日本銀行旧小樽支店金融資料館 (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

1900年前後、当時商業を中心として発展する、小樽市に各銀行が集中し、市内で徐々に完成していった銀行街は、次第に「北のウォール街」と呼ばれるようになりました。その中で、日本銀行も小樽市に参入し、東京駅の設計者としても知られる「辰野金吾」や、「長野宇平治」、「岡田信一郎」らが、建物の設計を担当し、1912年に竣工しました。建物は、積み上げた煉瓦の上にモルタルを塗った造りの2階建てで、ルネサンス様式が取り入れられています。さらに、屋根には八幡製鉄所製の鉄骨が使用されており、小樽市内を眺めることのできる、東側の塔には、イギリス製のらせん階段が取り付けられました。総工費は当時の金額で40万円にも上り、これは、日本銀行本店と日本銀行大阪支店に次いで、3番目に高額な建設費だったといいます。
見どころ
資料館内は主に3つの展示スペースで区切られており、「歴史展示ゾーン」、「業務展示ゾーン」、「マルチメディアコーナー」に分けられています。歴史展示ゾーンでは、日本銀行の歴史をパネル展示するとともに、第2次世界大戦以降の紙幣の実物などを展示しており、日本銀行旧小樽支店ほか、「北のウォール街」当時における、数々の建造物のミニチュアを見学できるコーナーもあります
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    札幌からちょっと足を延ばして小樽へ日帰りで行く楽々快適な観光タクシー。1台当たりの料金ですのでグループで参加すればとってもお得です。おすすめの観光コースやご希望の場所へ、快適なニュークラウンで快適に観光してみませんか?
    送迎付き

    JPY21,840

    9%
    OFF
    早割
    毎日
    4 ~ 5時間 (午前, 午後)
  2. No.2
    人力車で周るのにちょうど良いサイズの小樽の町。浜風が心地よい夏、哀愁漂う秋、雪景色が美しい冬など四季のはっきりした情景を見せる小樽運河。歴史が息づく美しい港町をご案内します。20年以上の歴史を持つえびす屋のおもてなしで特別なひとときを。

    JPY2,000

    グループ割引
    毎日
    0.5 ~ 2時間 (午前, 午後, 夜)

北海道の人気アクティビティランキング

日本銀行旧小樽支店金融資料館 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

1900年前後、当時商業を中心として発展する、小樽市に各銀行が集中し、市内で徐々に完成していった銀行街は、次第に「北のウォール街」と呼ばれるようになりました。その中で、日本銀行も小樽市に参入し、東京駅の設計者としても知られる「辰野金吾」や、「長野宇平治」、「岡田信一郎」らが、建物の設計を担当し、1912年に竣工しました。建物は、積み上げた煉瓦の上にモルタルを塗った造りの2階建てで、ルネサンス様式が取り入れられています。さらに、屋根には八幡製鉄所製の鉄骨が使用されており、小樽市内を眺めることのできる、東側の塔には、イギリス製のらせん階段が取り付けられました。総工費は当時の金額で40万円にも上り、これは、日本銀行本店と日本銀行大阪支店に次いで、3番目に高額な建設費だったといいます。