北海道大学植物園 (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

北海道大学植物園は札幌市中央区にあります。国内最初の近代的植物園で、原生林をそのまま保存する園内には、およそ4000種類もの北海道ならではの植物が生育しています。ハルニレやブナの大木に囲まれた園内は、都心とは思えない静けさでのんびりとした時間を過ごすことが出来る憩いの場となっています。この植物園の初代園長・宮部金吾博士の記念館や、擦文時代の竪穴式住居跡地、世界各国から集められたロックガーデン、旧バチェラー邸なども観覧することができます。
歴史
北海道大学植物園の歴史は、大学の初代教頭であるW.S.クラークが、1877年(明治10年)発行の「札幌農學校第一年報」に植物学および園芸学の教育のためには植物園が必要であると提言したことにはじまる。1886年(明治19年)に設置され、札幌農学校・北海道大学の教育・研究の場として活動を続けるとともに、札幌市民の憩いの場・社会教育の場として役割を果たしている。

見どころ
北海道大学植物園の庭園部には高山植物園・北方民族植物標本園・草木分科園・バラ園・潅木園があり、ほかにもカナディアンロックガーデン・ライラック並木などを鑑賞することができます。温室には8つの部屋があり、熱帯雨林室・亜熱帯室・食虫植物・ラン室・多肉植物室・シダ室・プロメリア・ベゴニア室と主として札幌の戸外では越冬できない南方系の植物を栽培・展示されています。雪に閉ざされた厳しい冬でも、屋内で元気よく生育している植物に親しむことができます。また園内には博物館本館・北方民族資料室・宮部金吾記念館・バチェラー記念館もあり、それにまつわる展示を観覧することが出来ます。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    自然豊かな公園や音楽と触れ合える場所、札幌の街並みを見渡せるテレビ塔や、赤レンガとして有名な道庁旧庁舎、札幌時計台など札幌の有名観光名所を巡ります。タクシーだから見れる名所周辺の景色を見ながら観光してみてはいかがでしょうか。
    送迎付き

    JPY18,630

    毎日
    2 ~ 6時間 (午前, 午後)

北海道の人気アクティビティランキング

北海道 テーマから探す

北海道大学植物園 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

北海道大学植物園は札幌市中央区にあります。国内最初の近代的植物園で、原生林をそのまま保存する園内には、およそ4000種類もの北海道ならではの植物が生育しています。ハルニレやブナの大木に囲まれた園内は、都心とは思えない静けさでのんびりとした時間を過ごすことが出来る憩いの場となっています。この植物園の初代園長・宮部金吾博士の記念館や、擦文時代の竪穴式住居跡地、世界各国から集められたロックガーデン、旧バチェラー邸なども観覧することができます。