原爆の子の像 (観光情報) (観光情報) | 広島観光 VELTRA(ベルトラ)
平和記念公園内にある原爆の子の像は、2歳の時に被爆し9年後に発症した佐々木禎子さんがモデルになっています。1958年5月5日の子供の日に公開されました。折り鶴をかかげる少女の像の高さは9メートルでブロンズ製です。像の下に置いてある石碑には「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」という文が刻まれています。この像には年間を通して、沢山の折鶴(千羽鶴)が捧げられていることから、「千羽鶴の塔」という別名もあります。
歴史
この折鶴を掲げる少女は、数か月の闘病生活ののち12歳で息を引き取りました。1000羽の折り鶴を折ると願いが叶うということを信じ、折り続けていたそうですが、実際に折った鶴の数は諸説あり、正確にはわかっていません。亡くなったことに衝撃を受けた同級生たちが「原爆で亡くなった子供たちの霊をなぐさめるために像を作ろう!」と、全国に呼びかけたことをきっかけに、全国から3000校以上の学校やイギリス含めで9か国からの寄付により完成しました。

見どころ
金色の折り鶴をかかげる少女のブロンズ像を支える台座は、ドーム型になっています。台座の左右部分には、明るい未来と希望を象徴する意味で少年少女の像があります。このドーム型の内側に、鐘があります。その鐘から折り鶴をかたどった鎖が揺れると音がなります。以前、この像の周りには折り鶴が沢山置かれていたが、放火対策等のために、折り鶴置場が置かれています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    広島の現地ガイドとめぐるウォーキングツアーです。戦争と平和に関する主要スポットをガイドのご案内と共に巡るので、より深く広島の歴史を感じていただけます。ガイド貸切なのでご自身のペースで見学でき、またご希望のアレンジにも対応いたします。

    JPY21,670

    毎日
    4時間 (午前, 午後)

広島の人気アクティビティランキング

原爆の子の像 (観光情報) | 広島観光| VELTRA(ベルトラ)

平和記念公園内にある原爆の子の像は、2歳の時に被爆し9年後に発症した佐々木禎子さんがモデルになっています。1958年5月5日の子供の日に公開されました。折り鶴をかかげる少女の像の高さは9メートルでブロンズ製です。像の下に置いてある石碑には「これはぼくらの叫びです これは私たちの祈りです 世界に平和をきずくための」という文が刻まれています。この像には年間を通して、沢山の折鶴(千羽鶴)が捧げられていることから、「千羽鶴の塔」という別名もあります。