ウポポイ(民族共生象徴空間) (観光情報) | 北海道の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
体験を探す
観光情報

ウポポイ(民族共生象徴空間)

4.40
白老町に2020年7月にオープンしたウポポイ。アイヌ文化の振興や普及啓発は、伝承者の減少、アイヌ語や伝統工芸など存立の危機にある分野の存在で未だなおアイヌの歴史や文化等について十分な理解が得られていないといった課題があり、ウポポイ(民族共生象徴空間)は、アイヌ文化を振興するための空間や施設であるだけではなく、貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化を復興・発展させる拠点としてオープンしました。施設は先住民族アイヌの歴史と文化を主題とした日本初・日本最北の国立博物館の「国立アイヌ民族博物館」「国立民族共生公園」があり、国立民族共生公園内にはユネスコ無形文化遺産に登録されている「アイヌ古式舞踊」やムックリ(口琴)・トンコリ(五弦琴)の楽器演奏など、アイヌの伝統芸能を上演している「体験交流ホール」やチセ(家屋)群が再現され、儀礼への参加や見学の他、民族衣装を試着して写真撮影をすることもできるアイヌの伝統的な生活空間を体感できる「伝統的コタン」などがある。

北海道人気アクティビティランキング

ウポポイ(民族共生象徴空間)の新着体験談

【1名様から催行】札幌発!白老ウポポイ&縄文遺跡バスツアー すき焼き御膳の昼食付!史跡キウス周堤墓群+ウポポイ(民族共生象徴空間)<8~10月/札幌駅発着>

最前列で!

2022/11/12 カップル・夫婦 earth_step

ウポポイの演舞を予め確保された最前列の特等席で観ることができました。演舞は出演者の方が懸命に取り組まれ、見応えありました。大満足です!

【1名様から催行】札幌発!白老ウポポイ&縄文遺跡バスツアー すき焼き御膳の昼食付!史跡キウス周堤墓群+ウポポイ(民族共生象徴空間)<8~10月/札幌駅発着>

楽しかった(≧∀≦)

2022/10/28 ひとりで あくあ

初めての1人観光バスツアー。

この日は北海道へ社員旅行。
ツアー参加日当日は、ほぼ全員がバラバラの予定だったため、何をするか悩んでました。
1人での行動が得意ではなく、時間を持て余すんじゃないか…と不安もあり、迷いに迷って参加する... 続きを読む

閉じる
【1名様から催行】札幌発!白老ウポポイ&縄文遺跡バスツアー すき焼き御膳の昼食付!史跡キウス周堤墓群+ウポポイ(民族共生象徴空間)<8~10月/札幌駅発着>

アイヌ文化をもっと知りたいと思いました。

2022/10/22 ひとりで Mary

ウポポイににもう一度見学にいきたいです。
ガイドさんはみなさんとても親切でした。
世界遺産と北海道遺産も興味深かったです

【1名様から催行】札幌発!白老ウポポイ&縄文遺跡バスツアー すき焼き御膳の昼食付!史跡キウス周堤墓群+ウポポイ(民族共生象徴空間)<8~10月/札幌駅発着>

コスパ的にもバスツアーはいいです

2022/10/22 ひとりで ちょーすけ

札幌発!白老ウポポイ&縄文遺跡バスツアーに参加させていただきました。
普段はレンタカーばかりで紋別への流氷ツアーぐらいしかバス利用はなかったのですが、ウポポイに行くのに個人で行くかを考えてバスを選択しました。
●予算的には
往復のガソ... 続きを読む

閉じる
【1名様から催行】札幌発!白老ウポポイ&縄文遺跡バスツアー すき焼き御膳の昼食付!史跡キウス周堤墓群+ウポポイ(民族共生象徴空間)<8~10月/札幌駅発着>

北海道旅行最終日

2022/10/15 カップル・夫婦 こーちゃん

大阪から格安ツアーで2泊3日の最終日、ホテルチェックアウト後、夜の帰り便まで予定なかったためバス旅行を探しました。新千歳空港に届けていただけるのも選択した理由でした。あまり期待してませんでしたが、何々、中々のバスツアーでした。ガイドさん、各... 続きを読む

閉じる
【1名様から催行】札幌発!白老ウポポイ&縄文遺跡バスツアー すき焼き御膳の昼食付!史跡キウス周堤墓群+ウポポイ(民族共生象徴空間)<8~10月/札幌駅発着>

初のひとりバスツアー

2022/10/11 ひとりで しげる

訪問先各所に現地ボランティアガイドさんがいらっしゃり、まるでブラタモリ的なマニアックな案で勉強になった。

ウポポイ(民族共生象徴空間) (観光情報) | 北海道の観光&遊び・体験・レジャー専門予約サイト VELTRA(ベルトラ)
白老町に2020年7月にオープンしたウポポイ。アイヌ文化の振興や普及啓発は、伝承者の減少、アイヌ語や伝統工芸など存立の危機にある分野の存在で未だなおアイヌの歴史や文化等について十分な理解が得られていないといった課題があり、ウポポイ(民族共生象徴空間)は、アイヌ文化を振興するための空間や施設であるだけではなく、貴重な文化でありながら存立の危機にあるアイヌ文化を復興・発展させる拠点としてオープンしました。施設は先住民族アイヌの歴史と文化を主題とした日本初・日本最北の国立博物館の「国立アイヌ民族博物館」「国立民族共生公園」があり、国立民族共生公園内にはユネスコ無形文化遺産に登録されている「アイヌ古式舞踊」やムックリ(口琴)・トンコリ(五弦琴)の楽器演奏など、アイヌの伝統芸能を上演している「体験交流ホール」やチセ(家屋)群が再現され、儀礼への参加や見学の他、民族衣装を試着して写真撮影をすることもできるアイヌの伝統的な生活空間を体感できる「伝統的コタン」などがある。