中央卸売市場 場外市場 (観光情報) (観光情報) | 北海道観光 VELTRA(ベルトラ)

出発地:

札幌市中央卸売市場(さっぽろしちゅうおうおろしうりしじょう、Sapporo City Wholesale Market)は、札幌市が設置している、中央卸売市場です。略称は、「中央市場」、「札幌中央市場」、「札幌市場」です。地方公営企業法の財務規定等が適用されている市場です。札幌市経済局中央卸売市場管理課に属しています。青果・水産生産物が流通される場所であり、毎年初夏に行われる、「夕張メロン」・「でんすけ西瓜」・「らいでん西瓜」の初競りの風景がメディアに取り上げられることでも有名です。
歴史
1923年(大正12年)3月30日、「中央卸売市場法(法律第32号)」が制定。11月1日施行。1958年(昭和33年)10月10日、国鉄の市場引込線開通。1959年(昭和34年)12月6日、「札幌市中央卸売市場」が開設。1978年(昭和53年)11月1日、国鉄の高架化事業に伴い引込線廃止・撤去。2002年(平成14年)8月21日、水産棟の立替工事を開始。2003年(平成15年)12月12日、水産棟が完成。2004年(平成16年)8月2日、青果棟の立替工事を開始。2006年(平成18年)2月14日、青果棟が完成。2007年(平成19年)2月17日、新「札幌市中央卸売市場」完成記念式典を敢行。2010年(平成22年)9月26日、開設50周年を記念して「札幌市場祭」を開催。

見どころ
中央卸売市場 場外市場の見どころは、なんといってもその活気です。卸売業者や仲買業者などが連日威勢のいい大声でセリを行っています。また、鮮魚店、青果店、乾物店に干物店などたくさんの店舗があるのも見所です。さらに市場の食材を活かしたすし屋や定食屋などの飲食店も充実していて、手ごろな価格で旬の味覚が食べられるのも魅力の一つです。市場でセリが終わり次第商品が次々と並べられるので、朝早くから出かけるのがよいでしょう。
2アクティビティ
1/1ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

  1. No.1
    札幌市中央卸売市場・場外市場に3店舗を構える大型鮮魚店、北の漁場。その2号店2階は、海鮮丼などが楽しめるお食事処となっています。そちらで海鮮丼に舌鼓!その後はもちろんお土産に新鮮な海鮮類を安くお買い上げ♪札幌市内無料送迎付き!朝食&昼食どちらにも利用可♪
    送迎付き
    プレゼント特典

    JPY2,618

    毎日
    (午前, 午後)
  2. No.2
    テレビ塔や大通公園などの王道から札幌ドームや羊ヶ丘展望台、 白い恋人パーク、場外市場 など様々なコースをご用意しております。貸切ツアーだから移動が便利でゆっくり気兼ねせず観光を楽しむことができます。
    送迎付き

    JPY26,400

    毎日
    (午前, 午後, 夜, 深夜)

北海道の人気アクティビティランキング

中央卸売市場 場外市場 (観光情報) | 北海道観光| VELTRA(ベルトラ)

札幌市中央卸売市場(さっぽろしちゅうおうおろしうりしじょう、Sapporo City Wholesale Market)は、札幌市が設置している、中央卸売市場です。略称は、「中央市場」、「札幌中央市場」、「札幌市場」です。地方公営企業法の財務規定等が適用されている市場です。札幌市経済局中央卸売市場管理課に属しています。青果・水産生産物が流通される場所であり、毎年初夏に行われる、「夕張メロン」・「でんすけ西瓜」・「らいでん西瓜」の初競りの風景がメディアに取り上げられることでも有名です。