幾寅駅(いくとらえき)は、北海道空知郡南富良野町字幾寅にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅です。駅番号はT36で、電報略号はトラ。かつては、急行「狩勝」の停車駅でした。単式ホーム1面1線を有する地上駅です。かつては、島式ホーム状の2面を有していましたが、いずれも、片面使用の実質相対式ホーム2面2線で、駅舎側ホーム(下りホーム)と、駅舎の間に貨物積卸線1本と駅裏側に大きく膨らんだ貨物線1本を有していました。当駅は建設時には、南側に駅舎が設置されていましたが、この駅裏の貨物線は駅舎が北側に移転した後に設置されています。駅舎と互いのホームは、構内踏切で連絡していました。駅裏側の貨物線が先に廃止され]、後に、駅舎側の貨物積卸線も貨物取扱廃止に伴って、使用されなくなり、1983年時点では、側線として残っていましたが、1993年(平成5年)時点では、この側線も富良野側の転轍機が外されて、滝川方から分岐する側線となっていました。更に、交換設備廃止の上、島式ホーム1面使用の単式ホームとなっています。
見どころ
日本全国に感動を巻き起こした、高倉健主演の「鉄道員(ぽっぽや)」。の物語の舞台となった「幌舞駅」は、「JR幾寅駅」として、現在も利用されている実存する駅です。更に、「だるま食堂」など、ロケで使用された建物は、現在も映画の町並みのままに保存、公開され、そこに佇みますと、まるで映画の中に入り込んだような感覚を覚えます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

富良野・美瑛・旭川の人気アクティビティランキング

幾寅駅 (観光情報) | 富良野・美瑛・旭川観光| VELTRA(ベルトラ)

幾寅駅(いくとらえき)は、北海道空知郡南富良野町字幾寅にある、北海道旅客鉄道(JR北海道)根室本線の駅です。駅番号はT36で、電報略号はトラ。かつては、急行「狩勝」の停車駅でした。単式ホーム1面1線を有する地上駅です。かつては、島式ホーム状の2面を有していましたが、いずれも、片面使用の実質相対式ホーム2面2線で、駅舎側ホーム(下りホーム)と、駅舎の間に貨物積卸線1本と駅裏側に大きく膨らんだ貨物線1本を有していました。当駅は建設時には、南側に駅舎が設置されていましたが、この駅裏の貨物線は駅舎が北側に移転した後に設置されています。駅舎と互いのホームは、構内踏切で連絡していました。駅裏側の貨物線が先に廃止され]、後に、駅舎側の貨物積卸線も貨物取扱廃止に伴って、使用されなくなり、1983年時点では、側線として残っていましたが、1993年(平成5年)時点では、この側線も富良野側の転轍機が外されて、滝川方から分岐する側線となっていました。更に、交換設備廃止の上、島式ホーム1面使用の単式ホームとなっています。