旧函館区公会堂 (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

旧函館区公会堂とは、北海道の函館市元町にある西洋館です。明治時代に建設され、当時では珍しいアメリカのコロニアルをお手本とした洋風の建築物だったため注目されました。洋風とはいえ、唐草模様や引き戸を使ったベランダなど日本の文化も残しています。洋風と和風の融合で調和がとれていることからも明治期の建築意匠を垣間見ることが可能です。また現代にも通じる素晴らしい外観は、しっかりと保存されており、元町のランドマークと呼ばれています。
歴史
旧函館区公会堂の歴史は、明治40年、1907年の火事により町会所が消失してしまったことがはじまりです。初代相馬哲平の寄付の元に明治43年、1910年に建設されました。明治期に建てられた公会堂の中でも建築の意匠に優れ、洋風建築に関しての職人の習得具合がよくわかるものとなっています。明治44年、1911年には大正天皇が皇太子の時に宿舎になった事も広く知られています。昭和49年、1982年には国の重要文化財に指定されました。

見どころ
旧函館区公会堂の見どころは館内の建築意匠や素晴らしい外観です。館内の建築意匠は明治期当時の雰囲気を活かしつつ洋風のエッセンスと融合しており、シャンデリアはアカンサスをモチーフとしており、シックな感じながらもゴージャス感があります。シャンデリアだけではなく館内の装飾もアカンサスをなぞらえた様式になっているところがあるため統一されたエッセンスに酔うことができます。外観も青が混ざった灰色が綺麗に映えるので見ているだけで高揚感があります。
6アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    函館観光だけでは物足りない方にオススメのプランです。函館、大沼の観光地を思いっきり楽しみませんか。大沼公園の散策や遊覧船などの大沼観光と、ハリストス正教会や旧函館区公会堂などの函館観光を楽しめます。
    送迎付き

    JPY21,840

    毎日
  2. No.2
    イタリアのナポリ、中国の香港とならび、世界3大夜景の1つである函館の夜景を見に行きませんか。山の麓のライトアップされた建築物を車窓から見ながら巡ったり、夜の散策をしたりするのもお勧めです。
    送迎付き

    JPY5,460

    毎日
  3. No.3
    函館と言えば3大夜景の一つ。函館の名所を夜にタクシーで回りませんか。函館山から見る夜景やライトアップされたベイエリア金森倉庫群・青函連絡船メモリアルなど観光スポットを巡りましょう。
    送迎付き

    JPY11,850

    毎日
  4. 観光専門の道南ハイヤー・スマイルタクシー乗務員が思わぬ穴場観光地へ案内してくれますよ。サプライズな地元密着スポットを一緒に楽しみましょう♪元町教会、五稜郭公園、金森倉庫など多数の名所をめぐる函館満喫コースです。
    送迎付き

    JPY16,680

    毎日
    3時間 (午前, 午後, 夜)
  5. 短い時間で効率よく観光スポットを回るなら観光タクシーがおすすめ。船着場に沿って建ち並ぶ赤レンガ倉庫群や幕末に生きた男たちの最期の軌跡 五稜郭公園、遥か下北半島を望む景勝地 立待岬やトラピスチヌ修道院など、絵になる美しい観光名所を訪れます。
    送迎付き

    JPY27,800

    毎日
    5時間 (午前, 午後, 夜)
  6. 函館を舞台に作られた作品は60本以上!異国情緒あふれる函館は、多くの映画人の創作意欲を駆り立てました。「ギターをもった渡り鳥」や「夕日の丘」などの映画ロケ地を巡ります。スクリーンに似合う街"函館"を観光専門ドライバーと共にお楽しみください。
    送迎付き

    JPY22,240

    毎日
    4時間 (午前, 午後, 夜)

北海道の人気アクティビティランキング

北海道 テーマから探す

旧函館区公会堂 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

旧函館区公会堂とは、北海道の函館市元町にある西洋館です。明治時代に建設され、当時では珍しいアメリカのコロニアルをお手本とした洋風の建築物だったため注目されました。洋風とはいえ、唐草模様や引き戸を使ったベランダなど日本の文化も残しています。洋風と和風の融合で調和がとれていることからも明治期の建築意匠を垣間見ることが可能です。また現代にも通じる素晴らしい外観は、しっかりと保存されており、元町のランドマークと呼ばれています。