さっぽろ雪まつりとは、北海道を代表する冬のイベントの一つです。毎年2月上旬から開催されています。札幌の中心である大通公園や他の会場で雪や氷を使用した像やスキージャンプ台などが制作され道内外から多くの観光客が訪れます。雪氷像を制作するのは地元の大学生やボランティアスタッフ、自衛隊などの協力の元に行われております。大変人気の高いイベントではありますが一時期よりも落ち着いた客足となっているため安定した運営や開催環境となっています。
歴史
さっぽろ雪まつりの歴史としては、1950年に観光協会と市が主催して行ったイベントがきっかけでスタートしています。当初は雪像を作ってライトアップするというスタイルだけではなく歌謡コンクールやダンス披露、映画上映などもありました。かつては中島公園なども会場となっていましたが、現在では大通公園とすすきの会場、つどーむ会場などがメイン開催場所となっています。過去には問題や事故などもありましたが現在ではしっかりとした対策や運営が行われています。

見どころ
さっぽろ雪まつりの見どころは、なんといっても雪氷像になります。コンペなどや選定されて披露されている雪氷像の数々は高いクォリティのため見る人に驚きと感動を与えてくれます。また扱う内容も時事ネタをはじめとして人気のあるキャラクターや実在の人物、アニメのキャラクターなど多岐に渡っており幅広い方が楽しむことが可能です。また最近話題になっているプロジェクションマッピングを雪氷像で行うなど新しい取り組みもなされており年々進化を遂げているので新しい発見もあるでしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

北海道の人気アクティビティランキング

さっぽろ雪まつり (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

さっぽろ雪まつりとは、北海道を代表する冬のイベントの一つです。毎年2月上旬から開催されています。札幌の中心である大通公園や他の会場で雪や氷を使用した像やスキージャンプ台などが制作され道内外から多くの観光客が訪れます。雪氷像を制作するのは地元の大学生やボランティアスタッフ、自衛隊などの協力の元に行われております。大変人気の高いイベントではありますが一時期よりも落ち着いた客足となっているため安定した運営や開催環境となっています。