羅臼岳 (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

羅臼岳(らうすだけ)は、北海道・知床半島にある、火山群の主峰及び最高峰で、標高1,661mです。古くはアイヌ語でチャチャヌプリ、また、良牛岳と記されたこともあります。流紋岩質~安山岩質の溶岩による活動は、成層火山を形成したものの、最終的には、山頂付近は溶岩円頂丘を形成させています。
歴史
約500年前までは、火山活動を続けていた活火山であり、1964年には下流の羅臼町で、100回を超える群発地震や間欠泉の噴出を観測しています。1964年(昭和39年)6月1日に、知床国立公園に指定され、2005年7月に、この山域を含む知床半島が知床 (世界遺産)に正式登録されました。日本百名山、花の百名山及び、新・花の百名山にも選定されている山です。標高は、1995年に国土地理院の調査で、1,661mに改定されましたが、より正確に、測定できるGPS調査によって、2008年5月1日に1,660m(1,660.36m)に改定。しかし、GNSS測量等の点検・補正調査の結果から、2014年4月1日の「日本の山岳標高一覧-1003山-」で、1,661mに再び改訂されました。

見どころ
登山口は、羅臼町からは羅臼温泉付近から斜里町からは、岩尾別温泉付近から登山道が整備されています。所要時間は、後者の方が短いです。知床五湖には遊歩道があり、その山容を望むことができます。登山ルートは、傾斜がきつく岩質がもろい状態でですので、厳しい気象条件下にあると言えるでしょう。また、ヒグマが頻繁に出没するエリアですので、注意が必要です。
1アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    世界遺産知床半島羅臼町でヒグマウォッチング!小さなボートで知床半島沿岸のヒグマを観察に行きます。お昼ご飯を持参してヒグマを見ながらお弁当を食べることができる楽しいツアーです。ツアー時間はたっぷり6時間!長時間の撮影が可能です。
    送迎付き

    JPY7,500

    毎日
    (午前)

北海道の人気アクティビティランキング

羅臼岳 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

羅臼岳(らうすだけ)は、北海道・知床半島にある、火山群の主峰及び最高峰で、標高1,661mです。古くはアイヌ語でチャチャヌプリ、また、良牛岳と記されたこともあります。流紋岩質~安山岩質の溶岩による活動は、成層火山を形成したものの、最終的には、山頂付近は溶岩円頂丘を形成させています。