濤沸湖 (白鳥公園) (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報
濤沸湖 (白鳥公園)
5.00
(2)
観察小屋などが整備されている網走市北浜の濤沸湖白鳥公園では、餌付け用のエサ販売も行われていて、オオハクチョウや、オナガガモの食欲旺盛な様子が見られます。冬のドライブが不安でしたら、釧網本線北浜駅から歩いて約10分程度の好立地の距離ですので、流氷観光を兼ねて、流氷ノロッコ号で訪ねてもいいでしょう。
歴史
濤沸湖は、濤沸湖(とうふつこ)は北海道東部、網走市と小清水町にまたがる汽水湖です。面積は約900haで、網走国定公園に含まれます。2005年にはラムサール条約に登録されています。湿原の大部分はヨシ-スゲ湿原ですが、ミズゴケ湿原も一部あり、食虫植物のモウセンゴケやコタヌキモが生育しています。また、タンチョウやエゾセンニュウ、ベニマシコなどの多くの鳥類の繁殖地・休息地となっています。

見どころ
2005年11月8日に、ウガンダの首都カンパラで開催された「第9回ラムサール条約締結国会議」で、濤沸湖がラムサール登録湿地に正式決定しました。オホーツクの海岸線から、国道沿いに広がる濤沸湖は、オホーツクを代表する景観のひとつです。10月頃、餌をもとめて飛来する白鳥の観察ポイントとなっています。間近に白鳥を観察することができる、絶好のスポットです。オオハクチョウやマガモ、カモメ類の姿を、間近で見ることができます。斜里岳の展望も素晴らしいです。ほとんどはさらに南へ渡りますが、300羽ほどは、濤沸湖(とうふつ湖)で越冬するそうです。屈斜路湖と並んで、冬中白鳥に出会える、道東のバードウォッチングポイントです。

北海道人気アクティビティランキング

濤沸湖 (白鳥公園)の新着体験談

空港へ向かいながら、様々な観光名所を巡れる一石二鳥のツアーです!

2021/10/21 小さなお子様連れ ムーニーさん

知床を訪れた際に利用しました。行きは、路線バスとJRを使って女満別から知床ウトロまで向かい、それはそれで楽しかったのですが、復路はバスと電車の乗り継ぎが悪くどうしようか迷っていたところにこちらのツアーを発見し利用させていただきました。ホテル... 続きを読む

閉じる

タクシーで観光しながら空港へ

2021/09/06 家族 おさいふくん

知床からタクシーに乗って観光しながら女満別空港まで行きました。最終日は荷物も多くなるので荷物をタクシーに置いておきながら観光できるのはラクでよかった。運転手さんも親切で良かったです。ありがとうございました。

濤沸湖 (白鳥公園) (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)
観察小屋などが整備されている網走市北浜の濤沸湖白鳥公園では、餌付け用のエサ販売も行われていて、オオハクチョウや、オナガガモの食欲旺盛な様子が見られます。冬のドライブが不安でしたら、釧網本線北浜駅から歩いて約10分程度の好立地の距離ですので、流氷観光を兼ねて、流氷ノロッコ号で訪ねてもいいでしょう。
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み 〜安全基準のご案内〜
新型コロナウィルス感染症に対する取り組み
〜安全基準のご案内〜