知床峠 (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

知床峠(しれとことうげ)は、北海道目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町の境にある国道334号の峠です。根室振興局と、オホーツク総合振興局の境界にもなっています。知床半島を横切っており、知床横断道路と呼ばれています。羅臼~斜里間の経済、文化の交流と、世界遺産「知床」や道東の広域観光道路として利用されています。気候の変化が著しく、雪崩(なだれ)や崖崩れなど、道路管理に厳しい条件となっているため、降雪によって北海道内の国道で唯一通行止めになることもあります。知床峠の除雪作業や開通のニュースは、北海道の春の風物詩となっています。
歴史
世界遺産「知床」や道東の広域観光道路として利用されている知床横断道路が知床峠の本当の姿です。知床峠は、大自然が悠久の時間をかけてゆっくりと作り上げた場所です。この地に来ますと、そのことを実感することが出来るでしょう。この地に来て、悠久のときを実感されるのも良いかもしれません。

見どころ
知床峠駐車場があり、地元のビューポイントになっています。峠からの眺めは、知床八景の1つに選ばれており、羅臼岳やハイマツの樹海、天候が良いときには北方領土国後島(ほっぽうりょうどくなしりとう)も望むことができます。峠頂上部より羅臼側標高650m地点は、「見返り峠」と呼ばれており、ヘアピンカーブ(つづら折れ)が続いています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    女満別空港発着の貸切観光タクシーです。6時間コースは網走市を始めとして、摩周湖、阿寒湖、川湯屈斜路、知床と遠出で観光するのに便利ですよ。摩周湖、裏摩周、阿寒湖のコースなど目いっぱい回れます。
    送迎付き

    JPY32,300

    毎日
    6時間 (午前, 午後)

北海道の人気アクティビティランキング

知床峠 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

知床峠(しれとことうげ)は、北海道目梨郡羅臼町と斜里郡斜里町の境にある国道334号の峠です。根室振興局と、オホーツク総合振興局の境界にもなっています。知床半島を横切っており、知床横断道路と呼ばれています。羅臼~斜里間の経済、文化の交流と、世界遺産「知床」や道東の広域観光道路として利用されています。気候の変化が著しく、雪崩(なだれ)や崖崩れなど、道路管理に厳しい条件となっているため、降雪によって北海道内の国道で唯一通行止めになることもあります。知床峠の除雪作業や開通のニュースは、北海道の春の風物詩となっています。