北防波堤ドーム (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

北防波堤ドーム(きたぼうはていドーム)とは、北海道稚内市の稚内港にある大型の防波堤です。土木学会選奨土木遺産で、、北海道遺産にも選定されています(「稚内港北防波堤ドーム」)。稚内港の防波堤としての役割及び、桟橋から駅までの乗り換え通路を兼用するために、1931年(昭和6年)から、5年間をかけて建設されたました。防波堤の外観としましては、異色となるドーム状の形態を取っていることから命名されました。高さ約14メートル、長さ427メートル古代ギリシア建築を彷彿とさせる7、0本のエンタシス状の柱列群は斬新な印象を与えています。1981年(昭和56年)に全面改修されました。
見どころ
北防波堤ドームは、前面改修工事されたおかげで非常にキレイで、見ごたえがあります。
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    稚内公園、ノシャップ岬、北防ドームを巡る稚内市内観光コースです。稚内公園は稚内市街の西側の丘の上にあり、九人の乙女の碑や行幸啓記念碑が建てられています。北防波堤ドームは稚内港にある大型の防波堤です。
    送迎付き

    JPY5,700

    毎日
    1.5 ~ 2時間 (午前, 午後, 夜)
  2. No.2
    稚内市内中心部から、稚内公園、ノシャップ岬、北防防波堤などにご案内します。タクシー観光なら気兼ねなくゆっくり観光をお楽しみいただけます。お客様のお名前を書いたステッカーを持った乗務員がお迎え場所でお待ちしております。
    送迎付き

    JPY5,700

    毎日
    (午前, 午後, 夜)

北海道の人気アクティビティランキング

北防波堤ドーム (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

北防波堤ドーム(きたぼうはていドーム)とは、北海道稚内市の稚内港にある大型の防波堤です。土木学会選奨土木遺産で、、北海道遺産にも選定されています(「稚内港北防波堤ドーム」)。稚内港の防波堤としての役割及び、桟橋から駅までの乗り換え通路を兼用するために、1931年(昭和6年)から、5年間をかけて建設されたました。防波堤の外観としましては、異色となるドーム状の形態を取っていることから命名されました。高さ約14メートル、長さ427メートル古代ギリシア建築を彷彿とさせる7、0本のエンタシス状の柱列群は斬新な印象を与えています。1981年(昭和56年)に全面改修されました。