音戸の瀬戸 (観光情報) (観光情報) | 広島観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
音戸の瀬戸
音戸の瀬戸とは、広島呉市にある本州と倉橋島の間にある海峡のことです。幅はわずか90m程度、加工幅が60mしかなく、一日の船舶の通行量は約700隻で潮流がはやく、狭いところを広島市と松山市を結ぶ定期船が行きかうなど、船舶が激しい海域となっています。交通アクセスですが、広島駅からは広電バスの利用が便利です。呉倉橋島線または阿賀音戸の瀬戸線に乗車し、「音戸渡船口」バス停で下車。徒歩約10分の場所にあります。
歴史
音戸の瀬戸は、平安時代に日宋貿易の経路として、平清盛が開いたと言われています。工事を1日で完成させるために、平清盛が夕日を招き返して切り開いたという「日招き伝説」が伝わり、多くの人に知られています。平清盛ゆかりの地でもあることから、この辺りに広がる音戸瀬戸公園内には日招像が建設されています。そして公園のシンボルとして多くの人に親しまれています。開削800周年を記念して昭和42年に建てられたものです。

見どころ
音戸の瀬戸には、瀬戸を見渡せる美しい公園があり、広島屈指の名勝地でもあります。多くの人が観光に訪れます。ツツジの季節には、色鮮やかな景観が見事です。また、桜も1000本ほど植えられており、広島有数の桜の名所でもあります。深紅の音戸大橋、第二音戸大橋、第三音戸大橋が目印です。この地を訪れた記念に写真撮影をするスポットとしても人気が高いようです。新平家物語を手がける際に訪れたことを記念して建てられた吉川英治文学碑もあります。

広島人気アクティビティランキング

音戸の瀬戸 (観光情報) (観光情報) | 広島観光 VELTRA(ベルトラ)
音戸の瀬戸とは、広島呉市にある本州と倉橋島の間にある海峡のことです。幅はわずか90m程度、加工幅が60mしかなく、一日の船舶の通行量は約700隻で潮流がはやく、狭いところを広島市と松山市を結ぶ定期船が行きかうなど、船舶が激しい海域となっています。交通アクセスですが、広島駅からは広電バスの利用が便利です。呉倉橋島線または阿賀音戸の瀬戸線に乗車し、「音戸渡船口」バス停で下車。徒歩約10分の場所にあります。