千歳サケのふるさと館 (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)
千歳サケのふるさと館(ちとせサケのふるさとかん、Chitose Salmon Aquarium)は、北海道千歳市にある観光施設です。千歳市では、1888年(明治21年)より、サケの繁殖事業が官営で行われていました。当時、市街地を超えた千歳川下流には、遡上したサケを捕獲・採卵するため、インディアン水車が設置され、そこで捕獲、採卵・受精された卵は、孵化、及び養魚成育を目的とした、綺麗な水の確保できる上流の孵化場(サケ・マス孵化場)へ運ばれました。
歴史
戦後インディアン水車周辺の市街化につれ、そのダイナミックなサケの捕獲シーンを、一目見ようと、遡上シーズンには、徐々に見物人が集まるようになっていました。そこで、それに目を付けた千歳市が、このインディアン水車を街の観光名所とすべく積極的に事業を計画・推進した結果、出来上がった施設が、「千歳サケのふるさと館」でした。サーモンパーク千歳は、広大な無料駐車場を備え、水洗トイレや売店もあることから、ドライブの休憩所としても機能しており、鮭の遡上時期以外でも、休日を中心にかなり賑わっています。「サーモンパーク千歳」は2004年(平成16年)に道の駅として登録されました。

見どころ
千歳サケのふるさと館では、サケの遡上シーズン中の捕獲見学はもちろんのこと、それ以外の季節でも楽しめるようにサケや北方圏淡水魚を、展示を目的としたミニ水族館や、ウグイ・ヤマメ等の魚が、間近で見られる川底の見学設備などを備えています。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    手つかずの自然に囲まれた日本最北の不凍湖「支笏湖」と秘湯・「丸駒温泉」、さらにその名のとおり水量によって、水流が扇状になる「白扇の滝」と淡水では日本最大級の水槽を有するサケのふるさと千歳水族館をめぐります。

    JPY5,700

    毎日
    (午前)

北海道の人気アクティビティランキング

北海道 テーマから探す

千歳サケのふるさと館 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

千歳サケのふるさと館(ちとせサケのふるさとかん、Chitose Salmon Aquarium)は、北海道千歳市にある観光施設です。千歳市では、1888年(明治21年)より、サケの繁殖事業が官営で行われていました。当時、市街地を超えた千歳川下流には、遡上したサケを捕獲・採卵するため、インディアン水車が設置され、そこで捕獲、採卵・受精された卵は、孵化、及び養魚成育を目的とした、綺麗な水の確保できる上流の孵化場(サケ・マス孵化場)へ運ばれました。