を松濤園として国の名勝に指定されたことをきっかけに、2011年9月21日には東庭園が追加で指定されました。このことから、屋敷地全域が国の名勝となりました。このことから名勝の指定名称が立花氏庭園と改称されました。

見どころ
旧立花家別邸(御花)の見どころについては、屋敷と庭園の外観や施設などになるでしょう。400年にわたって受け継がれた収蔵品に関しては立花家史料館で保管・展示されています。収蔵品に関しては、旧藩主の生活を彷彿とさせるほか、江戸時代の武家文化を今に再現する貴重な文化遺産です。また、柳川藩政史料を中心としている立花家文書については、国の重要文化財に指定されており、柳川古文書館に保管されています。

福岡人気アクティビティランキング

旧立花家別邸(御花)の新着体験談

とても楽しかったです。

2021/05/08 友達・同僚 田中BOB

ありがとうございました。タクシードライバーが親切で要望に答えていただきました。福岡の情報も教えていただきありがとうございました。楽しい1日になりました。

旧立花家別邸(御花) (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
旧立花家別邸(御花)とは、福岡県柳川市にある庭園と屋敷です。江戸時代以来、御花は柳川藩主立花家の邸宅でした。当時周辺は「御花畠」と呼ばれており、地元の人々は込めて「御花」と呼ぶようになりました。明治時代、立花家は伯爵となり、建物や庭園も新しく整え、明治43年に洋館と和館が並んで立っている新しいスタイルの立花伯爵家住宅が完成しました。その当時の建設が現在の立花氏庭園の主要建造物を構成しています。庭園である松濤園は宮城県松島の景観を模しており、冬の時期になると野鴨が飛来することから、冬になると県内外から観光客が訪れます。現在は料亭旅館として存在しています。柳川名物「うなぎのせいろ蒸し」をお召し上がりいただくことも可能です。また、御花では観光スポットとしてだけでなく、宿泊や結婚式も可能です。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜