谷川岳 (観光情報) (観光情報) | 群馬観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

谷川岳

谷川岳は、標高約2000メートルの三国山脈の山で、群馬県と新潟県の県境に位置しており、比較的首都圏からも近いことから、登山をはじめ、ロッククライミングやスキーなどのスポーツを楽しめる所として多くの人が訪れています。また。日本の100名山にも選ばれており、その美しい姿から紅葉などの写真の撮影スポットとしても有名です。
歴史
谷川岳の頂部は二峰に分かれていて、それぞれ標高1963メートルの「トマの耳」(またの名前を薬師岳)と標高1977メートルの「オキの耳」(またの名前を谷川富士)と呼ばれています。昔は、「谷川岳」という名はこのトマ・オキ両耳の隣の俎嵒(マナイタグラ)という山に付けられていた名前でしたが、国土地理院の作成した地図の誤記のために、トマ・オキ両耳が「谷川岳」と呼ばれるようになり、現在に至ります。また、広義に一ノ倉岳などの周囲の山を含めて「谷川岳」と呼ぶこともあります。

見どころ
谷川岳は登山に訪れる登山客が多く、それに伴う遭難者も多い山ですが、一般的な天神尾根ルートは危険な個所もほとんどなく、多くの登山愛好者に親しまれています。谷川岳の岩場は、ロッククライミングの聖地といわれる剣岳・穂高岳と並び称される日本三大岩場の一つに数えられ、ふもとは関東でも有名な谷川岳天神平スキー場があります。また、谷川岳は高山植物の宝庫と言われており、山に登ることを目的としない「トレッキング」といわれる気軽な山歩きで自然を楽しむことができるのも魅力の一つです。

群馬人気アクティビティランキング

谷川岳 (観光情報) (観光情報) | 群馬観光 VELTRA(ベルトラ)
谷川岳は、標高約2000メートルの三国山脈の山で、群馬県と新潟県の県境に位置しており、比較的首都圏からも近いことから、登山をはじめ、ロッククライミングやスキーなどのスポーツを楽しめる所として多くの人が訪れています。また。日本の100名山にも選ばれており、その美しい姿から紅葉などの写真の撮影スポットとしても有名です。