四万川ダム (観光情報) (観光情報) | 群馬観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

四万川ダム

四万川ダムは上信越高原国立公園内にあるダムで、その下流には国民保養温泉として非常に有名な四万温泉郷が広がっています。堤高は89.5メートルあり、群馬県が管理するダムとしては最も高いです。1周するのに約4キロメートルで、監査廊は見学のために整備されており、予約制で見学することが可能です。
歴史
群馬県の「四万川総合開発事業」の一環で吾妻川流域の治水と利水を目的として1980年に着工され1999年に竣工しました。平成6年4月21日付で国土交通省から「地域に開かれたダム」の指定を受けたため、地域住民の意見を反映させて開放的な環境づくりを目指して周辺が整備されました。ダムには西洋の城を思わせるようなデザインが施されています。

見どころ
周辺が公園として整備されているため、自然がとても豊かでダムを真下から見上げることができます。奥四万湖はダム建設に伴って川がせき止められたことによってできた人造湖です。神秘的なコバルトブルーの湖なのですが、これは湖水が酸性で魚がいないためです。湖の青と山の緑のコントラストは壮観で人造湖であることを感じさせない美しさのため、観光客やその地域に住む人々に人気です。また、下流の中之条ダムによってできた四万湖も同じくコバルトブルーの湖水です。

群馬人気アクティビティランキング

四万川ダム (観光情報) (観光情報) | 群馬観光 VELTRA(ベルトラ)
四万川ダムは上信越高原国立公園内にあるダムで、その下流には国民保養温泉として非常に有名な四万温泉郷が広がっています。堤高は89.5メートルあり、群馬県が管理するダムとしては最も高いです。1周するのに約4キロメートルで、監査廊は見学のために整備されており、予約制で見学することが可能です。