狩勝峠(かりかちとうげ)とは、北海道空知郡南富良野町と、上川郡新得町の境界にある峠です。道路の峠の標高は644mです。峠の西側は石狩川水系、東側は十勝川水系で、日本海側と太平洋側の分水界です。落合駅 - 新得駅間は狩勝峠を超えることから、「狩勝線」と呼ばれました。信号場から十勝寄りには、狩勝隧道(狩勝トンネルが延長954m)があり、トンネルを抜けますと、眼下に雄大な十勝平野が一望できることから、「日本三大車窓」の1つとされ、1927年(昭和2年)には、「日本新八景」にも選定されました。
見どころ
狩勝峠は、石狩と十勝の境界にあることから名付けられた「狩勝峠」と名づけられた峠で、標高は644mです。国道38号が通っており、狩勝峠PAが設置されています。日本新八景に選ばれていて、十勝平野の雄大な眺めが楽しめます。昔の旅人からは、狩勝峠は霧が濃くでるときもあることから、旅の難所としても有名な峠でした。しかしながら、霧がかかった狩勝峠は、ある意味で美しい色彩をかもし出しています。現在ではインフラ整備もなされ、比較的楽に進めます。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

富良野・美瑛・旭川の人気アクティビティランキング

狩勝峠 (観光情報) | 富良野・美瑛・旭川観光| VELTRA(ベルトラ)

狩勝峠(かりかちとうげ)とは、北海道空知郡南富良野町と、上川郡新得町の境界にある峠です。道路の峠の標高は644mです。峠の西側は石狩川水系、東側は十勝川水系で、日本海側と太平洋側の分水界です。落合駅 - 新得駅間は狩勝峠を超えることから、「狩勝線」と呼ばれました。信号場から十勝寄りには、狩勝隧道(狩勝トンネルが延長954m)があり、トンネルを抜けますと、眼下に雄大な十勝平野が一望できることから、「日本三大車窓」の1つとされ、1927年(昭和2年)には、「日本新八景」にも選定されました。