鳩待峠 (観光情報) (観光情報) | 群馬観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

鳩待峠

尾瀬への入山口として最も人気の高いのが鳩待峠です。鳩待峠は初夏から水芭蕉やニッコウキスゲなど緑に包まれ、秋には尾瀬を散策しながら紅葉を楽しめる事でも人気を集めている場所となっています。
歴史
尾瀬ヶ原を含む尾瀬の歴史は、自然保護の歴史とも言えます。「日本の自然保護の象徴」と言われる尾瀬開発の礎・平野長蔵は、尾瀬で最初の山小屋「長蔵小屋」を建設しました。1934年日光とともに日光国立公園に、1938年 国立公園特別地域にしていされました。その後、1949年に結成された尾瀬保存期成同盟(現日本自然保護協会)が尾瀬の自然保護運動をの国会へ行い、1953年に尾瀬ヶ原一帯が日光国立公園特別保護地区に指定されました。特に1949年 NHKが、「夏の思い出」を放送したことで尾瀬地域の知名度が一気に上がり、多くの観光客が訪れるようになりました。

見どころ
標高約1590mの鳩待峠は尾瀬への入口の1つであり、尾瀬へ入山する人の約半数が鳩待峠を起点に尾瀬への散策をしていると言われています。特に鳩待峠をスタートし、尾瀬ヶ原を歩くコースは尾瀬らしさを楽しめる人気のコースでブナの原生林から始まり尾瀬ヶ原の湿原を歩き進んで行きます。途中にはトイレやベンチなども沢山あり散策しやすくなっています。鳩待峠バス停には山小屋「鳩待山荘」と鳩待峠休憩所が有り、休憩所には食堂や売店が有ります。鳩待山荘では日帰り入浴もできるようになっています。

群馬人気アクティビティランキング

鳩待峠 (観光情報) (観光情報) | 群馬観光 VELTRA(ベルトラ)
尾瀬への入山口として最も人気の高いのが鳩待峠です。鳩待峠は初夏から水芭蕉やニッコウキスゲなど緑に包まれ、秋には尾瀬を散策しながら紅葉を楽しめる事でも人気を集めている場所となっています。