楽水園 (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
楽水園
楽水園とは、福岡県福岡市博多区にある住吉神社の北側に位置している日本庭園のことを指しています。明治39年、博多商人・下澤善右衛門親正が住吉別荘を建てた跡地を福岡市が整備し、日本庭園として現代に残っています。親正は父尚正と親子二代に渡り、家業と並行して福博の発展に貢献した人物であり、「楽水」とは親正の雅号です。日本庭園の他に、楽水庵、博多塀なども観光のスポットになっており、住吉神社への参拝と共に国内外の観光客が訪れるスポットになっています。茶庭では四季の移り変わりを楽しむことができ、秋には美しい紅葉を堪能できます。営業時間は火曜日を除く9時から17時までとなっており、JR博多駅から徒歩12分とアクセスも簡単です。専用駐車場も完備されています。
歴史
楽水園の歴史について、1906年に博多で商人を営んでいた下澤善右衛門親正が住吉別荘を建てたことがきっかけとなっています。福岡の発展に貢献した人物で親子二代で繁栄しました。楽水園の楽水は親正の雅号となっています。第二次世界大戦後にはこの場所は旅館楽水荘として使用されていました。その後、1995年には福岡市が跡地を池泉回遊式の日本庭園として整備を行い、開園し現在までこの場所で楽水園として運営されています。

見どころ
楽水園の見どころは、その日本庭園の外観や入り口などの景観になるでしょう。入り口には博多塀があります。これは豊臣秀吉が博多の町太閤町割りを行った際に焼石や焼け瓦を粘土で固めて作られたものであり見応えがあります。復元した茶室である楽水庵から見える庭園も、季節によって顔を変えるため楽しみの幅が広いです。博多のビルが立ち並ぶオフィス街の一角の中で地域の方のリフレッシュスポットにもなっており、オアシス的な存在にもなっています。

福岡人気アクティビティランキング

楽水園 (観光情報) (観光情報) | 福岡観光 VELTRA(ベルトラ)
楽水園とは、福岡県福岡市博多区にある住吉神社の北側に位置している日本庭園のことを指しています。明治39年、博多商人・下澤善右衛門親正が住吉別荘を建てた跡地を福岡市が整備し、日本庭園として現代に残っています。親正は父尚正と親子二代に渡り、家業と並行して福博の発展に貢献した人物であり、「楽水」とは親正の雅号です。日本庭園の他に、楽水庵、博多塀なども観光のスポットになっており、住吉神社への参拝と共に国内外の観光客が訪れるスポットになっています。茶庭では四季の移り変わりを楽しむことができ、秋には美しい紅葉を堪能できます。営業時間は火曜日を除く9時から17時までとなっており、JR博多駅から徒歩12分とアクセスも簡単です。専用駐車場も完備されています。