「黒板五郎」が廃材を集めて作った家です。大量廃棄社会への警鐘が含まれており、その不思議な風貌が人気を集めています。ドラマ「北の国から」「2002遺言」の中で、黒板五郎(田中邦衛)が廃材を集めて作った家には、大量廃棄社会への警鐘が含まれているという、その外観が目を引く特徴的な趣を持った家です。ドラマの世界を楽しむとともに、広大で美しい自然の中で、環境について考えてみるのもいいかもしれません。
見どころ
「拾って来た家」は、北海道は富良野市麓郷市街地に所在しています。人気ドラマ「北の国から」の「2002遺言」の中で、メインの俳優である田中邦衛演じる「黒坂」五郎」が、廃材で作ったとされる家です。映画中は、この「拾ってきた家」で撮影が行われました。もちろん、実際に俳優である田中邦衛さんが自分の力で作り立てた家というわけではありませんが、実際にドラマの撮影に使用された家ということで、「北の国から」のファンにはたまらない観光名所となっています。さらには、映画中で、五郎が雪子のために、地元の仲間と建てた家、「雪子の家」もあります。廃車になったバス一台をそのまま使用しおもしろい作りになっています。「純と結の家」映画の中で、貨物のコンテナ等の廃材を集めて、町のみんなで作った家、「すみえの家」「4番目の家」は、家の中は小道具もそのまま残されておりこれまた北の国からのファンにはたまらない代物でしょう。
0アクティビティ
1/0ページ

    ツアーにより、各日のご予約枠には限りがございます

富良野・美瑛・旭川の人気アクティビティランキング

拾って来た家 (観光情報) | 富良野・美瑛・旭川観光| VELTRA(ベルトラ)

「黒板五郎」が廃材を集めて作った家です。大量廃棄社会への警鐘が含まれており、その不思議な風貌が人気を集めています。ドラマ「北の国から」「2002遺言」の中で、黒板五郎(田中邦衛)が廃材を集めて作った家には、大量廃棄社会への警鐘が含まれているという、その外観が目を引く特徴的な趣を持った家です。ドラマの世界を楽しむとともに、広大で美しい自然の中で、環境について考えてみるのもいいかもしれません。