にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸) (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)

5.00
(6)
にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)は、当時の北海道においては、ずば抜けて豪華な木造建築物です。1890年代から1900年代のものは、建築主の希望により和洋折衷の様式を取り入れているものもあり、流行に敏感な、一流の棟梁を招聘して造らせたことが窺えます。鰊御殿の棟梁は、家族と共に来道し、小屋を建て数年に及ぶ工事に従事したと伝えられています。初期の建築物は、平屋建てで、度量は鯨尺と称されるものを使っています。
見どころ
にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)の見どころは、やhりその豪華さにあるでしょう。当時としては最新の技術を取り入れ、一流の大工に作らせたという、豪華絢爛たる建築物です。今でも通用するほどの様式美は、当時としては画期的だったことが窺えます。ほかにも、いたるところに贅の限りが尽くされています。

北海道人気アクティビティランキング

にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)の新着体験談

貸切観光タクシー 高級感あふれるアルファードで行く小樽日帰りコース <5時間/1~4名/札幌市内中心部発> by 真山タクシー

楽しかった!

2022/08/25 友達・同僚 まるちゃん

遠方から来る方を小樽に案内するために
初めて観光タクシーを利用しました。
こちらの要望にも、柔軟に対応してくださったり
小樽に向かうまでにも様々な話を聴けて

車内での会話を拾ってくださり
臨機応変な観光のサポートをしてくださっ... 続きを読む

閉じる
北海道観光タクシー 小樽の昼も夜も満喫できるプランをご用意<小樽・札幌発>by北海道観光小樽個人生田タクシー

小樽から余市へ

2022/03/08 友達・同僚 もんに

普段ならレンタカーを利用するのですが、雪道が心配だったためこのツアーを申し込みました。当日は幸いにも天気に恵まれ運転に支障は無さそうでしたが、やっぱりタクシーは楽。慣れない道やお店を調べながら走ることを考えると、事前の下調べも当日の時間ロス... 続きを読む

閉じる
貸切観光タクシー 高級感あふれるアルファードで行く小樽日帰りコース <5時間/1~4名/札幌市内中心部発> by 真山タクシー

何度も小樽へ来た方も!豊かな気分で観光したいあなたにオススメです♪

2020/12/24 ひとりで ナオミッツ

 今回は一人で。電車だけでは回り切れない個所を効率よく観光できました。ドライバーガイドさんのご案内は丁寧で分かりやすく素晴らしかったです。また、車種もゆったり乗車ができるので、体の疲れがないのです。高齢の家族との利用もお勧めです。 あっとい... 続きを読む

閉じる
貸切観光タクシー 高級感あふれるアルファードで行く小樽日帰りコース <5時間/1~4名/札幌市内中心部発> by 真山タクシー

やはり…

2020/11/03 カップル・夫婦 ゆきちゃん

観光はタクシーに限りますね!小樽の街を再発見…運河とお寿司の街としか思っていなく…小樽の本当の素晴らしいところたくさんありもう1日いたいと感じました!色々お気遣いもいただきとても良い思い出になりました。また来る時は利用したいと思います。

北海道観光タクシー 小樽の昼も夜も満喫できるプランをご用意<小樽・札幌発>by北海道観光小樽個人生田タクシー

みんな喜んでました✨

2019/09/10 友達・同僚 ひとみの

ガイドさんのような運転手さんで、説明も案内もてきぱきと素晴らしかったです。写真もたくさん撮って頂きみんな大喜びでした。有り難うございました。もう少し時間に余裕が有ったら良かったなと、3時間では足りませんので、5時間がお勧めですね。

貸切観光タクシー 高級感あふれるアルファードで行く小樽日帰りコース <5時間/1~4名/札幌市内中心部発> by 真山タクシー

最高の北海道旅行(*ˊ˘ˋ*)。♪:*°

2019/07/15 家族 ゆうこ

高齢になってきた母を連れ、観光タクシーでの旅行は、歴史など観光案内をしてもらい楽しいお喋りしながら札幌~小樽~富良野まで大移動でしたが上手く周って頂きました。
初富良野はガイドブックの写真通りのラベンダー畑、虹色のお花畑、本当にキレイでし... 続きを読む

閉じる
にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸) (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)
にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)は、当時の北海道においては、ずば抜けて豪華な木造建築物です。1890年代から1900年代のものは、建築主の希望により和洋折衷の様式を取り入れているものもあり、流行に敏感な、一流の棟梁を招聘して造らせたことが窺えます。鰊御殿の棟梁は、家族と共に来道し、小屋を建て数年に及ぶ工事に従事したと伝えられています。初期の建築物は、平屋建てで、度量は鯨尺と称されるものを使っています。