伊香保温泉の温泉街は榛名山東斜面の山腹に広がっており、石段街になっています。石段は2010(平成22)年に新設され、365段になりました。365日温泉街がにぎわいますようにという願いがこめられています。石段をはさんでお土産物屋、饅頭屋、遊戯場などが並んでいます。広場や温泉水が流れる「湯滝」、気軽に足湯ができる場所なども設けられています。関越自動車道、渋川伊香保ICより約20分で着きます。
歴史
400年以上も前にさかのぼる伊香保温泉の始まりのときから、石段は作られました。今の石段は1980(昭和55)年から5年をかけて大改修されたもので、御影石が敷かれています。石段街には、200年以上も昔に大家と呼ばれる12の源泉宿があり、干支はそれぞれの家紋のような意味合いをもっていました。現在は、その宿のあった場所に十二支の印が石段に記されています。伊香保は、石段街の他にも温泉饅頭や旅館手ぬぐい発祥の地としても知られています。

見どころ
石段街には四つの小満口(こまぐち)があります。小満口とは、湯元から流れる源泉を分岐させている物で、温泉が中を流れていく様子を見ることができます。石段街の入り口には、1631(寛永8)年に設けられた関所(伊香保関所・口留番所)が復元されています。そこからのぼっていくと石段には、歌人・詩人として知られる与謝野晶子の詩が刻まれている場所があります。お店や小満口、足湯を楽しみつつ、石段自体に刻まれた干支や、詩を探すのも楽しさ倍増です。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

群馬の人気アクティビティランキング

エリアからツアーを探す

伊香保温泉の石段街 (観光情報) | 群馬観光| VELTRA(ベルトラ)

伊香保温泉の温泉街は榛名山東斜面の山腹に広がっており、石段街になっています。石段は2010(平成22)年に新設され、365段になりました。365日温泉街がにぎわいますようにという願いがこめられています。石段をはさんでお土産物屋、饅頭屋、遊戯場などが並んでいます。広場や温泉水が流れる「湯滝」、気軽に足湯ができる場所なども設けられています。関越自動車道、渋川伊香保ICより約20分で着きます。