竹原町並み保存地区 (観光情報) (観光情報) | 広島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
竹原町並み保存地区
広島県竹原市本町周辺にあり昭和57年12月16日に国の選定を受けた町並み保存地区です。江戸時代から明治、大正、昭和とそれぞれの時代の建築物の歴史的変遷をみることができます。竹原の町並みにある建物はさまざまな格子を見ることができます。町並みは本町通りを中心に大小路、板屋小路、中ノ小路など多くの路地があり住持の生活を感じられます。
歴史
遥か平安時代、下鴨神社の荘園として栄えた歴史から「安芸の小京都」と呼ばれる竹原市です。江戸時代初期に竹原湾を干拓して築いた大新開に江戸時代後期の製塩の開発したことではじまりました。竹原の塩は全国へ送り出され、廻船業も盛んになり経済的発展をとげ、それに携わった人々によって町並みが形成されました。そして酒造業で栄えたお屋敷や由緒あるお寺と町並みが今もそのまま保存されています。最古の建物は元禄4年のものです。

見どころ
ゆっくり歩くと江戸、明治、大正、昭和時代の特徴ある建物を1日で楽しめます。他の地区のような統一されたデザインでなく屋根や路地など変化を待たせながら全体として調和するデザインです。。「マッサン」のモデルになった町として有名になりましたが先人達は風景を1つのフレームとして捉え青い空緑の山に建物をどう描けるかを考えて作り寺や山の景観を活かし屋根の形や配置を組み合わせて変化をつけV字型に構成されるように作られています。光や影の演出を加え建物に多様な表情を与える工夫があります。

広島人気アクティビティランキング

竹原町並み保存地区 (観光情報) (観光情報) | 広島観光 VELTRA(ベルトラ)
広島県竹原市本町周辺にあり昭和57年12月16日に国の選定を受けた町並み保存地区です。江戸時代から明治、大正、昭和とそれぞれの時代の建築物の歴史的変遷をみることができます。竹原の町並みにある建物はさまざまな格子を見ることができます。町並みは本町通りを中心に大小路、板屋小路、中ノ小路など多くの路地があり住持の生活を感じられます。